水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

相棒15 第2話 感想!米沢がいないので右京が鑑識?たばこのストーリー面白かった

2016年10月19日


Warning: A non-numeric value encountered in /home/time-factor/time-facter.com/public_html/wp-content/plugins/pz-hatenablogcard/pz-hatenablogcard.php on line 430

10月19日放送のドラマ「相棒15」第2話「チェイン」の感想を書いて行きたいと思います。

第1話では様々な伏線が張られていましたね。

これからどのように伏線が回収されていくのか楽しみですが、今回の第2話はシガーの香りだけを手がかりにある人物を捜索するというちょっとハードボイルドな感じがかっこいいですね。

最近はテレビで喫煙シーンが出ることも珍しいですよね。

 

それでは感想まとめ行ってみましょう!

相棒15と2016年秋の民放ドラマ視聴率一覧はこちらです。

スポンサーリンク

あらすじ

特命係に配属された亘が“最初の事件”に挑む!
煙のように消えた男と傷害致死事件の関係とは!?

ある日右京(水谷豊)は、幸子(鈴木杏樹)の紹介で、羽賀(音尾琢真)という男から人捜しを頼まれる。対象は、シガーバーで偶然出会い、特徴的な香りを放つ自家製シガーを吸っていた“工藤春馬”という男。その香りに魅せられた羽賀は、一本分けてもらったことをきっかけに交流を持つようになったのだが、工藤は1年程前に突然、煙のように姿を消してしまったという。いっぽう、亘(反町隆史)も桜子(大谷みつほ)という女性から、工藤を捜してほしいという依頼を受けていた。別ルートから同じ人物の捜索依頼を受けた2人は、その捜索過程でばったり遭遇。“手掛かりはシガーの香りだけ”という雲を掴むような難題に対し、行動を共にすることに。同じ頃、伊丹(川原和久)たち捜査一課が1年前から追っていた傷害致死事件の被疑者の遺体が山梨県の山中で発見される。遺体は、一課が追っていた野中(原田健二)という男と思われたが、伊丹たちは現場の状況から事件性なしと判断。しかし、遺体のかたわらには、羽賀と桜子の2人がそれぞれ所持していた“ある物”が落ちていた。

右京と亘が追う工藤春馬という謎の男の正体は?
捜索を依頼してきた男女と傷害致死事件にも繋がりが…!?
特命係が香りだけを手掛かりに連鎖する事件の真相を解き明かす!

ゲスト:音尾琢真 大谷みつほ

脚本・監督

脚本:真野勝成
監督:兼﨑涼介

番組公式サイトより引用

そんな奴いるのか?

今回のストーリーを見終わってまず感じたのは、羽賀と桜子を尊敬する友人と言っていた野中と工藤が自殺までするのか?

ということですね。

2人とも、18年前の桜子の義父の事件の真相が発覚しないように命を絶ちました。

ちょっとカッコつけすぎですよね。

「お前はこんなところに居ちゃいけない」

というセリフもかっこよすぎますね。

 

羽賀も桜子も自らの犯罪がバレてしまう可能性があるのに、工藤のシガーの香りをどうしてももう一度味わいたかった、というのもかっこよすぎです。

ハードボイルドを意識し過ぎてた感じです。

でもなかなかおもしろかったです。

スポンサーリンク

米沢の代わりに青木はつらい

ドラマ内では警察学校の教官になったということで、鑑識に居ない米沢(六角精児)ですが、今回はスケジュールの都合で登場はほぼなさそうな感じらしいですね。

米沢がいない鑑識は特命係立ち入り禁止令が出ているので、右京と冠城が取り付く島もない感じでした。

その代わりといっては何ですが、サイバーセキュリティ対策課の青木が特命係に捜査資料や情報を持ってくる役割を果たしているようです。

青木の目的はまだ不明なので不気味ですね。

右京の興味がありそうな話題を熟知している感じも不気味です。

ところで、野中の遺体のそばに落ちていたリトルシガーを持ってきたときの右京の

「いらない。…と言ったらウソになりますね。」

というセリフはちょっと新鮮でした。

普段は常に敬語の右京が「いらない!」とため口で言うなんて!

ちょっとかわいい感じで言っていたのも良かったです。

 

でもやっぱり米沢がいないと「相棒」って感じがしませんよね。

なんとか復帰して欲しいものです。

感想まとめ

今回はなかなか面白いストーリーでしたね。

たばこの香りを手掛かりに過去の事件とつながって行き、そして最後に全てが明らかになり求めていた香りも右京と冠城によって再現されてエンド。

うまくまとまっていたようです。

シガーの香りを再現するシーンの冠城の

「この感じは特命でしか味わえません」

というセリフがすごく良かったです。

右京もそっけなかったですけど、まんざらではなさそうな感じでしたね。

良い相棒になりつつある2人でしたね。

次回第3話も楽しみですね!!!

スポンサーリンク

相棒15第1話の感想まとめはこちらです!↓

相棒15 第1話 感想!青木の目的と美彌子の手紙が気になる!視聴率は?
10月12日放送の「相棒15」第1話「守護神」の感想を書いて行きたいと思います。 ついにシーズン15がスタートしましたね! 第2話の感...

-テレビ
-


  1. 相棒↗ より:

    前回に引き続き犯人が自殺…(2人も!1人は目の前で)「僕とした事が…」じゃありません!どうも救われない犯罪者は死ねばいいと思われているようで…(タバコを使うのは犬神家のオマージュ?最後の2人も頃す?と思った。)
    冠城の特命に移った理由とその為に回りくどい手を使った事がキモチワリィ…
    タバコの成分を解き明かす下りは右京さんのウルトラC!と思ったけど単に米沢さんがいないせいだったのか…(門外漢のモノが出ればお手上げ)
    そして今週の小早川!仲間由紀恵は猛烈なバッシング喰らったのに彼は何故かスルー

  2. Karif2800 より:

    シガーバーに自作のシガーを持ち込むなんて有り得ないです。以前のシーズンにシガーとウィスキーを題材にした回がありましたがそれに比べると設定が稚拙です。
    第一あれはシガーじゃなくてタバコですよ。
    因みに3人が会っていたシガーバーは件の回で殺人の舞台になった店と同一です。
    (右京さんが気付かないはずないじゃないですか)

感想どうぞ(*´з`)

CAPTCHA