水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

下町ロケット第7話 感想まとめ!バカリズムと今田の演技力は上手い?視聴率はどうなる!?

2015年11月29日

11月29日ドラマ「下町ロケット」第7話放送されましたね。医療編第2話の今回は新たな敵も出てきて面白くなってきました。

第6話で初登場の一村役の今田耕司さんの演技がぎこちないとネット上でも話題でしたが、第7話の今回はどうでしょうか?また、視聴率も気になるところですね。

【追記】第7話視聴率は17.9%と第6話から0.1ポイント上昇しました。10月スタートのドラマの中では依然好調ですね!

それでは感想まとめいってみましょう!!

スポンサーリンク

あらすじ

佃(阿部寛)の号令の下、新型人工弁「ガウディ」の開発に挑戦することになった佃製作所。佃はこのプロジェクトの中心メンバーとして、開発部から立花(竹内涼真)、加納(朝倉あき)、鈴木(堀井新太)の3人を、営業部からは江原(和田聰宏)を選出。立花をリーダーに据えて動き出した佃製作所のガウディチームだったが、失敗の連続により立花と加納は次第に投げやりになってしまう…。しかし、諦めきれない2人は佃とともに「ガウディ計画」の原点を見つめ直すため、福井へと旅立つ。
一方、椎名(小泉孝太郎)から、人工心臓だけでなく人工弁への参入を促された貴船(世良公則)は、一村(今田耕司)のもとを訪れ、「ガウディ」の共同開発を持ちかける。その話を聞いた一村は……。

番組公式サイトより引用

新たな登場人物

医療機器の審査機関”PMEA”の滝川信二(篠井英介)

takigawaeesuke

貴船教授(世良公則)とつながりがある、滝川はガウディ計画を頓挫させようとしていますね。

とても分かりやすい悪役ぶりでしたね(笑)

PMEA山野辺敏(大鷹明良)

ootaka

今回は滝川の隣に座っていただけですが、番組公式サイトに滝川と並んで名前が出ているので今後重要な人物となるようです。

ガウディ計画を認める方向に意見してくれるんじゃないかな、と勝手に想像していますが(笑)

スポンサーリンク

横田信生(バカリズム)

 

baka

サヤマ製作所の開発部員の横田は椎名(小泉孝太郎)の命令に背いたのか閑職に就かされているようですね。今後どのような行動をとるのか注目の人物ですね。

またしても芸人さんの登場です。演技の方は今回セリフは少なかったのですが、今田さんよりはいい感じな気がしませんか?今後に注目です。

今田耕司の演技は

ガウディ計画の中心人物なので、当然セリフも多くなっている一村ですが、6話放送後に「標準語か関西弁かはっきりしろ」などとネットで話題となっていました。今回は割と関西弁寄りだった気がします(笑)

今回手術中のニヤけ顔が気になりませんでしたか?やっぱり演技力はいまいちな気がしますね…

ストーリーは面白いのですが、今田さんの棒演技が気になってしまうという悪い状況が視聴率にどう影響するかが気になるところです。

次回第8話はおそらくスッキリ回だと思うので見逃せませんよ!!

スポンサーリンク

 

 

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ