水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

櫻子さんの足下には 第6話 感想 藤ヶ谷太輔も櫻子もかっこいい!

2017年5月28日

5月28日放送のドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」第6話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

磯崎(上川隆也さん)の元教え子 二葉(三浦透子さん)が自殺かと思ったら同級生、一重(中村ゆりかさん)による殺人だったとは!

で、二葉の死体のそばにはもう一体の死体、その上 死体の蝶形骨だけ抜かれてるときた!

山路(高嶋政宏さん)の弟と同じ、蝶形骨を抜かれてるのは単なる偶然じゃないよね?

それに一重の肉をドロドロに溶かすって言葉。気持ち悪!あり得ん!

一重も二葉も三奈美(山谷花純さん)も 何かに洗脳されてるの?

神経 おかしいんじゃないの?頭 やられてるやん、これは誰かに洗脳されてるとしか思えん。

予告でチラッと出てきたタトゥーの男がカギやな、あいつが怪しい。

一体、だれ?どんな手口で女子高生を洗脳したの?

それから櫻子さん(観月ありささん)の家で食事をした正太郎(藤ヶ谷太輔さん)、ばあや(鷲尾真知子さん)に出してもらったプリンで思い出話を話すと櫻子さんが思いがけない言葉を発する。

何を正太郎に言ったの?
今回はその二つについて書いてみたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

九条櫻子(観月ありさ)は、入院中の叔父・設楽の自宅へ行き、書斎に置かれていたノートを手に取る。それは、法医学者の設楽が担当した事件に関する手記だったが、山路輝彦(髙嶋政宏)の弟の事件に該当する月だけが抜けていた。
その頃、山路は西沢二葉(三浦透子)を殺害した圓一重(中村ゆりか)を取り調べていた。事件の影に一重が付き合っていた男がいるとにらむ山路は、男のことを聞くが、一重は口を割らない。

翌日、磯崎齋(上川隆也)が仕事復帰し、館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)や志倉愛理(新川優愛)らは、さりげなく磯崎を元気づける。その夜、正太郎と愛理は、死体遺棄罪が時効だったため釈放された津々見三奈美(山谷花純)に会いに行く。事件を振り返った三奈美は、精神が不安定になった二葉が、死んでドロドロになったら、新しく生まれ変われる、と話していたと証言した。同じ頃、磯崎と面会していた一重も、自分は二葉が望んだ通り肉をドロドロにとかしてやっただけで、何も悪いことはしていない、と主張する。

そんな折、正太郎と愛理は、九条家での夕食に招待される。食卓にはいつも以上に豪華な食事が並び、愛理はテンションが上がる。沢梅(鷲尾真知子)は、今日は年に一度の記念日だと明かした。デザートのプリンを食べた正太郎は、それが亡くなった祖母が大好きだったプリンに似ていると話す。祖母との思い出を披露した正太郎に、櫻子は思いもよらないようなことを告げた。

番組公式サイトより引用

事件のカギはタトゥーの男

一重を取り調べる山路は、一重が付き合っていたタトゥーの男が事件に関係しているとにらみ、問い詰めるが一重は その事については話をしようとしない。

伯父の資料を調べていた櫻子さんだが、肝心の月の資料だけが別の場所に隠してあり、山路の弟の死を不審がっていた様子が書かれていた。

一方、死体遺棄罪が時効になっているため釈放された三奈美の元に 正太郎と愛理(新川優愛さん)が会いに行く。

話をしている中で三奈美は一重が安定したのと反対に、二葉が”死んで肉がドロドロになればまた新しく生まれ変われる”と話していたのを二人に話す。

また一重に面会に行った磯崎は、一重が自分は二葉の言うように肉をドロドロに溶かしただけで悪くない、幸せにしてあげただけ、願いを叶えてあげただけ、と磯崎に話し、微笑むのだった。

この一重、こわ〜、普通じゃない、イかれてる、絶対 お近づきになりたくないタイプ!

もしかしてメンヘラ? 見た目もネガティヴ思考もメンヘラやん。

こんな女に引っかかると 振り回されて どえらいことになるんやって!

けど仕方ないわ、担任やったんやもん。面倒みないとな。あー、めんどくさっ!

一重がドロドロにしたとか言ってるけど、どうやってしたのか ちょっと気になる。

たかが高校生が、人を溶かす知識を持ってるわけないやん。

やっぱりタトゥーの男の知恵が入ってるな、これは。

メンヘラやし、猟奇的やし、 この一重には明るい未来はないで。

櫻子さんは、男が一重にも二葉にも同じ蝶の写真を送ったが、男は蝶形骨がとれればよかっただけで、死にたがってた二葉が選ばれた、と話して聞かせた。

男は一重の為に言ったのではなく心の隙間に入り込んできて利用しただけ、そう磯崎は言うが一重は激しく否定する。一重はそのままでいい、過去を背負って行くしかない、と磯崎の言葉に涙する一重は男の事を話し出した

男の名前は”ハナフサ”腕に蝶のタトゥーが入っている。居場所を見つけた山路達は駆けつけるが、毒物を飲んで死んでいた。
本名は”ニムラ”と言い、仕事も偽っていた。

蝶形骨を奪ったのは他にいる、櫻子さんはつぶやいた。

磯崎が一重と2回目の面会をするシーン、やっぱり一重が幸薄そうで ちゃんとしろよ!と言いたくなるような雰囲気でキライやわー。

不幸を全部背負った感がハンパない。
家庭にも問題が有りそうで、可哀想やとは思うけど、それとこれとは関係ないしな。

母親も父親に言わないで、とか私ばっかり、とか この母親も勝手な女やで、腹立つわぁ!

面会にも行ってないで、家の中もグチャグチャやし、おまえがそれやから娘が変になるんやぞ!と言いたいくらいやわ。

あと 男の正体がわかったのに、自殺?いやいや このタトゥーの男も誰かに誘導されて自殺したんじゃないの?

まだ黒幕がいるって どんだけ裏でコソコソしてるんだか?

もしかして 黒幕は すでにドラマ内に出てきてる?今までの推理ドラマなら 黒幕は実は○○で、え〜?と意外な人物が犯人やったりするんやけどなぁ、

このドラマ、今までで黒幕的な人 出てた?
出てないでしょ、これからかなぁ?

櫻子さんの伯父さんが気になるとこやけど、
どうやら伯父さんは入院中らしいな。

けど一番 猟奇的な犯行、決して表に出ない用心深さ、そして頭がキレる人物と言えば伯父さんあたりが怪しいんじゃないの?

ラスボス的な感じで後半では出てくる可能性もあるから、要注意やね。

スポンサーリンク

正太郎の祖母のプリンの思い出に櫻子さんは?

櫻子さん宅の食事な招待された正太郎と愛理は 豪華な食事に喜ぶ。年に一度の記念日なのだとばあやは教えてくれた。

そしてデザートにプリンが出た。プリンを食べた正太郎は祖母が大好きだった物とよく似ていると感じ、祖母の思い出を語り出した。

味覚が変わったのかプリンを買ってきてくれと言われた事を話した。

櫻子さんはおばあさんが正太郎に求めていたものはプリンを買いに行く時間だ、と。
その30分の間に痛み止めを撃つと正太郎が来る時間には薬が効いてくる。
おばあちゃんにはその覚悟ができていたのだ、と。

愛理は正太郎に、櫻子さんが達観している、と感心しながら帰って行った。
年に一度の記念日、その日は櫻子さんの弟の誕生日だった。

愛理が正太郎は暇でデートもする相手もないみたいに扱ってるのが いいわぁ。

ばあやがデート?と聞いても即否定で、全く正太郎に興味ナシなとこが笑える。

絶対 この先 ドラマが進んでも愛理と正太郎がくっつくことはないなぁ。

そういや正太郎は櫻子さんの事が気になってるんやもんね。第4話で 櫻子さんのドレス姿にどストライク、って言ってたし。

まぁどちらにしても正太郎の恋は実る事はないやろけどな。

これ、藤ヶ谷太輔さんファンなら 有りえんことじゃない?

モテない役どころなんて、藤ヶ谷君 滅多にないやろ、絶対モテるもんなぁ。

ってか、けっこう好きやわぁ。おばあちゃんの見舞いにプリンの好みを聞くシーン、めちゃめちゃ可愛かった、ホッコリしたし。

こんな風に見舞いされたいわぁ。自分のためにプリンも買ってきてほしい〜!

相変わらずのココロの声が 楽しいし、密かに楽しみにしてるの もっと藤ヶ谷君を出してほしいとこやわ。

櫻子さんが正太郎の祖母がプリンを買ってきてほしいと言った趣旨が 痛み止めが効く時間だとは、なんだか私も目からウロコやった。

そうやったんや…プリンが好きなんじゃなかったんや、って。奥が深い。

人の心の奥の感情をサラッと言う櫻子さんは ホンマに男前や、惚れるわ。

第6話のまとめ

タトゥーの男も結局 黒幕に誘導されていたみたいな感じだし、警察の一歩 先を読んでるみたいな感じもするし、黒幕は案外 近くにいる人物かもしれないよ?

私は個人的には櫻子さんの伯父さんはかなり黒幕有力候補なんやけどなぁ。

これってかなり意外な人物でしょう?
そう感じてる人もいるで、絶対に。

もうこうなったら 何でもあり的に、伯父さんが多重人格で自分では自覚がなくて事件を起こしてる、みたいな事もアリやな。

多重人格なら、ドラマ内のキャスト 誰でも犯人の可能性はあるなぁ。

第7話でも黒幕は明かされないような予告だったし、最後まで引っ張るか?

最後まで引っ張るなら 大どんでん返しでないと納得しないからなー!!

そして、メンヘラ女子高生も 操られていたわけだけど もともと かなりメンヘラ入ってるみたいだし、磯崎はまだまだ 振り回されそうやん。

問題解決みたいな顔を磯崎はしてたけど、甘いぞ〜、まだまだ一重らに悩まされるしな。

スポンサーリンク

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」全話の感想まとめはこちらです!

 

 

-テレビ
-