水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

クライシス第1話のネタバレ感想は?西島秀俊がかっこよくて面白い!

2017年4月11日

4月11日放送のドラマ「CRISISクライシス公安機動捜査隊特捜班」第1話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

いよいよ始まりましたよ!待ってたのよ!
金城一紀さん、脚本のドラマ。

「SP」「BORDER」を見ていた私にとったら待ちに待ってたドラマです。

それに主演が小栗旬さんと西島秀俊さんとくれば見るしかない。特に西島秀俊さん、もうメチャメチャ大好き!

世の女性が大好きな男優さん、いろいろ居ますねー、ディーン・フジオカさん、高橋一生さん、星野源さん…

でもトップをいくのは西島秀俊さんじゃないでしょうか?

「はぐれ刑事純情派」では新人の刑事さんでした。「菊次郎とさき」では学校の先生。「リアルクローズ」ではバイヤー。

この時は メッチャよかった、今もですけど。
小栗旬さんも なかなか渋くなりましたよね?

「花より男子」で、”ま〜きの!”って言ってた時とは大違いですよ。

そんな二人が公安機動捜査隊特捜班でおこる様々な事件を解決する、なんて たまりませんね〜〜!

そんな第1話では個性が強すぎる特捜班のメンバーの事と、親のスネをかじって やりたい放題の息子の事件をどう解決するか、について書いてみたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

正体不明のテロリストが国家に牙をむく!
ターゲットは、親の権力に守られ、罪を免れてきた政治家の息子!
公安機動捜査隊特捜班が、次々に起きる規格外の凶悪事件に立ち向かう!

元自衛隊員の稲見朗(小栗 旬)と、元公安の捜査員・田丸三郎(西島秀俊)が所属する公安機動捜査隊特捜班は、警察庁警備局長・鍛冶大輝(長塚京三)直轄の秘密部隊。
常識では計れない事件に脅かされる現代で、各分野のスペシャリスト5人が集結し、国家に危機をもたらす政治的事件やテロを秘密裏に捜査し、解決を図る。

ある日、高層ビルが立ち並ぶ広場に、首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白洲迅)が現れ、辺りは騒然となる。
現職の外務大臣の息子である圭介は、これまで薬物や傷害など数々の罪を犯してきたが、親の権力によって逮捕を免れてきた、いわくつきの人物。
犯人は、息子の罪を隠ぺいした外務大臣に、夜のニュース番組での公開謝罪を要求。さもなければ、公衆の面前で圭介を処刑するという。

鍛治からの指令を受けて、現場に急行した稲見や田丸、樫井勇輔(野間口徹)、大山玲(新木優子)ら特殊班のメンバー。
親の加護のもと、やりたい放題の圭介に反感を抱きつつも、班長・吉永三成(田中哲司)の指示で実行犯の逮捕に向けて動き出す。

タイムリミットが刻々と迫るなか、稲見と田丸は事件の鍵を握る人物に接触。そこで、ある驚きの事実を知ることに。
さらに稲見は犯行現場に関して“ある疑問”を抱いて――。

番組公式サイトより引用

 

個性が強すぎる!特捜班5人

新幹線内で爆弾魔が爆発をしようとしているとこに現れる西島秀俊さん演じる田丸三郎と小栗旬さん演じる稲見朗。

車両内のアクションは無駄がないくらい見事。田丸三郎は真面目でストイックな捜査員ということですが、冷静沈着な動きで 余裕を感じさせますよ。

犯人の横に座ってニヤッと笑うとこなんか 余裕以外の何物でもない!
車内販売も邪魔する事もなく犯人を確保するとこなんか もうカッコイイの一言です。

一方 対照的なのは稲見朗。もう一人の犯人を確保するのも アクションが派手。こちらもアクションは無駄もないですね。

しかし、田丸と違うのは 多少 犯人を挑発するような事を言ったりしたりする事です。

自衛隊に所属していたらしいのですが、犯人を確保するのを楽しんでいるような感じがするのですが、皆さんはどうですか?

公安機動捜査隊特捜班の班長は田中哲治さん演じる吉永三成。元警視庁捜査一課の刑事だということで、こちらも落ち着きがある!

犯人の喉元に触り、脈で犯人からの情報を探ったり 外相息子の友人に過去のやった事を白状させるのも 笑顔でやんわり言うのが逆にこわい。

ジワジワ相手を追い詰めていく取り調べの名手だけのことはある。後ろめたいことがある人なら この人の取り調べはイヤだろうなぁ、と思うよ。

野間口徹さん演じる樫井勇輔は機動隊爆発物処理班に所属していた爆弾を解体するのも作るのもお手の物な人物。

どうやらこの人、抜群の嗅覚を持ち匂いが色分けされて見える”が共感覚”の持ち主なんですって!

共感覚って特殊能力みたいですね?
例えば音が色分けされてるとか?匂いが色分けされたら、何の匂いかもすぐにわかるってことですよ、スゴイ!

何の匂いかがわかれば作る事もできますよ、あー、だから爆弾もか。

だって薬品の匂いもわかるんですもんね?
だったら時限装置がついた爆弾も簡単に処理できるわけで。

だから この人も冷静に対応できるのか!

特捜班で唯一の女子、新木優子さん演じる大山玲はサイバー情報分析のスペシャリスト。

監視カメラから携帯から情報をテキパキと探し出すのはまさにプロの技。

どうやらかつては反権力の立場で、官公庁や大企業に不正アクセスしていたハッカーだったんですって。

それが今は国家権力側にいるわけで。
外相息子に、だまれ!と言ったりホッペを叩いたりと、冷たい人間かと思いきや、新幹線での犯人共々 河川に飛び込んだ稲見に無邪気に手を振ってる可愛いとこもある女子ですね。

その5人をまとめる警視庁警備局長、鍛治大輝役の長塚京三さんが、ワケありの…とか言ってたから、かなり強烈なワケありがそれぞれにあるわけですよ。

スポンサーリンク

外相のダメ息子をどう救う?

ある日 公園に一人の青年が首輪を付けられた状態で泣きながら現れた。
現役外務大臣、宇田川の息子だった。

首輪は爆弾が付けられていて、それを外すには自分の過去の不祥事を夕方のニュースで公表する事。ネットにも流れており どうやら息子の様子もテロリストは監視している様子。

特捜班の5人は公園に向かい、様子を伺う。田丸三郎が水を持って行き、拉致された場所などを聞き 助ける手掛かりを見つける。

カスい息子やな、レイプに薬、悪い事はたいがいしてきてるやん。

それを親に全部 もみ消してもらって それでも反省する事もなく 悪い事ばかりして これは 爆弾付けられても仕方ないわ。

それでも助けなければならないなんて。それを吉永が言った時の他の4人の残念な顔!

わかる、よくわかるよ。こんなダメ息子、どちらかと言えば間違って爆弾が破裂して死んだ方がマシかも。

その方が 周りの人間は安心するだろうな、特に父親。地位も名誉もあるのに息子に足を引っ張られるなんて泣くにも泣けんもんね。

それなのに、助けなければならないなんて。
私なら 休暇を取って帰るわ。

拉致された現場の監視カメラには犯人が映っているが、マスクをつけて監視カメラに手を振るなど、映る事は想定内。

田丸と、稲見朗は息子の友人の元に向かい事情を聞く。しかし あまりにも彼らの被害者が多過ぎて捜査は難航する。

すると稲見は犯人はなぜ公園を選んだかを考える。そこから公園に関係する事件を調べると暴行の末、自殺した女性が浮かぶ。

逃げる友人を追いかけてらせん階段を降りる時の西島秀俊さんの降り方! す、凄すぎる!

あんな降り方見たことない、そして そんな降り方する機会もない、っていうくらいの降り方してる。

腕の筋力がハンパない、カッコイイ!
そして小栗旬さんは7階くらいから ためらいなく飛び降りる、ってこれも凄すぎる!

もうガン見して見てしまうくらい 凄かった!
これでもか!っていうくらいのアクション、さすが金城一紀さんのドラマだわ。

一方 公園では息子に宇田川から電話が入る。
父親は息子を見放したようだ。
その側で一人の警察官が爆弾のスイッチを押しそうになっていた。自殺した女性の父親だった。

そこに稲見が現れ、今すぐスイッチを押す事を勧める。稲見なりの説得の仕方らしい。しかし、間一髪で助かった。

悪くない計画だった、という稲見に警察官は奴らの計画だった、奴らは平成維新軍と名乗っていた、と言うのだった。

結局 事件は大学生らのイタズラで片付けられてしまっていた。その時、ネットに平成維新軍から犯行声明文が送られてくる。

あー、なんや助かったんや… 残念。
でも 助けるとこでもダメ息子はオレ様発言で 最後までカスい奴やわ。

助かったとこで、大山がホッペを一発叩いたのがせめてもの救い。モヤモヤするけど、よくぞ叩いてくれました。

犯人は警察官だったけど、こんな計画は立てられないだろうと思ったら やっぱり平成維新軍とやらが計画を立ててたのが わかったね。

娘が自殺した上に、息子は何の罰もないとこに、こんな計画を勧められたら 誰でも話に乗ってしまうよ。

絶対に許せないもん、もっと苦しい目に合わせてほしいわ。きっと 時間が経てばまた同じ事をするよ、きっと。

助かってよかった、とは言えない 引っかかるものがあるわ。こんな事 思うの私だけじゃないはずですよー。

第1話のまとめ

復讐で外相息子をひどい目に合わせたその裏に”平成維新軍”という謎の組織がいたことがわかって 第2話でもこの組織が関わっていくんでしょうね?

特捜班のメンバーもワケありだと言っていたので、これから回が進むうちに そのワケもわかってくるんでしょうかね。

現に最後で稲見が二年前、誰かを撃ち殺した回想があったから、何やらややこしいワケありが それぞれにありそうな…

あと、最初のシーンで 新興宗教団体、神の光教団で盗聴をして密告しているとこがありましたよね?

かなり、怪しそうな宗教団体だったけど、潜入捜査をしているような?

こちらの話も 少しずつ 明らかになっていくのか?

話以外でも、アクションシーンが かなり見ものなんですけど、フィリピン武術 カリ・シラットを 見られるのも楽しみです。

「SP」でも、岡田准一さんが カリを会得していましたが、crisisでも見られるなんて!

それも西島秀俊さんがしている姿は もう録画しとかないと もったいない。

次回も西島秀俊さんにロックオンで見ること間違いなしです。

スポンサーリンク

 

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ