水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

コウノドリ第9話 感想まとめ!四宮と新井が燃え尽きた?視聴率は?

2015年12月11日

12月11日放送のドラマ「コウノドリ」第9話のあらすじと感想を書いて行きたいと思います。今回は四宮(星野源)のつぼみちゃんへのセリフが涙なしにはみられませんでしたね。

【追記】第9話視聴率は11.8%でした。

コウノドリ最終回のあらすじや感想はこちら

それでは感想まとめいってみましょう。

スポンサーリンク

あらすじ

 6年前、四宮春樹(星野源)の患者が出産時に亡くなった。母親を助けられず家族を不幸にしてしまった自分を責め続けていた四宮は、そのとき生まれたつぼみちゃんの病室を毎日訪れ見守ってきた。
 そんな中、四宮がカイザーの手術中に、つぼみちゃんの容体が急変したという報せが入る…。鴻鳥サクラ(綾野剛)をはじめ同僚たちもつぼみの病室に急いで向かう…。
 ある日、23週で切迫早産になった妊婦・小泉明子(酒井美紀)が救急搬送されて来る。産科と新生児科のチーム医療の協力で、小さな赤ちゃんが誕生するが、明子も夫の大介(吉沢悠)も、いくつもの管に繋がれた小さなわが子の姿に息をのむ。
 新生児科医の新井恵美(山口紗弥加)からの説明で、赤ちゃんの状況とこれからのリスクの過酷な状況に、大介はなんで助けたのかと新井を責め立てるのだった。それでも新井は献身的に赤ちゃんの看病を続け、保育器から離れない一途な姿に、新生児科の部長・今橋貴之(大森南朋)は一人で抱え込みすぎだと心配する…。
 一方、不妊治療の甲斐あって妊娠した相沢美雪(西田尚美)は出生前診断をするか迷っていることをサクラに打ち明ける。
 妊娠できたことは嬉しいが、38歳という年齢での出産に、生まれてくる赤ちゃんに異常がないか気になっているという…。
 突然訪れた厳しい現実に打ちのめされる家族。
 そして、その姿を前に苦悩する医師たちは、試練を乗り越えることができるのか─?

番組公式サイトより引用

新井先生

新井(山口沙弥加)は、23週の切迫早産で生まれてきた陽介君を、ゲスト出演者で両親役の小泉明子(酒井美紀)と大介(吉沢悠)に見せますが、大介に「障害が残るか、長く生きられないかもしれないのに何で助けたんだ」と言われ非常にショックをうけます。

それでも陽介君を鬼気迫る様子で不眠不休で看護しますが、産後5日目に容体が急変してしまいます。

陽介君は徐々に心拍数が低下していきます。

「症状が安定するのを待って手術に踏み切りたい」と新井は言いますが、新生児科部長の今橋(大森南朋)は両親に「陽介君を抱っこしてあげて」と提案します。23週で生まれた子を保育器から出すことは、死を意味します。

猛反発する新井ですが、今橋は「一度も親に抱っこされたことのない子になって欲しくない」と言います。

そして、陽介君は明子と大介に抱っこしてもらいながら息を引き取りました。

新井は己の無力さに立ちつくしていましたね。

このシーンは思い出すだけで涙が出てきます。

 

後日、婚約者とのディナーの途中に緊急の手術で呼び出された新井は、生まれてきた未熟児に挿管しようとした途中で手が震え、動けなくなってしまいました。

今橋が変わり出産は無事成功しましたが、新井はうつろな表情で「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」と繰り返すのみでしたね。

四宮先生

四宮が手術を終えつぼみちゃんの元に駆けつけると、すでにつぼみちゃんは亡くなっていました。

そして父親が遺体を引き取りに来ますが、何も言わず表情も変化がありませんでしたね。

四宮はその後も平静を装いますが、陽介君の最期を両親が看取っていたのを見た後、サクラ(綾野剛)に心境を話し始めます。

「つぼみちゃんはずっと1人だった」

「お父さんにとってつぼみちゃんはつらい過去を思い出させるだけの存在なのかな?」

「治してあげたかった…」

と泣き崩れました。

サクラは四宮の言葉をただ聞いていました。

その後、小林留美子(吉田羊)は「四宮先生もつぼみちゃんのことで燃え尽きてしまうんじゃないかと心配したけど、悩みを打ちあけられる人がそばにいるからね」とサクラに微笑んでいましたね。

四宮が激しい感情の変化を表に出したのは今回が初めてですね。6年間つぼみちゃんの病室に行くことが日課となっていたので、つぼみちゃんがいなくなった今も病室に向かおうとして、立ち止まった四宮が可哀想でした。

スポンサーリンク

バーンアウト症候群

燃え尽き症候群とも呼ばれるもので、それまで物事に意欲的に取り組んでいた人が、極度に疲労したことにより燃え尽きてしまったかのように意欲を失い、社会に適応できなくなった状態です。

いつも仕事で緊張を強いられていて頑張っても結果が得られにくい、結果がついてこない環境の人、医療従事者などに多いと言われていますね。

新井先生はこの状態になってしまったようです。

幸い理解のある婚約者がいるようなので、休養をとっていつの日か戻ってきて欲しいですよね。

まとめ

今回は非常に重い内容でしたね。

助かる命と助からない命を決めるのは神様のみなんでしょうか?

 

次回第10話はいよいよ最終回となりますね。

第9話最後に届いた景子ママからの手紙から始まるサクラの母親についてのストーリーも明らかになるようです。

永井浩之(小栗旬)ももちろん登場しますので見逃せませんね!!

スポンサーリンク

 

 

-テレビ
-,

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ