水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

女子バレーのタイ戦は八百長?チャレンジ制度がウザくて迷惑!

   

2016年5月18日に行われたリオデジャネイロオリンピック世界最終予選の日本対タイの感想を書いて行きたいと思います。

結果的にはフルセットの末、日本が勝利しましたが、あまりにも不可解な場面が多数ありましたよね?その辺を調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

チャレンジ

今回の世界最終予選を見ていて特に気になるのはチャレンジ制度ですよね。

一言で言うとビデオ判定なんですけど、1セットに2回まで使えて成功すれば回数は減らないという制度です。

ネットタッチやワンタッチ、きわどいアウトなどの際に両チームの監督と主審がチャレンジをコール出来るようです。

この制度自体は公平さを保つためにはとても良い制度だと思いますが、その運用がグダグダな感じは否めませんね。

特に今回の日本対タイ戦の主審が自信なさそうにする場面が多数ありました。

もうこうなると何のための主審かわからないですよね。

 

とりあえず主審の主観でジャッジして、それに異議があるならチャレンジするというのが本来の流れだと思うのですが、この主審は常に自信なさげで、インカムでずっと誰かと喋っていました。

チャレンジがコールされても誰が(どちらの監督か主審なのか)言ったのか二転三転することもあったりとにかくグダグダな試合でしたね。待ち時間も長くプレーしている選手も気持ちを切らさないようにするのに大変だったと思いました。

 

はっきり言ってこの制度無い方がいいんじゃないでしょうか?

 

仮にチャレンジで判定が覆って1点入ったとしてもその間の待ち時間で確実に流れが断ち切られることはマイナス面の方が多い気がしました。

スポンサーリンク

八百長?

この日本対タイ戦で印象的なのはタイチームに対してレッドカードが2枚出た事ですね。

レッドカードで相手に1ポイントというルールも意味わからないですけど、一番不可解なのはタイの監督がタイ優勢で試合を運んでいるのにも関わらず、執拗に抗議を繰り返していたことです。

タイの選手交代が認められなかったことも数回ありましたね。なんで認められなかったのでしょうか?

 

国際バレーボール連盟(FIVB)が意図的に日本有利な試合展開に持って行った感じがしてしまいました。それはやはり日本がオリンピックに出場することで経済効果がハンパないことが理由な気がします。

 

もちろん選手は真剣にプレーしているのでしょうけど、それ以外の見えない力で日本勝利に無理やり持って行った試合だと感じてしまいましたが、皆さんどう思いますか?

スポンサーリンク

 - スポーツ