水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

99.9 第3話 ネタバレ感想 カツラ疑惑の尾崎(木村文乃)のゲコは元腹話術部!視聴率は?

2018年1月28日

1月28日放送のドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」第3話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

今回も面白かったですね。

一番面白かったのは大泉幼稚園がナックス幼稚園に変わっていたところですね。

視聴率も気になるところです。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

人気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)がジャーナリスト・安田(伊藤高史)の殺人容疑、及び、その事件の目撃者・石川(安達祐実)の殺人未遂容疑で逮捕された。
茅ヶ崎の顧問弁護士を務める佐田(香川照之)は、焦った様子で何かを隠している模様。
接見に向かおうとする深山(松本潤)を必死で止めて、新たに斑目法律事務所の一員となった舞子(木村文乃)を担当に任命。
事件を追う中で、茅ヶ崎の賭博行為のネタを掴んだ安田から、茅ヶ崎が揺すられていたこと、そして佐田の指示でその事実を警察に言わず内緒にしていたことが判明する。
最終的にその事実が警察にバレてしまい、茅ヶ崎には安田を殺害する動機があったため故意に隠蔽していたとされてしまったのだ。
“依頼人の利益”を守ろうと策を講じた佐田のせいで、依頼人がピンチに立たされてしまったことを佐田に指摘し、攻め立てる深山たち。

しかも、殺人事件では目撃証言、殺人未遂事件では、凶器に茅ヶ崎の指紋があるという絶体絶命の状況!
そして、担当する裁判官は舞子の先輩だった山内(松尾諭)。舞子の立場が変わり、今までの態度から豹変する山内に、舞子は裁判官と弁護士の間にある分厚い壁を感じる。
舞子の元上司で、山内の上長である東京地裁・所長代行の川上(笑福亭鶴瓶)は『お互いの立場で、対等にガンガンやり合えばいい』と激励するが…
崖っぷちに立たされた中で、深山と舞子は茅ヶ崎の無実を見つけ、佐田の窮地を救うことが出来るのか?

番組公式サイトより引用

ネタバレあらすじ

安田を殺害したのは石川の婚約者の村野だった。

安田にインサイダー取引の情報を掴まれたのが動機。

同じ日に安田に会っていた茅ヶ崎に罪をかぶせるために、石川に嘘の証言を強要する。

茅ヶ崎と佐田の記者会見を見て、焦った村野が石川を殺害し茅ヶ崎の犯行に見せかけるために、石川とお揃いのモアイ像の写真立てに茅ヶ崎の指紋を付けて、凶器にする。

石川は茅ヶ崎が犯人だと思い込んでいるが、法廷で凶器のモアイ像の写真立てを見た時に、村野の方にだけ書き込んだ落書きがあることを知り、自分を殴った犯人は村野だと確信。

証言は嘘だったと白状する。

茅ヶ崎は無罪になる。

安達祐実の演技が好き

安達祐実さんが出演するというので楽しみにしてたんですけど、一歩も歩いてない!

でも婚約者に裏切られて殺されかける被害者という役を上手に演じてましたね。

茅ヶ崎を目撃したという演技、をしているという演技。

他の人はダマせても深山に疑惑を抱かせるには十分な演技はさすがです。

そして法廷でモアイ像の写真立ての裏側を見たあと、真犯人は婚約者だと悟った演技。

よかったです。

第3話の感想まとめ

第1話から尾崎の「ゲコっ」が謎でしたけど、元腹話術部だったんですね~。納得…出来るかい!腹話術部って!なに?

「部費で人形買うの?」

とかもっと根掘り葉掘り聞きたいわ~。

てか木村文乃さんって髪の毛にちょっと違和感ないですか?

髪が浮いてるというか、カツラっぽいというか…。

調べてみるとちょくちょくそんな声もネット上にありますね。

やっぱりみんな気になってるんだ。

前のドラマ「ボク運命の人です。」でもそんな声があったみたいですね。

いろいろな役を演じているのでもしかしたらカツラで1ドラマ通していることもあるかも知れませんが、もう少し自然な髪型にした方が良いような…。

あと、裁判官の川上(笑福亭鶴瓶)はやっぱり悪いやつでしたね。

正義のために公平な捌きをしようと裁判を延期した山内(松尾諭)を口では応援しながら、左遷させました。

深山がそのうちギャフンと言わせるから待っとれよ!

スポンサーリンク

-テレビ
-


感想どうぞ(*´з`)

CAPTCHA


にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ