水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

嘘の戦争 最終回のネタバレあらすじ!結末は興三が謝罪して浩一は晃に刺されてタイへ!

2017年3月14日

3月14日放送のドラマ「嘘の戦争」最終回第10話のネタバレと感想を書いて行きたいと思います。

 

いやぁ、もう最終回ですよ。
えっ?もう終わりなの?早かったわ〜!

始めはSMAP解散後 初めてのドラマだと話題で見だしたにも関わらず、草彅剛さんの詐欺師にハマりだして…

火曜日が楽しみになってましたね。
毎回 どんな罠でターゲットを陥れるのかワクワクしてましたもん。

ところが 一番のターゲット、興三(市村正親さん)が 30年前の罪を認める会見をしたかに見えたけど、肝心の罪は これっぽっちも言わないで 浩一(草彅剛さん)の詐欺を公表。

その上、証拠のカセットテープは仲間だと思っていた百田(マギーさん)とカズキ(菊池風磨さん)に奪われて消されてしまって。

おまけに浩一は警察に追われるはめに。

どうするのよ〜〜!復讐は?
ところが まだ諦めてはいなかった〜〜!

最後の浩一が仕組む罠は果たして??

それではネタバレあらすじ感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

30年前、一家心中に見せかけて家族を殺された天才詐欺師の浩一(草彅剛)は、タイで当時の実行犯と再会。眠っていた怒りがよみがえり、殺された家族の復讐(ふくしゅう)のため、事件関係者を次々に破滅させる。

やがて、事件の首謀者がニシナコーポレーションの会長である興三(市村正親)だと知った浩一は、巧みなウソで長男の晃(安田顕)に近づき、娘の楓(山本美月)と結婚の約束をする。一方、興三の跡を継いだ次男の隆(藤木直人)は警戒、浩一が30年前に唯一生き残った千葉陽一だと突き止める。

正体を明らかにした浩一は、興三が30年前の罪を告白した録音テープを公開しない代わりに謝罪会見を開くよう要求。しかし、興三が会見の席で口にしたのは謝罪ではなく、浩一に受けた脅迫や一連の詐欺行為についてだった。

返り討ちにあい、怒りに震える浩一は、例の録音テープを公表しようとするが、データはすでに、隆に寝返った百田(マギー)とカズキ(菊池風磨)によって削除されていた。さらに興三の訴えによって、浩一は警察に追われる羽目に――。

二科家の反撃と仲間の裏切りによって絶体絶命のピンチに陥った浩一だが、いかに興三にざんげをさせるかと、さらなる復讐に燃えていた。一転して浩一は30年前のOL殺人事件を隠ぺいした“新たな証拠と証人が見つかった”と隆に電話をする。

「ダマされたら、ダマし返す。詐欺師は詐欺師らしいやり方で…30年前を終わらせる」と笑みを浮かべて話す浩一を心配するハルカ(水原希子)と守(大杉漣)、果たして浩一が仕掛ける大がかりな新しいワナとは?

果たして浩一は30年前の悪夢から解き放たれるのか?――天才詐欺師が見た、復讐劇の結末はいかに!?

番組公式サイトより引用

浩一を迎えに来た守。

30年前浩一の父親から受け取ったのは晃たちのせいで亡くなった女性の解剖所見。

「俺に何かあったらこれを持って警察に」

と守に託したが、警察には知らせなかった。

解剖所見だけでは弱いが、証拠と証人があると嘘をつくと浩一。

「僕が嘘をつけばいいんだ。償いをさせてくれ」

と守も手伝う。

 

興三は六車に浩一と三瓶の始末を指示する。

 

浩一はハルカに

「興三の一番大事なもの(楓)を奪う」

「詐欺師らしく30年前の事件を終わらせる」

「目には目を嘘には嘘を」

 

カズキを見つけて録音データを消したことを責める浩一

録音データを渡した代わりに手術支援ロボットのデータを盗んだことを知ると

「金なんていらない最後に手を貸せ」

と言う。

 

警察に浩一を売る百田ユウジ。

どこまでも嫌な奴だと思っていたら実は浩一がユウジに頼んで警察を誘導して六車を捕まえさせたんですね!

六車ショボすぎやん!

もったいぶった割にはあっさりと捕まってしまいましたね。

守の手伝いとは六車に監禁される役だったんですね!

 

「俺がなんとかしないと。」

ぶつぶつ呟きながら浩一に電話する晃。

晃がうつろな目で何かを決意する。

けど、美味しそうな分厚いステーキ屋さんに居たら全く説得力ないし(笑)

 

楓に会いに来た浩一。

「会長を説得して欲しい。人を憎み続けるのって疲れるんだよね。それが終わったら姿を消す」

「私も嘘つきだね。何があっても浩一さんを受け入れる。許すなんていったのに」

「そんなの嘘って言わない。あれだけだましたんだぞ、怒って憎んでくれた方がずっと楽だ」

「憎むよ…。ずっとあなたのこと。ずっと。」

涙を流す楓。

戻ってきて頭に手を乗せ

「ごめんな」

と言う浩一。

「さよなら」

と言い背を向ける楓。

 

浩一も楓には本気で悪いと思ってるみたいですね。

だった楓は全く悪くない上に、好きにさせておいて父親の罪を知らされて捨てられるんですから。

書いてみると改めてひど過ぎ。

 

隆と興三を迎えに来たカズキ。

秘書になにやらアイコンタクトを送る興三。

思いつめた晃が物陰から見つめる。

 

人里離れた別荘に2人を連れてきたカズキ。

浩一が現れる。

興三の謝罪をネットに生中継する。

「真実を話せ。そして謝れ。」

「なんの意味がある?」

「なにが変わる?」

「嘘が一つ消える。9歳の時についた俺の嘘が。」

「断る。」

「じゃあこれでどう?」

楓を監禁するハルカの映像を見せる。

 

「汚い手をつかうな」

「小屋には爆薬が仕掛けてある」

「殺せるのか楓を」

「殺したくないから頼んでる。お願いしますよ会長。」

 

「私は大丈夫。でも謝って欲しいの。だって一度も誤ってないでしょ?浩一さんに。」

と楓が言うと興三は受け入れる。

 

カメラの前で興三が話し始める

「ある事件をもみ消すために解剖の結果を改ざんさせた。」

「応じなかった千葉豊氏を私の部下が…千葉氏と家族3人を殺害した。」

「だが千葉家の事件は無理心中と処理された」

「千葉氏とその家族には本当に申し訳ないことをしたと思っている。「

頭を下げる興三。

「これで満足か?」

「指示したのは誰だ?」

「部下が勝手にやった」

「警察が事件を見逃した」

「ただそれだけだ」

「まだ嘘をつくのか?」

「もう十分だろ。娘を返してくれ」

「心から謝れって。なのにあんたは」

「いい加減にしろ」

「こんな卑怯なことをして。父親はもっと金が欲しかったんじゃないのか?あるいは地位を。お前の父親が正しい人間であるはずがない」

楓を監禁した小屋を爆破させようとする浩一。

止めるハルカ。

 

「やめろ!やめてくれ。わかった。全部認める。この通りだ。私が悪かった。」

土下座する興三。

「今さら遅いよ。俺お前みたいな嘘つきが大っ嫌いなんだ。」

爆破スイッチを押す浩一。

「楓~!!」

と泣き叫ぶ興三。

「あんたが殺したんだ。あんたは俺におなじことをしたんだ。大切な人を目の前で奪い。手も足も出ない。何度も夢に出て助けようとするのに出来ない。」

「私のせいか。なんてことを。」

「あんたでも泣いたりするんだな。これが俺が30年前に味わった地獄だよ」

といい泣き叫ぶ興三を置いて去っていく浩一。

 

浩一を追いかけてきた隆に

「楓なら無事だ。楓の映像は前もって撮っていた。時間を合わせながら会話していた」

と言い楓に電話する浩一。

「無事なのか?」

「ごめんね心配かけて。」

 

 

興三の秘書の七尾が警察を連れてきた。

逃げる浩一。

崖に追い詰められる浩一。

突然晃が現れ、

「俺がなんとかしないと、浩一君」

と言いながら

浩一をナイフで刺した。

血まみれの手を見つめながら浩一は海へ落ちていく。

殺人未遂の現行犯で晃が逮捕される。

「俺が片をつけるしかないんだ」

と晃が隆に言う。

 

一週間後、隆と楓が拘置所の晃に面会に来る。

隆は晃に

「いつから組んでた?あいつと。この嘘つきが」

にやりとする晃。

晃がステーキ屋から電話を掛けたあの日、浩一は晃に

「ナイフで俺を刺してほしい。血のりを用意しておくそれで死んだように見せかける」

と頼んでいた。

「なんでこんなバカなことを?」

と隆が聞くと

「30年前の罪、償ってないから、今度は嘘の罪で罰を。しばらくしたら、生きてるって警察に連絡してくれるって。」

「詐欺師を信じるのか」

と笑う隆に楓が

「大丈夫じゃないかな。約束守ってくれる気がする。」

とあの指輪を見つめる。

 

 

ロボットのデータを海外に売ろうとして失敗するユウジ。

守のところにケーキを持ってくるハルカ。

浩一は出て行ったあとだった。

 

空港で隆と会う浩一。

ロボットのデータを返す浩一。

「そうやって付き続けるのか嫌いな嘘をずっと」

と聞く隆に

「あんただって同じだろ?奥さんや桜ちゃんに真実を言える?同じだよ。嘘のないやつなんていない。嘘もつき続ければ一つくらいは本当になるかもな。一ノ瀬浩一は死んだ。復讐にとらわれた人間は別の人間になる」

と答える浩一。

「そのパスポートの名前は何て名前だ?」

「内緒だよ。」

 

ユウジのバー。

ロボットのデータはカズキが偽物にすり替えたためにアメリカに売ることを失敗したユウジがカズキを責める。

「騙し騙されて恨みっこなし」

とユウジに教えてもらったセリフを吐くカズキ。

カズキはユウジの甥っ子だった?

知らなかった!

 

ハルカは浩一を追ってタイに向かう。

ちゃんとハルカには オウムに教えておいたヒントを残しておくなんてニクいね。

やり方がステキ。オウムが言わなかったら どうするんよ?とか若干 ビミョーな事もあるけど結果オーライで タイに居るとわかってハルカも途端に元気になったね。

店を出るときの振り返りが しっかりモデルの振り返りだったけど、そこもまぁまぁ。

「名前も変えてるだろうし探し出せない」

と言うユウジに

「それでも見つけ出す。相棒だからね。」

と笑顔で出ていくハルカ。

感想まとめ

いやー面白かった!!

ついに浩一の復讐も終わりましたね。

徐々に浩一と隆の間に友情にも似た感情が芽生えているような錯覚を感じましたよね。

楓もショックを受けながらも家族を1つにしてくれた浩一に感謝している様子でした。

晃は30年前の償いとして、逮捕されましたが不起訴になりそうな雰囲気です。

興三は30年前の浩一の地獄を体験して考えが少しは変わったのか?

相変わらずブスっとした嫌な奴でしたよ。

浩一と隆ら兄弟は今後も付き合いがありそうな雰囲気さえ漂っていましたけど、二度と関わらないでしょうね。

 

一応興三の涙の謝罪があったけど、あまりスッキリはしませんでしたね。

それといろいろ復讐にしては甘いところがたくさんあった気がします。

「地獄に落ちろ」

と言うくらいですから、もっとえげつない復讐を期待してたんですけ、どどれもこれも結構あっさり味でしたね。

六車もなんかよくわからない最後でしたし。

まあ面白かったですけどね!

続編はなさそうな終わり方でした。

次は「何の戦争」で草なぎ剛さんの名演技が見られるのでしょうか?

楽しみですね!

スポンサーリンク

DVDは早めに予約して特典ゲット!

 

-テレビ
-