水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

小さな巨人 第2話の感想!捜査一課長は敵?味方?山田がムカつく!

2017年4月23日

4月23日放送のドラマ「小さな巨人」第2話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

第1話で捜査一課の捜査を混乱させた責任を取らされると考えていた香坂(長谷川博己)でしたが、小野田捜査一課長(香川照之)のおかげで、昇進試験を無断欠席したことについて注意を受けただけという軽すぎる処分でした。

これ以上自分に歯向かうな、という小野田からのメッセージだと受け取った香坂でしたが、変わらずにゴーンバンク社と自殺した風見京子について捜査を続けてましたね。

そうこなくっちゃ!ドラマが進みませんもんね。

その結果、あと一歩で京子の死の真相を掴みかけたのに、取り逃がしてしまうという歯がゆい展開でしたね。

今回は山田(岡田将生)が嫌な奴でムカつく。ということと、小野田捜査一課長は敵なのか、味方なのか?について書いて行きたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

所轄刑事として捜査一課長の小野田(香川照之)と戦う覚悟を宣言した香坂(長谷川博己)は、ゴーンバンク社社長・中田和正(桂文枝)誘拐事件にはまだ裏があると、風見京子(富永沙織)の自殺について捜査をするため渡部(安田顕)と共に、現場となったビルを訪れる。
そこは、京子の元恋人で、中田の息子・隆一(加藤晴彦)が経営をするナカタエレクトロニクスのビルであり、ゴーンバンク社が新たに開発した防犯カメラが使用されていた。
香坂は、ビルの防犯管理担当・菜穂(吉田羊)から話を聞くも、新たな情報を得ることができずにいた。
そこで、小野田の指示で共に捜査をしていた山田(岡田将生)にあることを頼む。

番組公式サイトより引用

山田春彦がムカつく!

岡田将生さん演じる山田は一課長の運転手なんですけど、ちょろちょろと香坂の元を訪れては嫌味を言う嫌なやつですよね。

今回は香坂の頼みを聞いて一課と対立する捜査二課を動かしてくれたので、お?ちょっと香坂に影響されて来たか?と思っていたら最後で裏切ってくれましたね。

香坂が地道に調べて京子が自殺した時間に、ナカタエレクトロニクスに残っていたことが明らかになった重要参考人の菜穂(吉田羊)の逮捕を横取りしました。

しかし逮捕するまでの間に菜穂は証言を一変させました。

香坂が取り調べをしていたときには

自分は殺していない。

と証言していたのに、逮捕後の取り調べでは

自分がやった。

と180度反対の事を供述しています。

ナカタエレクトロニクスが、心臓病の息子の治療と今後の生活を保証したことで菜穂は誰かの罪をかぶることを決意したようです。

この誰かは、今のところ中田隆一(加藤晴彦)が一番怪しいですよね。

この件についても山田は、

香坂の取り調べの詰めが甘かったせいだ

と責任を擦り付けてきます。

取り調べ中黙ってたお前も悪いんじゃ!と思わずにはいられません(笑)

しかも、このムカつく山田の父親は内閣官房副長官なんですって。

東大出の超エリートのくせにキャリア組に進まず、父親と衝突しているようですが、

出世のためなら犬にでもなる

というなら初めから父親のコネを使えばよかったのに。

父親を頼るのは嫌なくせに権力者にすり寄って出世しようとしているなんて、ひねくれた奴ですよね。

スポンサーリンク

捜査一課長は敵?味方?

小野田捜査一課長は、香坂を所轄に追いやった張本人ですが、香坂がなにかアクションを起こすたびに

嬉しそうな顔

をするんですよね。そう来たか!みたいな感じで楽しんでるような雰囲気さえありますよね。

しかし、裏ではゴーンバンク社長との接待?で社長が

助かりました

と言ってましたよね。

菜穂が逮捕されて自分が京子を殺害したという供述をした後、接待のシーンがあったので、状況的には

捜査一課が菜穂を逮捕したことで真相が闇の中

になったことに対しての感謝のようでした。

藤倉が香坂に逮捕令状が出るのが早すぎる、と感想を述べていたのは一課長がなにか裏工作をしたということでしょうか。

第1話での風見エレック社長の風見が中田社長を誘拐した事件でも一課長の判断のおかげで中田社長は英雄扱いになって、風見が悪人という流れになりました。

しかし、本当に敵ならば香坂をもっと監視して動きを制限するはずですよね?

あまりにも自由にさせ過ぎているというか、なにか考えがあるのでは?と勘繰りたくなってしまいます。

まだ敵か味方か?わかりませんね。

第2話感想まとめ

今回も面白かったです。

一体誰が京子殺害の犯人なのか?も気になるんですけど、警察内部の敵が誰なのか?の方が気になるますよね。

捜査一課長の土下座的展開もある意味スッキリしそうですけど、一課長が味方だったとしたら一課長の思惑を聞くだけでもスッキリしそう。

香川照之さんの演技って迫真に迫るいい演技なんですけど、歌舞伎っぽいというか、ちょっと笑ってしまいますね。

敵は味方のふりをする

次回第3話では香川さんの良い声がいっぱい聞けそうなので楽しみですね!!

スポンサーリンク

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ