水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

相棒17 第1話 感想まとめ!ボディ(遺体)の隠し場所は絵画の裏側の壁?

2018年10月17日

スポンサーリンク

10月17日放送の「相棒17」第1話の感想を書いていきたいと思います。

今年も「相棒」の季節がやって来ましたね!

シリーズ17作目となる今回の相棒は、前回と同様に反町隆史さん演じる冠城亘、そして左遷されて特命係に来た浅利陽介さん演じる青木の3人体制になるようですね。

一体どのような作品に仕上がるのか?!

これまでの伏線は回収されるのか!?

それでは第1話の感想まとめ行ってみましょう!!

ボディ(遺体)は絵画の掛けられた壁の中?

まさかの初回スペシャルが前後編でしたね。

11時までの2時間スペシャルだと勝手に思っていたので1話のうちに解決するものと見てたらエンドロールが流れ出して

「え?続くの?」

と思った人も多いのではないでしょうか。

新築の離れをぶっ壊して遺体発見するって脚本は、確かにありきたりすぎですよね。

とりあえず怪しいのは何度も意味ありげにアップされるリフォーム後に壁に掛けられている絵画ですよね。

この中にボディが?

でも絶対匂いとか何らかの痕跡が出ますよね?

しかもボディが埋まった家で生活するなんてまっぴらごめんです。

そう考えると違う気もしてきます。

でも怪しい。

妻の祥(谷村美月)と鋼太郎(利重剛)の関係は男女の関係?

鋼太郎が自分がやったと言ってますけど、実は祥が真犯人な気がします。

スポンサーリンク

青木は特命に必要なのか?

今回から特命係になった青木は、サイバーセキュリティ分署の暖簾を特命内に付けてパーテーションで区切った個所でこそこそやってますけど、これまでと変わらない役割でしたね。

これまでサイバーセキュリティ課に冠城が赴いていたものが、居ながらにして利用出来るという利点はあるものの、青木の出演頻度はさほど変わらなかったですよね。

右京さんと冠城と青木の3人で捜査っぽいことをするんだと想像してましたけど、青木は一歩引いたポジションにいるようです。

タイトルの映像も右京さんと冠城だけで青木は登場しませんでした。

タイトルと言えば、はしごで空に登っていく右京さんと冠城の行く先にはもちろんヘリがあるんだと思いきや、はしごが切れてる!

どうやってはしごが立ってるんだ?出初式か?なんてしょうもないことを考えてしまいました(笑)

第1話の感想まとめ

相棒17第1話を見て、今話題の炎上中エディターの言葉を借りれば、

やや面白くない

という感想でした。

いつもの相棒っぽさというか、初回にグッと引き込む感じが皆無でした。

6話7話くらいの平凡さ。

驚いたのは1話で完結しなかったという点だけでしたね。

インパクトに欠けると言うか、右京さんが辞表を出したという煽り文句も、冠城に勝手にされただけでしたし、実際辞めた後のことを考えて青木を入れたのかな?なんて先のことまで考えて悲しい気持ちになりました。

右京さんが引退もしくは殉職という結末で、水谷豊さんが身を引いて「新・相棒」として冠城と青木でやっていく的な。

そろそろマンネリ化と言われて久しいことも、もしかしそうなのかと考えさせられました。

まったくストーリーと関係ないことを考えていたら1話が終わってしまった感じです。

しかも完結していない。

2話で引っ張るくらいなら、2時間スペシャルにしたらよかったのに。

第2話でそんな感想を吹っ飛ばすくらいの結末を用意してくれていることを期待したいですね!

スポンサーリンク

-テレビ
-


感想どうぞ(*´з`)

CAPTCHA


にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ