水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

初めまして愛してます 第3話感想まとめ 横山歩の演技がすごくて感動!痔の設定要る?

2016年7月28日

7月28日放送のドラマ「初めまして、愛してます。」第3話の感想を書いて行きたいと思います。

特別養子縁組の許可が下りた梅田美奈(尾野真千子)と梅田信次(江口洋介)が直面する男の子(横山歩)の「試し行動」。

横山歩君の演技力すごかったですね。

養子というやや重いテーマにも関わらず1話、2話と視聴率10%を超えているあたり視聴者の関心の高さがうかがえます。

それでは感想まとめ行ってみましょう!!

スポンサーリンク

あらすじ

 特別養子縁組に向けた里親認定の許可が正式に下り、梅田美奈(尾野真千子)と梅田信次(江口洋介)が男の子(横山歩)を家に迎える日がやってくる。といっても、まだ二人が親として認められたわけではない。一緒に家庭生活を送る中で、適切な親子関係が築かれたと裁判所が判断して初めて、戸籍上正式な親子になるための手続きが取られるのだ。
 「これからの方がもっと大変」。堂本真知(余貴美子)の言葉を思い出し、気持ちを引き締める美奈。しかし、過食や偏食といった里親の愛情を図る子どもの“試し行動”は、ほぼ100パーセントの確率で現れると改めて聞かされ、つい不安が顔に出てしまう。
 一方の信次は朝から興奮状態。美奈をいつもの根拠のない語呂合わせで励ましつつ、いまだ名前が分からない男の子に新しい名前を授けるといって、隠し玉のように用意してきた名前を披露する。美奈も知らされていなかったその名前とは…。
 男の子は、梅田家に来てからも無言のままだったが、心配していた試し行動もなく、拍子抜けするほど穏やかな日々が過ぎていく。ところが…
 三日目にしてついに嵐が襲来。美奈、絶叫の日々が幕を開ける!!

番組公式サイトより引用

横山歩くんの演技力がすごい

実の親に虐待されたという過去をもつ男の子を演じる歩くんは7月28日現在7歳で7月31日に8歳になります!

誕生日おめでとう!

ストーリー中の男の子もだいたい実年齢くらいの設定のようですね。もうちょっとちょっと下かな?

初めは完全に心を閉ざしていたのに、徐々に美奈と信次に心を開いていく演技、スゴイです!

1話、1話のなかでも感情が揺れ動いているのがわかりますよね。

今回の一度施設に帰されてから、美奈と信次が迎えにきたときに「はじめ!」と呼ばれて初めて振り返り、歩き出し、徐々に駆け足になり美奈に抱き付くシーンが感動的でしたね。

スポンサーリンク

美奈が痔の設定って必要?

前回第2話での堂本真知(余貴美子)との面接時に明らかになった美奈の痔ですが、今回も美奈がトイレでやり場のないうっぷんを叫ぼうとしたときにお尻を押さえてました。

おそらくですが、養子縁組というちょっと重いテーマに笑いをという感じなのでしょう。

しかしはっきり言って尾野真千子さんがかわいそうですね。

これからもところどころで痔に苦しむシーンが出てくるのでしょうか?

これ誰得なんでしょうかね?

感想まとめ

自分が親に愛されてなかったと考えている美奈ははじめを愛して行く自信が持てなくて、里親になることを諦めてしまいましたね。

しかし、すぐに自分の過ちに気づきました。

このままはじめを見捨てれば、自分を残していった母親や仕事ばかりの父親と同じになってしまう、と考えたのかもしれませんね。

 

2人に迎えにきてもらったはじめは試し行動を卒業します。

次は赤ちゃん返りが美奈を苦しめるようです。

次回第4話も楽しみですね!!

スポンサーリンク

-テレビ
-