水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

レディダヴィンチ 第9話 ネタバレあらすじと感想 志帆過去で泣ける!最終回で幻覚が消える

2016年12月6日

12月6日放送の「レディダヴィンチの診断」第9話のネタバレあらすじ感想を書いて行きたいと思います。

redydavinch

前回第8話では、志帆が休暇でほとんどいないというストーリーでした。

今回はなんとオペをしないという条件で東光大学病院の解析診断部に来たはずの志帆が自らメスを握ることを希望しました!!

志帆と少女の関係は?

志帆の過去に何があったのか?

メスを捨てた理由は何だったのか?

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

私の手で助けたい! メスを捨てたはずの志帆(吉田 羊)が天才音楽少女の執刀医に志願!
患者の傷あとに隠された悲しい過去とは? 志帆と亡き娘・真央(藤澤遥)との少女のつながりも明らかに――!?

将来を有望視されている天才ピアノ少女・藤原ひかり(根岸姫奈)が、コンクールに出場した直後に意識を失い、けいれんを起こして運ばれてくる。病名が分からず解析診断部で受け入れることになり、ひかりと対面した志帆(吉田 羊)は、彼女と以前に会ったことがあるような気がするが、思い出せない。

翌日、ひかりが一カ月ほど前から、度々意識を失っていたことを知った志帆。ピアノ講師によると、その頃からフルートの練習を始めたという。

そんななか、お茶を飲んでいたひかりが突然胸を押さえて苦しみ出し、その処置中、志帆がひかりの背中に見覚えのある傷痕を発見。目の前にいる少女が背負った運命に気付き、あぜんとする。

心臓を詳しく調べた結果、ひかりは狭心症を発症していることが判明。意識消失とけいれんもモヤモヤ病によるものだと分かり、どちらの病気も発症のきっかけは過換気だった。狭心症は投薬治療で改善が見込めるものの、モヤモヤ病は脳外科手術が必要。

オペの執刀医は雪野(相武紗季)になると誰もが思った瞬間、「私がやる」と名乗りをあげたのは、志帆だった。「どうしても私の手で、ひかりちゃんを助けたい」という言葉に葉子(伊藤 蘭)は執刀を許可するが、雪野はいつもと違う志帆の様子が気になる。その真意を尋ねる雪野に、志帆は2年前に起きた爆発事件の現場に、自分たち親子とひかりがいたと話し出し…。

番組公式サイトより引用

イベントで真央と2人いろんな店を見てクマのぬいぐるみをプレゼントする志帆。

「今日は真央の10歳の誕生日だからね。」

黒ずくめの男に肩がぶつかり文句を言っていると、地面に不審なカバンが!!

その瞬間、爆発音と共に、目を覚ます志帆。

息が粗い。

一緒に寝ているクマのぬいぐるみを抱きしめます。

 

コンクールで優勝した藤原ひかりがドラムスティックやフルートを隠し持っていたことを講師にダメ出しされ逃げ出すひかり。

フルートを吹いていると倒れて痙攣を起こします。

 

ひかりは解析診断に回されます。

どこかで会ったことあると聞く志帆に

首を振るひかり。

「真央と同じ年頃だからかな?」

まお、と言いそうな感じになるひかり。

 

病室でドラムの練習するひかり。

ピアノもドラムもフルートもギターも、いろんな楽器をするのが好きなんです。

 

「気を失ったことは前からあった?」

「痙攣は初めてだけど、一月くらい前から気を失うことはありました。」

 

志帆「田丸先生お願いがあるんだけど。」

田丸「もちろんそのつもりです!」

宮部も当然ついて行きます(笑)

 

森田講師にひかりの様子を聞く田丸先生。

「1か月くらい前からフルートを始めたんです。」

「ピアノだけに集中してほしくてぶつかることが増えました。」

「ひかりは才能があります、どうか直してやってください。」

 

お茶を飲んでいると急に胸が苦しくなり、胸を押さえて苦しむひかり。

 

背中に傷を見つける志帆。

昔の記憶がフラッシュバックする志帆。

 

志帆と真央が被害にあった過去の事件現場にひかりもいたんでしょうか?

 

院長の北畠が志帆の様子を見に来る

「子供の患者見てるんだって?」

「心配になってお前の様子を見に来たんだよ。真央ちゃんのこと思い出すんじゃないか?」

「大丈夫です。あれから2年もたってるんです。まだ仕事が残ってるんで行きます」

 

志帆は事件当時の真央の言葉を思い出していました。

「私は大丈夫。あの子を先に診てあげて。あの子ほっておいたら死んじゃう」

 

志帆はひかりを2年前にも診ていたんですね。

 

ひかりは狭心症を発症していました。

 

志帆は鬼気迫る様子で治療を指示します。

「どうしてもひかりちゃんを助けないとダメなのよ」

新田先生は

「なにをそんなに取り乱してるんですか?」

と志帆がいつもの様子と違うことを気にしながらも、志帆の指示が正しいと従います。

スポンサーリンク

名医真央先生

家に帰ってきた志帆は真央の幻と会話します。

ひかりは真央のおかげで助かったそうです。

ひかりの痙攣と失神の原因がわからない志帆はいつものように真央のアドバイスで、ある事実に気が付きます。

ドミノが倒れる最初のきっかけはなに?

 

お茶を飲んでると苦しくなった

一月前からフルートを始めた

 

ひかりにフルートを吹かせる志帆。

「田丸先生がどうしても聞きたいっていうから」

「どんな曲がイイですか?」

「なんでも大丈夫」

吹いてしばらくすると気を失って倒れますが、志帆は落ち着いてひかりを呼び起こしました。

 

これがドミノ倒しのきっかけ。

 

新田先生がひかりの検査をして、病名が発覚します。

 

モヤモヤ病

 

過去に歌手の徳永英明さんもモヤモヤ病を発症していましたね。

 

オペを「私がやる」という志帆。

田丸先生が

「オペをしないことを条件に解析診断に来たんじゃないんですか?」

と聞くと

「どうしても私がひかりちゃんを助けたいから」

と答えます。

「どうしてオペしてこなかったんですか?」

「今は言えない」

 

新田先生に呼び出される志帆。

 

「どういうことですか?今までオペしてこなかったのは幻覚を見てしまうからですよね。どうして?

ひょっとして真央ちゃんになにか関係あるんですか?

初めてあったときから様子が変でした。」

「背中の大きな傷を見た時も」

「動揺しているのが伝わってきました。今までの橘先生じゃありませんでした」

「ひかりちゃんとの間になにがあったんですか?」

「代わりなのよ。ヒカリちゃんは」

 

「二年前の爆発事件覚えてる?」

「あの場所に私と真央はいたの。そしてひかりちゃんも」

 

爆発直後の真央

私よりあの子を見てあげて。私は大丈夫。あのこほっておいたら死んじゃう。助けてあげて。くま」

志帆はひかりのもとへ行き、背中の傷を見ます。

「早くちゃんと処置しないと」

ひかりを背負い救急車に向かいます。

 

「私はその場に真央を残して現場に駆け付けた救急隊員のところに行き、治療していると、2度目の爆発が起き、真央のところに戻ることすらできなかった。私は真央が保護されるのを待つしかなかった。」

そこにストレッチャーに乗せられて運ばれてくる真央。

志帆がどんなに呼んでも反応はない。

「真央はすでに亡くなっていた。ひかりちゃんは今も生きてる。真央が繋いだひかりちゃんの命。だから私がひかりちゃんを助けないといけないの。真央のためにも」

 

事務長と院長と岩倉先生が3人で話している。

「もしなにかあったら病院全体の責任問題になりますよ」

という事務長に

「私が責任をとります」

という北畠院長。

「私も責任を取ります。私の部下ですから」

という岩倉先生。

 

オペ当日。

「行ってくるね。真央」

といい家を出ようとする志帆。

頭を押さえ、気を失ってその場に倒れてしまいます。

 

第9話の感想まとめ

ひかりのオペ当日に気を失ってしまった志帆。

ひかりはどうなるんでしょうか!?

そして次回はいよいよ最終回!!

その予告では

死ぬ覚悟をしていたってこと?

いっこくも早くオペしないと。

最後の患者は志帆?

どういうこと?

志帆もなにかの病気だったってこと?

真央との決別って?

治療すると真央の幻覚が無くなってしまうってこと?

気になり過ぎる!!

最終回が待ち遠しい!!

スポンサーリンク

「レディダヴィンチの診断」第9話の視聴率はこちらのまとめへどうぞ!

「レディダヴィンチの診断」の1話から9話の感想まとめはこちらです!!

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ