水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

あのね anone 最終回ネタバレ感想 彦星君とは一緒にならないけどよかった。泣けた。

2018年3月21日

3月21日放送のドラマ「anone」最終回のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

終わってしまいましたね。

最後はあっさりした感じでしたけど、私的クライマックスは彦星君が面会に来てくれた後のハリカの想像シーン。

高校生になったハリカと彦星があの日の風力発電の風車の前で、ハリカの作ってきたお弁当を食べるシーン。

泣けました。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

警察に追われる理市(瑛太)は、陽人(守永伊吹)が火事の記憶をたどり罪悪感を感じ始めていることに気づき、動揺していた。
そして、彦星(清水尋也)のために悲しい嘘で別れを告げたハリカ(広瀬すず)は、亜乃音(田中裕子)が警察に連行され一人になってしまった家で、いつも通りの日常を全うしようとするが…。

一方、舵(阿部サダヲ)を看取る決意をしたるい子(小林聡美)は逃亡先の温泉宿で亜乃音とハリカが捕まったというニュースを見るが、舵に添い遂げようという意思は固く…。
そして、鑑別所での生活が始まったハリカの元に彦星から、ある決断を綴った手紙が届く。数ヶ月後、ハリカの元には予期せぬ面会客が現れるのだが…。

やがて少年院を出たハリカは、指名手配中の理市がニセ札を使い続ける中、弁護を担当する万平(火野正平)にさえ本当の動機を語らない亜乃音が、このままでは事件の主犯格にされてしまうことを知り、理市を捜し出すことを決意する…。

誰も知らなかった理市のニセ札作りの動機に隠された衝撃の真実とは?!そしてハリカ、亜乃音、るい子、舵たちが最後に選んだ、本当の幸せとはー。

番組公式サイトより引用

中世古は陽人に弟を重ねていた

亜乃音が捕まりハリカが鑑別所に入り、逃亡を続けていた青羽は持本を看取ったあと自首しました。

中世古はニセ札を使いながら逃亡を続けていましたが、何度も陽人に無言電話をしていました。

退所したハリカは玲のところに行きます。

無言電話の相手が中世古だと気づいたハリカは、

中世古のニセ札は本当は成功していた

事を伝え、自首するように勧めます。

最後に陽人に会いたい

そう言った中世古をハリカは少し警戒しながら会わせます。

陽人は、隣の人が亡くなった火事は自分のいたずらが原因だと気づき始めて、学校にも行かなくなり部屋に閉じこもっていました。

中世古はそんな陽人を救うために、

  • 陽人の記憶にある赤いライターは無かった。
  • おじいちゃんのライターは青色だった。
  • そのライターで火をつけたのは自分だ。
  • となりの悪いおじさんをいなくするために自分も悪いことをした。
  • 陽人は何も悪くない。

このことを伝えました。

その時に弟がいた事を陽人に伝えます。

自分が9歳、弟は8歳だったと言います。

恐らくですが、中世古のいたずらか何かで弟は亡くなってしまったのでしょう。

陽人と同じ年齢だった弟のことを想い、陽人のつらい記憶を消してしまおうとしたのだと思います。

そのあと中世古は自首して懲役8年の刑になりました。

出所しても陽人にはもう会わないと思います。

玲はハリカに亜乃音が動機を黙秘し続けている理由を聞いて、亜乃音のことを

お母さん

と言っていましたね。

陽人を守るために罪をかぶろうとしている亜乃音に心を開いたんでしょうね。

でもそれは、中世古が陽人を人質として亜乃音を使っていたということですから、玲はもう中世古のことを許せないと思いますね。

陽人は中世古に会いたいと思っているでしょうから、切ないですね。

スポンサーリンク

彦星とは別の道へ

鑑別所にいるハリカに一通の手紙が届きます。

ハリカが病室で言ったひどい言葉は、

彦星を死なせたくないというハリカの願いだった

と気づいた彦星はお金を援助してもらい、病気を完治させるために転院します。

そして、経過は今のところ良好だと手紙のやり取りを続けます。

そんなある日、彦星が面会に訪れます。

いつものチャットのように何気ないどうでもいい会話が続きますが、面会時間終了となり2人は最後に手を合わせます。

手を合わせるというより、軽く指先が触れるくらい。

2人の関係に暖かいものを感じた看守が

人生やりなおせる

とハリカに言いますが、ハリカは

想像したことはあります。

2人で逃げ出したとき、成功していれば違う人生があったのかもしれない。

でも今の私はここです

看守は何も言えずハリカのいる部屋の重たい扉にカギをかけました。

ハリカは想像して涙を流します。

彦星との青春。楽しいひと時、何気ないひと時、イヤホンを片方ずつ付けて聞く音楽。

最後に触れた彦星の手を思い出すかのように手を空にさし出しながら、涙を流しました。

最終回の感想まとめ

ハッピーエンドなのか?とは思いながらも、でもハリカは確実に新しい一歩を踏み出したんだからよかったじゃないか。と思うようにします。

出所した亜乃音を迎えにいったハリカは、あの時亜乃音が買ってくれたワンピースとカーディガンを着ていました。

家に帰ると、青羽と幽霊の持本が亜乃音を待っていました。

幽霊かい!と思う間もなく持本が来ていたのは、あの趣味の悪いセミのパジャマ。

笑わせてくれます。

どうやら玲と陽人は帰って来るみたいです。

ハリカは1人暮らしを始めると亜乃音に言います。

これまでは望んで1人だったことはなかった。こうしたいと思ったことはなかった。

でも今は自分で1人でやってみたいと思う。

この家にいつでも帰ってこれるということは、今までになかったこと。

ハリカも巣立っていきましたね。

でも、彦星に二度と会わないって悲しすぎますよね。

あんなに会いたくて会いたくて仕方なかったのに。

ハリカってものすごく強い人ですよね。

好きな人が生きていてくれるなら自分の気持ちも抑え込んでいられるなんて。

なんか最終回見終わって悲しかったけど、頑張ろう!って気になりました。

なんのこっちゃって感じですけどね(笑)

視聴率は悪かったみたいですけど、良いドラマでしたね。

huluでもう一回見ようっと。

スポンサーリンク

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ