水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

小さな巨人 第1話の感想!小野田が嫌な奴!中田はどこへ行った?

2017年4月16日

4月16日放送のドラマ「小さな巨人」第1話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

刑事ドラマながら1話完結ではなく、桂文枝さんと加藤晴彦さん演じる中田親子にまつわる隠された秘密を暴いて行くというストーリーのようですね。

なかなか面白そうです!

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。
会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を疑い取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう。すると翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と記事が掲載されていた。香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、宴席の直後に取り調べをしたのではないかと問いただされる。黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、日本酒を飲んだことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。
香坂が所轄にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正(桂文枝)が誘拐される事件が発生する。誘拐犯は身代金を要求している。捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?

番組公式サイトより引用

身代金はどこへ?

今回の誘拐事件の犯人は中田隆一の元恋人・京子の父親で、風見エレック社長の風見でしたね。

風見が犯人なのは疑いようのない事実ですが、隆一は5億円の身代金を持ったまま(途中で何個か置いていったから一部だけ?)姿を消してしまいましたね。

どこへ行ったのか?警察は身代金受け渡しのとき隆一をマークしていたはずなのになんで見失うかなあ?

怪しいですね。

そして、隆一に身代金を分散して置いておくようにメールで指示していたのは、風見なんでしょうか?

風見の目的は、

中田親子が、京子の開発したシステムを横取りしたという仮説が真実かどうかを知りたい

というものですよね?

身代金はカモフラージュだとしても細かい指示までメールで送る意図がよくわからなかったですね。

身代金のメールは他に犯人がいる可能性もありますね。

スポンサーリンク

小野田はわざと香坂を所轄へ?

香川照之さん演じる小野田捜査一課長。

いい演技でしたね!

ほんと張り倒したくなるくらい嫌な奴でしたよ。

決め台詞で顔をくいっと動かすのは歌舞伎っぽいですよね。

敵は味方のふりをする

というのがこのドラマのテーマのようですが、捜査一課も所轄も関係なく浸透してるのはちょっと違和感あり。

 

香坂が酒を飲んだ状態で隆一に職務質問をしたことは愚かでしたが、そうなるきっかけは小野田が酒を勧めたからですよね。

その負い目?もあるはずなのに、監察官に香坂が飲酒した事実を認めたのは、深読みすると現場をないがしろにしている香坂を所轄で鍛えさせるため

なんじゃないかなと思いました。

捜査一課長は絶対的な権力を持っているらしいので、ほどよいところで捜査一課に復帰させるつもりな気がします。

所轄で証拠をつかんだ香坂を呼び出して昇進試験を勧めたのも、試しただけのようですよね。

これからも甘い言葉で香坂を惑わす作戦で試してくるはずです。

第1話感想まとめ

面白かったですね。

香坂があまりにもキャリア志向をあっさり捨てたことはちょっとやり過ぎな感じもしましたけど、テンポよく進むためにはこれくらいの方がいいかも。

第2話からは、

所轄の香坂VS捜査一課の小野田

という構図で事件の真相に迫っていくみたいですね。

香川照之さん、春風亭翔太さん、安田顕さんと濃いキャラが多い中、主演の長谷川博己さんや岡田将生さんがちょっとあっさりし過ぎな感じもしますが、バランスよく出来てますよね。

周りを濃いキャラで固めて中心はあっさり

第2話も楽しみですね!

スポンサーリンク

 

 

-テレビ
-