水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

99.9刑事専門弁護士2 第1話の感想まとめ!面白い!オカダカズチカ登場!

2018年1月14日

1月14日放送のドラマ「99.9刑事専門弁護士2」第1話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

ついに帰ってきましたね!

深山と佐田の名コンビ!

新たなヒロインとして木村文乃さん演じる尾崎舞子も加わり前作以上に楽しみです!

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

深山大翔(松本潤)は、99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する刑事専門弁護士。そんな超型破りな弁護士・深山に振り回されて、刑事事件専門ルームの室長はなかなか定着せず、所長・斑目春彦(岸部一徳)は頭を抱えていた。
そこで、斑目から白羽の矢が立ったのは、民事の仕事に戻っていた敏腕弁護士・佐田篤弘(香川照之)。
所長の打診に全身全霊で抵抗する佐田だったが、刑事事件専門ルームの後任を探すまでの兼務ということと、後任が見つかったら、マネージングパートナーを譲るということを条件に渋々承諾。
こうして、再び深山と佐田の名コンビが復活する。

そんな中、とある殺人事件の弁護依頼が舞い込む。依頼人は、加害者・鈴木二郎の娘・加代。
鈴木が借金をしていた沢村ファイナンスの社長が殺害され、鈴木は、その事件の容疑者として逮捕・起訴されていた。そして、依頼人・加代の親友で、付き添いとしてやってきたのは、元裁判官・尾崎舞子(木村文乃)だった。舞子はエリート裁判官として、順調にそのキャリアを重ねていたが、ある事件がきっかけで裁判官を退官。司法の世界から距離を置いていた矢先に、加代に相談されて、やって来たのだ。
しかし、舞子が、深山たちに求めたのは、加代の父親の無実を証明することではなく、情状酌量だった。舞子は裁判官時代の経験から、調書を見る限り加代の父親の犯行であることは明らかだと考えていた。
そのため、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と、真っ向から対立する。一方、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、あることを画策する――。

調書だけを見れば、有罪は確実。裁判で覆すことは困難に見えるこの殺人事件…果たして深山たちは事実を明らかにすることができるのか?

番組公式サイトより引用

オヤジギャグが証拠?

今回の依頼人・加代の父親で殺人の疑いで起訴された鈴木。

加代は事件当日、家に帰ってきた鈴木が

脂肪め~!しぼめ!

というオヤジギャグを言っていたと証言。

人を殺してきた犯人がそんなくだらないことを言うはずがない。

と言いました。

これに深山と佐田は深く同意します。

ギャグの点数は5点でしたけどね(笑)

これまでの最高得点は何点でした?

そして、証拠写真の視点の高さの違いに気づいた深山が写真に映っている男性を探し出し、鈴木の部下の安部と伊藤の証言の嘘を見抜き、鈴木の無罪を勝ち取ります。

そのあと登場した鶴瓶さん演じる川上裁判官。

なんか悪そうな感じでしたね。

舞子が裁判官を辞めたきっかけなんかも知ってそうな雰囲気です。

深山VS川上で何か起こりそうな雰囲気です!

オカダカズチカが登場!

第1話終盤に小料理屋いとこんちにプロレスラーのレインメーカー オカダカズチカさんが登場してましたね。

何てタイムリーな!!

オカダカズチカさんと言えば昨日、声優の三森すず子さんとの交際がスクープされていましたね。

当然収録はそれより前でしょうから、ゲスト出演はたまたまなのか?

特にありません

というのは、喋りが苦手なオカダ選手が悪さを出すために必死でコメントしようとしたが

特にありません。

と言ってしまったことを逆手に取った、お約束のセリフのようです。

すいません!調べたけどよくわかりませんでした。

第1話の感想まとめ

やっぱ面白いっす。

佐田とのやり取り、明石さんのキモさ。藤野さんと息ぴったりの新人とは思えない中塚さん。

そして、過去に何かあったアピールがしつこい舞子。

あの男は彼氏?

自分で彼氏に懲役刑を言い渡したのが、裁判官を辞めた理由?

第2話では26年前の事件に新たな進展があったようです。

遺留品として返された水晶のキーホルダー。

いったいこれは何を意味するんでしょうか!?

第2話も楽しみですね!

スポンサーリンク

 

-テレビ
-


感想どうぞ(*´з`)

CAPTCHA


にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ