水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

嘘の戦争 第1話 感想 黒幕は三瓶(大杉連)?セリフがかっこよくて面白い!

2017年1月10日

1月10日放送のドラマ「嘘の戦争」第1話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

待ってました、草彅剛さん主演のドラマ!

2015年放送の「銭の戦争」スタッフが再集結しての、復讐シリーズ第二弾。

実は「銭の戦争」は見るきっかけがなくって見ていなかったのだけど、今回の「嘘の戦争」、これは見るでしょ!!

色々な意味で話題作だと思うし、SMAP解散後の第1作目となったら、見ないわけにはいかないですよ。

「いい人」の草彅剛さんが 正反対の詐欺師なんて、どんな感じになるの?と期待大でワクワクしますよ、ホント。

予告でも 顔の表情とかもう悪い人や、っていう感じがプンプン!これは見る価値あるぞ。

それにストーリーも家族を殺されたその復讐をする、とか面白そう。

 

SMAP解散後初のドラマ出演となった草なぎ剛さん。

注目されているので視聴率もよさそうです。

詐欺師として活躍する草なぎさんの姿はカッコよかったですね。

初回の今回は草彅剛さん演じる一ノ瀬浩一がどうやって犯人を追い込むかと、一ノ瀬の過去について書いてみたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

草彅剛、主演。復讐シリーズ、第2弾!
親の仇、胸に…。詐欺師となって復讐の鬼と化す!!
母と弟を殺し、自ら無理心中した父――けれどそれは、仕組まれた殺人事件だった!?

犯人の顔を見てしまった9歳の主人公・浩一(草彅剛)は、警察に「犯人は父ではない、真犯人の顔を見た」と繰り返し証言するが、信じてもらえない。それどころか、“嘘つき”と呼ばれ、親戚からも奇異な目で見られることに…。
やがて浩一は呼び名の通り、巧みな嘘つきに成長。タイに渡り、名前を変えて、偽の経歴を手に入れて、たぐい稀なる詐欺師になった浩一は、偶然にも記憶の中の真犯人“あざのある男”と再会。30年間眠っていた“怒り”という感情がよみがえり、復讐することを誓い、ついに日本に戻ってくる。そうして事件当夜について調べていると、事件関係者たちが次々に浮上していく。30年の時を経て、その事実を知った浩一は、詐欺師ならではの手法で、その事件関係者たちに罠を仕掛けていく。

さらに浩一は、事件関係者たちのスキャンダルや犯罪者としての顔も暴き、社会的に抹殺しようとする、しかしそれを阻もうとする大企業の会長・二科興三(市村正親)や次男・隆(藤木直人)、長男・晃(安田顕)との間で熾烈な攻防戦が繰り広げられていく…。こうして浩一の壮絶な復讐劇が始まっていくが、最終的に浩一は復讐を果たすことが出来るのか――?!
その一方で、相棒的な女性詐欺師・ハルカ(水原希子)、さらに、二科家の長女の女医・楓(山本美月)が登場。浩一を巡る三角関係、複雑な愛憎劇も巻き起こる――。
鮮やかな“ダマし”で積年の恨みを晴らす爽快な復讐劇、運命を惑わす禁断の三角関係などを、ときにはシリアスに、ときにはユーモラスに描き、先が気になるスリリングな展開で魅了する痛快エンターテインメント!

番組公式サイトより引用

黒幕は大杉連?

嘘の戦争」キャスト登場人物相関図はこちらです!

浩一が少年時代過ごした養護施設の経営者の三瓶守(大杉連)を信頼している様子の浩一でしたが、勝手に予想した結末は

本当の黒幕=三瓶守

です。

いきなり仁科興三が30年前の黒幕とわかってしまったので、そのまま普通に終わるはずがないですよね。

なにか最後の大どんでん返しがありそうな予感です。

まだ三瓶黒幕説に証拠はありませんが、今後出てくることを期待したいです!

詐欺で追い込む、一ノ瀬浩一

経営コンサルタントと称した一ノ瀬浩一(草彅剛さん)はパーティで、「ニシナコーポレーション」社長、仁科興三(市村正親さん)に近づく。

そこで、パーティに来ていた不審者が社長を刺そうとするのをかばい、刺されてしまう。

一ヶ月前、タイのバンコクで一ノ瀬は「日日詐欺」で稼いでいた。そこで偶然、昔 自分の家族を殺された犯人の一人を見つける。

その犯人五十嵐( 甲本雅裕さん)の腕には独特の痣が残されていたのを一ノ瀬は覚えていたのだ。一ノ瀬は”30年ぶりの借りを返してやる。きっちり利息をつけて。あいつらに同じ想いを味あわせてやる!”と相棒、土倉ハルカ(水原希子さん)に告げ日本に帰国した。

最初のパーティシーン、ターゲットは仁科興三だと思ったけど、いきなり刺されたけど、そこにいくまでの一ヶ月前からのシーン、撮り方 最近にありがちな手法で、興味をそそられる!ってやつ。はい、興味をそそられました。

見てしまうよね、これって。なんで 刺されたの??って思うもの。そこにいくまでに緻密な計算があったんだなぁと思わせてくれましたよ。

タイでの詐欺生活、なんだか自由に楽しんでやってる感じで、詐欺は悪い事と思ってる意識が、薄れてくるのは いかがなもんか。

日日詐欺ってやってたけど、きっとあるんだろうなぁ。日本人が日本人に狙われるとかありそう、外国なら同じ国っていうだけで郷土愛みたいな感じで信じてしまうやろね。

それにしても警察から店からみんなグルって大掛かりや、これは引っかかる、少なくとも私は引っかかるだろうね、間違いない。

一ノ瀬は帰国し、兄貴分の百田(マギーさん)、見習い詐欺師の八尋カズキ(菊池風磨さん)の手を借り五十嵐について調べ始めた。

一ノ瀬の過去を聞く八尋に”騙すか騙されるか、真実は自分で見極めろ”と言い切る一ノ瀬。

地下駐車場、一ノ瀬は五十嵐と対峙、そこで自分の事を言い、五十嵐を責める。しかし、”五十嵐は真犯人は存在しない。全部 嘘だ。”と言い訳するが、一ノ瀬は全部暴いてやる、と言い 去っていく。怯える五十嵐は電話で 仁科に助けを求めた。それを一ノ瀬は盗聴していて、聞いていた。

五十嵐はタイに月に一度 売春ツアーに出かけ、株でも大損している証拠を見つける。
それと仁科について調べ始めた。その結果、「ニシナコーポレーション」社長の仁科興三だとわかる。

ちゃんと詐欺を教えてくれた兄貴分がいるんやね。それがマギーさん演じる百田、これはグッドな配役、この人、前シーズン「ラストコップ」で小さな酒場のオカマママの役をやってたけど、役になりきれて素性がわからないような役はピッタリです。

それに比べて見習い詐欺師八尋カズキ役の菊池風磨さん、ちょっと 演技が… はっきり言って上手くない!ヘタ! 草彅剛さんのバーターなんだろうけど、他に居なかったのか何だかなぁ。

せっかくの本格的ドラマなのに、残念ポイントかなぁ。

駐車場で、犯人の一人 五十嵐と対峙して正体を明かして責めるシーン、草彅剛さんが涙を一筋ツーッと流すのを見た時には、流石だと思ってしまいましたね、憎しみが滲み出てたし、ジワジワ地獄を味わせるなんて、ゾッとするわ、何たって30年の憎しみがあるんやもん、逃げられない、あーこわ。

一方、五十嵐から助けを求められた仁科は過去の事件の生き残り、千葉陽一を調べたらオーストラリアに移住していることになっていた。

一ノ瀬は五十嵐に揺さぶりをかけ、嘘をついたのを認めさせた。そして五十嵐は、仁科興三に脅されて殺した事を認めた。どうやら 一ノ瀬の父親は知ってはいけない事を知ってしまったようで、そのために殺されたようだ。
”おまえらの地獄はここからだ、”と一ノ瀬は五十嵐に言った。

まずは仁科に近づくため、長男の晃(安田 顯さん)に近づくが、次男の隆(藤木直人さん)が一ノ瀬を怪しみ、近づかないように警告する。しかし危機一髪でペーパーカンパニーは見破られずに済んだ。

そしてパーティ当日。五十嵐は弁護士に扮したハルカとパーティに入り込む。精神的に五十嵐を追い込んだハルカにより、一ノ瀬は刺された。実は五十嵐に刺されたのは一ノ瀬の作戦だったのだ。

一ノ瀬が計算を立てて ジワジワ追い込んでいくとこ、ハラハラ、ドキドキ。そして、五十嵐が白状した場面、見事に五十嵐を追い込んで、スッキリしてしまいましたね。

しかし、医者のくせにタイまで買春したりサラ金で借金して、とかホンマこんな医者に診てもらったら損やね。信用して診てもらう患者はかわいそうや。話だからこんな医者がいるんだろうけど、身近にいたらホンマに怖い。

見事に五十嵐に嘘と認めさせたけど、そこで父親が知ってはいけない事を知ったから殺したって言ってたの、一体 殺人を犯してまで隠しておきたい事ってなんだろ?

見られたからだろうけど、家族全員を目の前で殺されたら、トラウマになるし 一生かけて復讐したい気持ち、何かわかる。

絶対に許さないよ、おまえらの地獄はここからだ、まさにその通りだと思うね。詐欺で五十嵐の人生は破綻したし、殺人未遂で捕まったからまずは一丁あがり。

それから 最後の五十嵐に刺されたシーン、やっぱり計算やったんやね。身代わりに刺されたら、会長の信頼を得ることはできるもん。

復讐のためなら、自分の身体でも傷つけるなんて、一ノ瀬浩一の復讐の本気度がわかるね。徹底してる、ホンマに。

一ノ瀬浩一語録がかっこいい

詐欺師として生きている浩一が記憶していた手にあざのある男・五十嵐を発見してからのセリフがカッコよかったです。

いいひと草なぎも好きですけど、アウトロー草なぎもいいです。

全部忘れて捨てたはずだった

でも違った

憶えてた

アイツの手、あいつの声

楽しそうな顔して

借り返すよ

30年分の利息付けて

あいつらにも地獄を見せてやる

 

生きてる限りだますかだまされるか、真実は自分で見きわめろ

 

聞いてみたくてね

なぜ父は殺されたんです

母も弟も

なぜ殺した?

弟はまだ5歳だったんだぞ

30年経ってもまだ嘘を…だから日本に帰って来たくなかったんだよ

俺が必ず暴いてやる

あんたたちのウソを

 

 

ロシアの諜報機関に家族をさらわれた

 

バリ島の王族の子孫

 

ちゃんと聞かせてもらわないとね

30年前の嘘と真実を

 

 

 

認めろよ

俺はウソなんか付いていなかった

認めて謝れ

俺のオヤジに家族に

 

あの日俺は悔しくて泣いた

泣きながら思ったどうせ嘘ばかりの世界ならダマす方になろうと

だましてだまして徹底的にだましてやろうと

 

 

関わった人間探し出して破滅させてやるよ

お前らの地獄はこれからだ

 

嘘つきって言われた

本当の話をするたびに

どうすればよかった?

 

お前らにも見せてやる

俺が見た地獄を

今度は俺の嘘で

俺の嘘で地獄を見せてやるよ

一ノ瀬の過去って?

一ノ瀬は児童養護施設を訪ねた。そこで経営者、三瓶 守(大杉漣さん)と出会う。

三瓶は以前は一ノ瀬の本名、千葉陽一が家族を殺された時に入院していた病院の医者だったが、今は辞めて児童養護施設の経営者になっていて、一ノ瀬が 嘘をつかなくてもよい相手だ。

三瓶と話すうちに、一ノ瀬は昔の出来事を思い出す。一ノ瀬=千葉陽一は外から帰って来たら三人組の男たちが父親を殺していた。それを見られたため、陽一は捕らえられ刺された。おまけにそこに帰ってきた母親と弟まで刺されて殺された。

幸い、陽一は一命を取り留め入院するが、そこで刑事から事情を聞かれる。見たままを言う陽一に、刑事はおまえの父親は自殺、母親と弟も道づれにしたのだ、と陽一の言う事を信じない。

何度も同じ事を言われ、真実は信じてもらえず嘘を言うとやっと解放してもらえた。親戚からも疎まれた。そんな過去を一ノ瀬は持っていたのだった。

嘘ばかりの一ノ瀬が嘘をつかなくてもよい相手が ちゃんといることにホッとした。

この三瓶さん、大杉漣さんが演じているのだけど、以前は医者で30年前に転職しているって設定だけど、一ノ瀬の事件に関係があって医者を辞めたのかなぁ?

善意ばかりで一ノ瀬を見守っているならよいのだけど、医者を辞めた原因が何なのかよくわからないから、ちょっと最後でどんでん返しがあるかもしれないと思えて…

何でかと言うと、大杉漣さんが配役だから。
結構 あとで裏切る役もしてる俳優さんだし裏で一ノ瀬を見張ってる、とか?
今後の三瓶の動きにも注目してみたいですね。

それから一ノ瀬の過去が でてきたけど、真実を話しても嘘をついたと言われ、解放してもらうには嘘を言わないと解放してもらえないなんて、なんてかわいそうな過去。

そのために、周りから嘘つき扱いされたりしたら、そりゃ気持ちもひねくれるわ。

それで気になったのが、病院で事情を聞かれてるシーン、警察が父親が母親と弟を巻き込んで無理心中をした、と無理やり一ノ瀬に言わせるの、刑事もグルになってるってことやんね?

何回も何回も一ノ瀬がちゃんと嘘を言うまで繰り返し言い聞かせるなんて 警察が犯人とグルとしか言いようがない!

仁科会長って、警察を丸め込めるだけの権力があったってこと?知られたらマズイ事って国家に関わる事?何だかたいそうな話になっていってる?

第1話感想まとめ

草なぎ剛さんカッコよかったですね。

復讐に燃える詐欺師。

とりあえず第1話で気になったことは

  • 黒幕が初めからわかっていてどうやってそこへたどり着くのか?
  • 本当の黒幕は他にいる?
  • どうやってだますのか?
  • どう復讐するのか?
  • 浩一とハルカの関係や浩一と楓の今後は?
  • 隆が不自然に浩一を怪しむのは、父親が過去に犯した犯罪や不正を知っているからなのか?
  • 晃と隆が不仲になった原因は?
  • 浩一が刺されて笑った理由は?

五十嵐に刺されて まずは仁科会長の信用を得た一ノ瀬。ただ、刺されて寝かされている時に口元に笑みを浮かべてしまってるところを社長の隆に見られてる点、隆が怪しく思っているのは確かだと思うし、これからの復讐に支障がでると思うんですよね。

それともワザと笑みを浮かべて隆に見せた?

嘘で固めている一ノ瀬の言動には、何が本当で何が嘘か見ている方も よくわからないとこがありますね。

長女の楓(山本美月さん)に近づいて、弱みを見せて楓の気持ちを掴んでしまったり、長男 晃に取り入ったり 着々と計画を進めていく一ノ瀬のやり方は見ていてスッキリするのだけど、嘘で固めた生き方が 私的には物悲しさも感じてしまいますね。

第二話でも 嘘の証言をした新聞配達員だった男と、弁護士が相手ですが、次はどんな詐欺の手口を見せてくれるか、悪い事と思いつつ楽しみになってきました。

草彅剛さんの淡々とした中に静かに復讐に燃える詐欺師にワクワクしてしまいます。

初回だけみても、このドラマ 見て正解かなぁと思わせてもらいました。

出演者の演技も上手いし面白いですよね。

続きが気になる第1話でしたね!

でもちょっと2時間は長かったかな(笑)

スポンサーリンク

嘘の戦争第1話の視聴率はこちらの視聴率まとめへどうぞ!

「嘘の戦争」全話の感想まとめはこちらです!

-テレビ
-