水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

カインとアベル 第7話 感想 優が取締役になり悪い顔してる!面白くなってきた

   

11月28日放送の月9ドラマ「カインとアベル」第7話の感想を書いて行きたいと思います。

image

プレゼンの前日に現地入りした優(山田涼介)と梓(倉科カナ)はホテル予定地でいい感じに。

「梓さんの事もっと知りたいです。」

と優は言って梓の頬に手をあて、見つめあう2人、梓の携帯に隆一から着信あるけど2人とも気づかない。

優は抱きしめようとするけど必死で我慢して悲しそうな目でお互い見つめ合う2人。

もうどうなるん?

明日は大事なプレゼンだというのにこの雰囲気、2人とも目をウルウルさせてる場合じゃない!

 

そして翌日、ついにドレイモンドのCEO・スティーブンホールへのプレゼンの日が来ました!

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

高田優(山田涼介)は、矢作梓(倉科カナ)への禁断の愛に揺れる。梓も結婚を控えた隆一(桐谷健太)と優への想いの天秤が均衡を失おうとしていた。
 そんな中、優と梓はドレイモンドとのリゾートホテル共同開発の事業計画の最終プレゼンの日を迎える。ドレイモンドからは、CEOのスティーブン・ホール(Richard W)も出席。スティーブンは厳しい経営者として知られていて、彼を共同経営に参画させることは高田総合地所の将来に関わる案件だ。

 優は、ここまで築き上げて来たプロジェクトチームのメンバーの想いも背負ってプレゼンを始める。梓は優のフォローを完璧にこなしていくのだが、スティーブンの表情は和らぐことはない。その夜の夕食会で、優はちょっとしたミスをするのだが、それも梓のおかげで事なきを得た。

 その頃、隆一は貴行(高嶋政伸)に自分が優のフォローに行くと話す。しかし、貴行はすべてを優に任せるとキッパリ。さらに優が成功したら高田総合地所の英雄になると言う貴行に、隆一は言葉を失った。
 翌日、優たちはスティーブンをホテル建設の候補地へと案内する。手つかずの野原には、優が手配したテーブルやソファなどが置いてあった。コンセプトを肌で感じてもらおうとする優に、スティーブンの固い表情もほどけていく。
 プレゼンは支払報酬の割合を決める段階に入った。優はドレイモンドへの報酬の妥協点を20%と貴行たちに厳命されているが…。

番組公式サイトより引用

自信を無くしていく隆一

隆一(桐谷健太)はプレゼン前日に社長の貴行(高嶋政伸)に

「ほんとに優に任せて大丈夫でしょうか?」

「社運がかかった事業ですよ?私には納得できません。」

「ほんとに優がこの交渉を乗り切れると考えていますか?」

と詰め寄りますが、貴行は

「相当難しいと思っている。絶対に失敗できない」

と言いながらも

もし成功したら優はこの会社にとって英雄になるだろう

と期待が大きいことを隆一に伝えました。

隆一は絶望したような表情でそれからを過ごします。

 

なんで兄貴らしく弟を応援できないかなあ?

優を認めること=自分の価値がなくなる

と思い込んでますよね。

梓から「今日のプレゼン頑張ります」とメールが来ているのに返信もせずに悩んでいるようでした。

 

そしてプレゼンが終わった後、梓の部屋で

「プレゼン大変だったな、お疲れさま」

と精一杯の優しい言葉をかけますが、梓が

「優君の才能は私たちが思っている以上なのかもしれない。いつの間にか周りのひとを味方にする」

と言うと、

「それにしてもずいぶん優の事をわかってるんだな」

「これから会社の人間も世間の人間も優を見る目が変わる」

「絶対に明かない扉をあいつは開けたんだ」

「あいつは会社の英雄になったんだ」

「梓、俺との結婚も考え直してくれてもいいんだぞ」

と完全に優に負けたと思っているようでした。

それでも梓は

「私は隆一さんと結婚するって決めたの。隆一さんについて行くって」

と言って隆一の手を握りますが隆一の顔に笑顔はありませんでした。

 

しかも取締役になった優が出社したとき、わざわざすれ違って無視するなんて、ほんと小さい男だよあんたは。

スポンサーリンク

優の交渉術がすごい?

 

スティーブンを迎えた優に開口一番

「長男の方がくると思っていたが、これが高田の意思表示だな」

といきなり否定された優ですが、梓が

「彼は大器晩成型で、今は役職もありませんが必ず大成します」

とフォローしてくれました。

 

プレゼンではスティーブンの質問に答えられずにいる優を梓がまたフォローします。

会食の席では、「食器はこれに統一したいな」と契約に関わることを簡単に口に出して、スティーブンに

「それはビジネス上のトークか?」

と不機嫌そうに聞かれ、これまた梓が即座に否定して事なきを得ました。

優ダメダメやん。

印象最悪だし、全く信用されていない感じでしたよね。

会食後、優と梓はバーで飲んでいましたが、梓に

ああいうことで契約が無くなることもあるから気を付けて

とダメ出しされて落ち込む優。

しかし、ここからは優のターン!

梓に仕事を辞めることについて質問します。

 

 

「ほんとは仕事辞めたくなんじゃないですか?仕事すきなんすよね?」 

 

梓は素直に語りだします。

 

「私どちらも選べない」

「私は隆一さんと結婚するって決めたの。隆一さんについて行くって」

「でも、隆一さん優君にウソついた。ほんとはまだオーケーしてないの。仕事辞めること」

「決してノーじゃないんだよ。でもオーケーじゃない」

 

「もしかしたら私怖いのかも」

「わたしが返事したらもうこんな時間がなくなっちゃうから」

「答えを出したらきっとなにかが崩れてしまう」

と、とても悲しそうな顔で言いました。

 

「そんなの嫌です。梓さんともっと仕事したいし、梓さんのこともっと…」

と優が言いかけると

涙目でそれ以上言わないでという表情の梓が優を見つめます。そして

「今日はもう寝るね」

といって席を立って1人で行ってしまいました。

 

やっぱり梓ってなにがしたいんだろう?

優が自分に好意があること絶対気づいてるはずですよね。それなのに

結婚したら優と話せる時間が無くなってしまう

なんて思わせぶりなセリフを言って、優がそれに返事しようとすると拒否するなんて。

優にはそこまでしておいて隆一には

「私は隆一さんと結婚するって決めたの。隆一さんについて行くって」

って言う。

どっちなん?

ほんと自分勝手な女やわ。

 

翌日、リゾート予定地にスティーブンを案内した優は、用意していたベッドを見せます。

 

スティーブンは不機嫌そうに

「客に野宿をさせる気か?」

と聞きますが、

「ここがあなたの客室です。どうぞ」

とベッドに寝てみるように促します。

風鈴の音♪

「確かにいい風だ」

とスティーブン。

「この場所なら四季折々の様々な風を体験できます」

「日本ならではの体験ができます」

と梓がすかさずフォローします。

 

ここで初めてスティーブンは優の事を、ミスタータカダではなくユウと呼び始めました。かなり印象が良くなったようですね。

しかし、

報酬の妥協点は20%

と貴行に念押しされていたにも関わらず、優はかたくなに

「15%だ。それ以上はない」

と譲らず交渉は決裂しました。

 

 

どうして社長の言う通りにしなかったの

決裂するのわかってたよね?

 

もちろん貴行は激怒します。

「なぜ20%で決めてこなかった?理由を聞かせろ」

と優に問い詰めます。 

 

「あのホテルにはそれだけの価値があります。チームの努力に報いるためには15%じゃなければいけない。この5%が高田の未来を決定するんです。」

と言いながらも社長命令に背いたことに対して謝罪しました。

 

 

その後の役員会で陳謝する貴行は

「優に交渉を任せた私のミスだ。申し訳ない」

と役員に頭を下げているとスティーブンが会社に来ました。

貴行は

「交渉の場で何があったかは分からないが今回の事は高田の総意だ」

と伝えます。

スティーブンは

「交渉とはなにかもしらないお坊ちゃまだった。交渉の場でベッドに寝かされた」

と言い、貴行は

「そんなバカなことをしたのか」

と自分が優を買いかぶり過ぎだったのかと後悔の表情を浮かべますが、

「素晴らしい経験だった。ビジネスについては何もわかっていないが、人がホテルに何を求めているかはわかっている」

とスティーブンは優をべた褒めし、優の譲らなかった

15%での契約を了承しました!

「いい風だった。君も行ってみるといい」

 

何なん何なん?スティーブン考え直したん?いいやつやん。

こうなることはうすうす予想してたけどやっぱり良かったですね。

 

優は役員会に呼び出され

「よくやった!契約は成立した!15%で良いそうだ!」

と伝えられます。

役員会は拍手喝采で、営業5課でも大歓迎で迎えられました。

唯一暗い顔の隆一を除いて。

 

 

 

そして貴行は臨時株主総会を開き、優を取締役に推薦することを伝えます。

お前も私の息子だ役員の一人として私の右腕になって欲しい

第7話の感想まとめ

 

晴れて役員となり運転手付きの黒塗りの高級車で出社する優。

自信に満ち溢れていましたね。

一方、無表情で優を無視して出ていく隆一。

この瞬間優と隆一の立場が完全に逆転しましたね。

 

優は隆一に無視されたことに一瞬悲しそうな顔をしますが、隆一に背を向け

不敵な笑みを浮かべ社内へ歩いて行きました。

 

どうしよう!優が悪い顔している!

次週の予告では隆一と梓の結婚式を優が取り止めようとしている?ようなシーンがありました。

優がどんどん闇落ちしてダークサイド優がこれから現れるようです。

あれ?ちょっと面白くなってきた?

隆一は落ち込んだままでは済まないでしょうから優に何らかの反撃をしてほしいですね。

優はそれを完膚なきまでに叩きのめすのか?隆一にやられてしまうのか?

ラストが気になりますね!

スポンサーリンク

「カインとアベル」第7話の視聴率はこちらのまとめへどうぞ!

 - テレビ