水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

好きな人がいること 第3話感想!美咲の恋の行方や千秋とたくみと愛海の関係が気になる!

2016年7月25日

7月25日放送の月9ドラマ「好きな人がいること」第3話の感想を書いて行きたいと思います。

櫻井美咲(桐谷美玲さん)の千秋(三浦翔平さん)への気持ちが加速するなか、楓(菜々緒さん)の出現で どうなるの??
と見ている方がヤキモキしてしまった前回でした。

第3話は美咲の恋がうまくいくのかどうか、楓がどうでてくるか?
それから千秋は美咲を好きなのか、楓を選ぶのか 色々気になる点が多々あったので美咲の恋の行方と、

前回 でてきた”タクミ”という名前。

その名前を言った謎の女の子、西島愛海(大原櫻子さん)はどんな関係があるのか?

について書いていきたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!!

スポンサーリンク

あらすじ

柴崎千秋(三浦翔平)だけには、可愛いと思われたい。櫻井美咲(桐谷美玲)のささやかな願いは、結婚パーティーで砕かれてしまう。その上、美咲は高月楓(菜々緒)とキスする千秋も見てしまったのだ。そんな美咲の傷心を癒したのは柴崎夏向(山崎賢人)。クルーザーで美咲を海に連れ出した夏向は、結婚パーティーでの活躍をねぎらった。

もしかすると、美咲と夏向の距離が?しかし、『Sea Sons』が通常営業に戻ると、以前と何の変わりもない。相変わらず夏向は美咲に無愛想。そんな夏向にイラっと来る美咲だ。

その頃、『LEG END』の日村信之(浜野)は、店に来た西島愛海(大原櫻子)に頼まれ、千秋、夏向、冬真(野村周平)の柴崎三兄弟の話をしていた。日村が話し終わると、愛海は“タクミ”と言う名前に心当たりはないかと尋ねる。日村が知らないと答えた時、冬真がやって来た。日村が、話していた冬真だと愛海に紹介。すると、愛海はすぐに店を出て行った。

客足のピークが過ぎたディナータイムの『Sea Sons』に楓がやって来た。楓をエスコートして談笑する千秋に、休憩中の美咲は気が気ではない。2人がよりを戻したことを疑う美咲に、夏向が聞いてこいと促す。関係を?と、驚く美咲に夏向はオーダーだと切り返す。仕方なくオーダーを取りに行く美咲。すると、楓が千秋をこの後、飲みに行こうと誘っていた。千秋は美咲もどうかと尋ねる。2人の関係を疑う美咲は断ってしまい、またもや落ち込んで…。

番組公式サイトより引用

櫻井美咲(桐谷美玲さん)の揺れ動く恋の行方は?

段々千秋を想う気持ちが止まらない美咲ですが、楓が出てきたことで 気持ちが不安定になります。

何故か?

楓は千秋の元カノで、今もいい感じの二人の雰囲気をプンプンだしているからです。

おまけにキスを目撃してしまって、ハイスペックな楓が相手では太刀打ちできないのかわかっているからです。

でも気持ちは抑えられない、そんな想いが美咲を不安定にさせます。

ある日、楓から連絡があり会うことになります。

楓からお揃いのブレスレットをプレゼントされ、友達になります。

友達宣言してから、千秋を好きだと言われ余計に気持ちが揺れ動きます。

あー、そう来るか?うまいなぁ、と感じざるを得ませんね。

楓の方が一歩 上手をいってるやん!

友達宣言してからの 好き宣言。

友達なら恋の邪魔をできないという計算。

まんまと楓の作戦にはまってる美咲。

これは手強いぞ!!

しかし、結婚式のお礼として千秋とデートすることになった美咲。

はじめは夏向(山崎賢人さん)も一緒の三人でしたが、水族館に行く時は二人に。

その時に、夏向と話した事を思い出します。

”好きな事を諦められるのは しょせんその程度の気持ちしかないってこと”を。

美咲は楓のところに行き、正直に千秋を好きな事、楓とは友達ではなく恋のライバルとして接していく、

ことを宣言します。

美咲にとったらだいぶん勇気がいったであろうと思います。私は

よく言った、えらい!

と拍手を送りたくなりましたね。

なかなか言えないよ、ホントに。

言うだけ言って水族館に戻るのですが、それからの展開はナイやろ…

と正直 思ってしまいました。

千秋が待ってるのも 有り得ないし、夜の水族館に入り込んで二人の時間を楽しむなんて 実際 そんな行為をしたら

不法侵入になりません?

警備員が発見するも、逃げる二人。

捕まるやろ!

思わずツッコミを入れたくなるような展開です。

結果、なんとなく二人のいいムードになったことを考えたら

結果オーライなんですね。

揺れ動いていた美咲の気持ちもやっと安定した第三話でした。

スポンサーリンク

西島愛海(大原櫻子さん)は一体何者?そしてタクミってだれ?

初回から、ちょっとずつ登場する愛海が、第三話では日村信之(浜野謙太さん)の店に行き、柴崎兄弟の事を聞きます。

そこで またもや

”タクミ”

を知っているかを聞きます。

日村は知らないと答えますが、日村は柴崎兄弟の良き相談相手です。

そんな人も知らないこのタクミという人物。

一体 だれなんでしょうか?

冬真(野村周平さん)が日村の店に来たら 慌てて出て行きますが、冬真は愛海を知らない様子です。

海辺を歩く愛海が電話で もう少し時間がかかる、みたいな事をしゃべっているその電話相手も 兄弟の秘密を知ってるわけです。

三兄弟の他にも兄弟が居た?

千秋が時々見る写真は三人しか映ってないし…

しかし、ここで、わかった事が一つあります。
>
夏向がお父さんのレシピノートを見ていた場面があるのですが、お父さんの名前が

”春人”

だったような…

そして、千秋が日村としゃべっている時の会話の中で夏向の事を

”そりゃ 兄弟だから”

というのですが、なんとなくその言い方がぎこちないんですよ。

千秋はタクミの名前が出ると ものすごく動揺するので、千秋はタクミと何かがあったのではないかと思いますね。

そして タクミを探している愛海の存在。

タクミと愛海の関係も気になります。

これから愛海の存在が兄弟の秘密を明らかにしていくのでは?

第3話のまとめ

単なる美咲と三兄弟の胸キュンラブストーリーだけではなく、三兄弟の秘密もからんで、今後はそれがどうなっていくのか?
が興味あるとこです。

あと、三男 冬真が学校を辞めることにも次回は触れていきそうです。

個人的にはイケメン三兄弟に関係のあるタクミが誰が演じるのか?

が一番興味がわくのですが、視聴率を考えると謎のまま もう少し 引き延ばすかも、ですね。

今後の展開に期待ですね!

スポンサーリンク

-テレビ
-