水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

黒革の手帖 第7話のネタバレ感想!武井咲が妊娠してるのに体張っててハラハラする!8話最終回は打ち切り?

2017年9月7日

9月7日放送のドラマ「黒革の手帖」第7話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

まさに今が旬!
武井咲さんとEXILE、TAKAHIRO入籍のニュースがドラマのお休みの間に入ってきて、ホンマにビックリしたわ。

別れたと思ってたのに、しっかりと付き合っていたのね、まして妊娠なんて!

ネットでは「黒革の母子手帳」とか書かれてたなぁ、まぁドラマのよい宣伝にはなったんじゃないの?

そう考えたら妊娠してるのに、着物姿とは無謀やとは思うけど、女性ホルモンが溢れてるんやろうね、メチャメチャきれいなのは そのせいかな?

ドラマの視聴率がいいし、これからって時にオスカーは頭を抱えてるのとちがう?
余計なお世話やけどね。この勝負、既成事実を作った武井咲さんの勝ちやわ!

さてドラマでは窮地に陥って肝心の黒革の手帖も取られてしまってこのまま負け犬になってしまうのかと思われたけど、なんか切り札があるみたい?それは何?

一発逆転を狙うか。イヤ逆転してほしい!
妊娠してても自転車に乗ったり、と体当たり演技してる武井咲さん、とこの二つについて書いてみたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

安島富夫(江口洋介)から渡された封筒を手に、もう一度長谷川庄治(伊東四朗)に会う約束を取り付けた原口元子(武井咲)。何度どん底に突き落とされても諦めず『カルネ』の権利を返すよう迫る元子に、長谷川は「ゆとり世代は何を考えているのかわからんと聞いていたが、君の度胸には感服だ」と、ついに要求を受け入れる。
 観念した長谷川が覚書にサインをしたそのとき、思いがけない事態が起こり…!?

 混乱の中、とうとう『カルネ』を取り戻した元子は、その足で銀座へ。ママとして店に居座っていた山田波子(仲里依紗)に「さっさと出ていきなさい」と言い渡す。直前に支配人の村井亨(滝藤賢一)と衝突していた波子は元子に再び敵対心を露わにする。

 一方その頃、楢林謙治(奥田瑛二)と中岡市子(高畑淳子)のもとに国税局査察部が。脱税の疑いで『楢林クリニック』に強制捜査が入ったことで、市子はその事実に取り乱す!

 さらに元子は橋田常雄(高嶋政伸)や岩村叡子(真矢ミキ)にも連絡をとり、ママとして再出発することを報告。すると橋田から衝撃的な事実を明かされる!

 こうして銀座に舞い戻った元子。これまで通りの日々が続いていくかのように見えたある日…?

番組公式サイトより引用

一発逆転の切り札とは?

長谷川(伊東四朗さん)がたてた罠によって、クラブ、ルダンを手に入れられなかったばかりか、カルネまで取り上げられてしまった元子(武井咲さん)。

新しい支配人には銀行時代の次長だった村井(滝道賢一さん)が。ママには波子(仲里依紗さん)が。そして黒革の手帖までも長谷川に奪われて元子は絶体絶命になる。

 

村井役の滝道賢一さん、見ててムカムカする。ドラマでは妻と子供は実家に。昼は牛丼、夜は天丼、晩酌は缶チューハイやて。

なんなら 晩酌しなかったらよいやん?夕食も抜いたらよいねん。波子もやること えげつないわ。

銀座でママをはろうと思ったらこれくらいしないと、と靴を舐めさせようとして!
あんたの靴なんか舐められへんし。上から踏んでやりたいくらいよ。

こんな二人に店を任せたら潰れてしまうで、せっかく手に入れた店やのに。

もう、どうするんよ、なんとかして〜!
見てられへんやろ!
これからの事を思案してるときに、元子は口を押さえてトイレに?

なに、なに?ドラマでも妊娠?
そんなうまいことリンクするの?

 

しかし、このままでは終わらないと”燈台”のママ(真矢みきさん)に相談するも元子のしていた事を知っていたので、銀座のルールを破った女は出番はない。田舎に帰って地味に暮らすのよ。と言われてしまう。

それでも 言い返す元子だったが、帰る途中で目まいにおそわれる。ピンときた元子は妊娠検査薬で検査をする。結果は陽性だった。

いよいよ手段がなくなった元子は今度は安島(江口洋介さん)に相談し弁護士を紹介してもらう。カルネの引き渡しが迫っている中、元子は弁護士に会う。

 

今までは可愛がってくれた真矢みきさんの燈台のママ、ちゃんと銀座のルールを教えたのに ことごとく裏切ってるんやから 厳しい事も言うわなぁ。

ただ、最後でやっぱり厳しい事を言ったけど元子を見る目が暖かかったやん?

銀座のライバルやけど可愛がってきた子やもんなぁ、なんやかんや言っても心配してるに決まってる。

安島に弁護士を紹介してもらって相談する事にするみたいやけど、今さら正当な方法を考えるんや。

今まで汚い事をしてきたのに、法に訴えるなんて元子らしくないやろ。

 

契約書を見てひどいものだ、と訴訟を起こすことにする。元子はカルネを手放さなくてすむ、助かった、と一安心する。そして、村井と波子が店を明け渡せ、と凄むが店は渡さない、と二人を追いだそうとする。

そこに弁護士から電話が。さっきの話は無かったことに。そう言われて元子は絶句する。
どうやら長谷川が入っている事がネックになっているらしい。

美容師、牧野(和田正人さん)に相談すると兄弟がが弁護士だと言う。すぐに紹介してくれ、元子が訪ねるとそこには村井が待っていた。東京では受けてくれる弁護士は居ない、と元子を追い払った。

 

元子のする事全てお見通しやん。
絶対 誰か元子を尾行してるやん、これも長谷川の仕業やな、さすが政界のドン。

美容師の牧野も一旦 協力してくれたが、手のひらを返してしまったやん、早いなぁ、気持ちの切り替わりが!

和田正人さん、オネエ役なんやけど なんだか
IKKOさんに見えて仕方ない。

役作りはやっぱりIKKOさんを意識してるのかしら? どんだけ〜〜!って言いそうやん。

銀座の情報を知ってる相手だけに、表も裏もよく知ってるから、長谷川が相手なら すぐに手のひらを返すよね。

それでも諦めない元子、ドンマイ!

 

一か八か、元子は長谷川に直談判しようと決意する。銀行前で立ち止まっていると警察に職務質問されてしまい、元子は逃げる。
追いかける警察を巻こうとして階段から転落してしまい、赤ちゃんは流産してしまった。

安島に連絡が入り、すぐに病院に向かうが元子は病室に居ない。と、長谷川の所に向かう元子を見つける。そして、安島は元子に封筒を渡し、これで長谷川会長は会ってくれるだろう、と言った。

中身を見た元子は これは手帖の代わりの切り札になる、と封筒を手に長谷川を訪ねるのだった。

 

安島さん、何の封筒を渡したんだ?
中身は何やろ?長谷川の弱みに違いないんやけど何やろ?

家族、例えば子供が不祥事を起こしている。
愛人がいる。
長谷川自身が 過去に警察沙汰になった。
イヤイヤ、こんなんでは弱いなぁ。

前に長谷川会長が安島に弱みを握られてるみたいな事を言ってたような気がするんやけど? 土地取引で収賄があったとか?

うっかりしてて そこんとこを聞き逃してしまってた、これは失敗やわ。

けど、きっとそれやわ。長谷川が何も言えない弱みは。

政界のドンに立ち向かっていくなんて、メチャメチャ 欲深いよね。最後のシーンでは ルダンを下見に行って、今度ママになる原口元子です、やて。

気が早いって! これでルダンが手に入らなかったらマヌケやん、もうちょっと考えてから行動しよ。

スポンサーリンク

武井咲が妊娠してるのに体当たり演技

元子はカルネを取り返そうと紛争するが、着物姿が大変そう。着物がいたについてきたのは良かったけど、妊娠してることを考えたら 暑い中 よくキツい着物を着こなしてるよ。

波子みたいに洋服で、とも思うけどやっぱり貫禄を出そうとするなら着物じゃないとね。

帯や指輪や帯締め、髪飾りと粋な着こなしでホンマに垢抜けてるわ。

それを着られてるんじゃなくて、自分のものにちゃんとしてる武井咲さん、美人は得やなぁ!

黒のサングラス、黒のワンピースで階段を駆け下りる。階段!これはアカン!

まぁ、ワンカットで ちょっとだけだったからホッとしたけど、階段シーンはやめてあげて!と思ったら非常階段もあるやん、ええ加減にせえよ。

この収録の時はわかってたのか わからなかったのか知らないけど、妊娠してるのがわかってたら勇気あるわ。

警察に追われて走るシーンも、おいおい?
これこそ アカンやん?
確かに走り方は なんとなく若い人の割におばさんぽい 走り方にはなってたけど。

あれはお腹をかばってわざとの走り方やろな、ドラマでも妊娠、プライベートでも妊娠、けどそれが幸いしてリアルな演技になってたような?

で、ちゃんとぺったんこ靴をはいてたけど、これは ホッとしたわ。

あれでヒールなら 神経を疑うわ、ドラマ上でもヒールはダメよ!もっとダメなのは階段から堕ちるシーン。

スタントを使ってるのは当たり前やけど、倒れるとことか勢いがあったよね?

ドラマ上では流産と悲しい結果にはなったけど、ホンマに流産でもしたら えらいことや。

もっと前には自転車シーンもあったけど、今から考えたら よくやったなぁ。

第7話では 武井咲さんのプライベートもリンクして妊娠話があったけど、実際には流産じゃなくて よかったよぉ〜。

第7話の感想まとめ

ドラマも佳境に入って、元子が窮地に堕ちるのを見るのは妊娠って情報が入ってしまって痛々しい感じがする。

武井咲さんの演技もさる事ながら、第7話も滝道賢一さん、仲里依紗さん、伊東四朗さんの演技が光ってた。

ホンマに憎々しげに元子を追い出そうとする姿が 腹立つわぁと思わせてくれましたね。

滝道賢一さんと仲里依紗さん、二人とも銀行勤めやったのに、すっかりガラが悪くなって変われば変わるもんやな。

カルネで言い争うシーンは、何か笑えた。
何でかって?元同僚同士やで。

身内でいがみ合ってるやん?
世間は狭いなぁと実感したわ。

元子のやる事ことごとく失敗するんやけど、最後に安島が切り札を元子に渡す。
これで、また逆転できる可能性が出てきた。

ホンマに第7話は武井咲さんのプライベートが重なって見えて、プライベートは妊娠という切り札でTAKAHIROさんと、祝 結婚になったね。

ドラマでも切り札を使って 祝 ルダンのママ、といくかなぁ。

まぁ、個人的にはTAKAHIROさんは チャラついてて好きじゃないけど。はっきり言って、ボーカルもATSUSHIの足を引っ張ってるし。

高音なんてかすれてるやん。酒ばっかり飲んでないでボイトレしろって。

でも武井咲さんの赤ちゃんは可愛いだろうな、と思うから安静にしてもらいたいです。

次回は第8話やけどもう最終回?

やっぱり妊娠してるから体調が良くなくて打ち切りなんかなあ。

スポンサーリンク

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ