水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

あのね(anone)第2話 感想 現実感ないけど面白い!瑛太は元従業員?

2018年1月17日

1月17日放送のドラマ「anone」第2話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

よくわからないけどストーリーにどんどん引き込まれます。

最終的にどうなるんだろう!?

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

かつて更生施設で一緒だった“カノン”こと紙野彦星(清水尋也)の病気を治すには、お金が必要であることを知ったハリカ(広瀬すず)は、「林田印刷所」の名前を頼りに亜乃音(田中裕子)の元を訪ねる。そこで再会を果たすのだが、亜乃音の持っていたあの札束の衝撃的な真相を知ることとなる。

さらに札束の出てきた床下の穴から、15年前に失踪したはずの亜乃音の娘・玲(江口のりこ)が、死んだ亜乃音の夫・京介(木場勝己)と写っている写真が発見される。
探していた娘が、隠れて夫と会っていたことに亜乃音はショックを受ける。

一方、舵(阿部サダヲ)が幼なじみの西海(川瀬陽太)に言われるままカレー店を乗っ取られようとしていることを知ったるい子(小林聡美)は、札束を燃やして捨てる人間がいるくらいだから、世界には裏メニューがあると、何かたくらみを抱いている様子…。

そして、写真の情報をもとに玲の足跡を辿るハリカと亜乃音が知るのは更に切ない現実で…。

番組公式サイトより引用

瑛太は元従業員?

どうも偽札に気づいているような感じの中世古理市(瑛太)ですが、次回予告であのねに

「お久しぶりです」

って言ってましたよね。

2人は知り合いで、偽札についても何か知ってる感じということは…

印刷所で働いていたとか?

あのねに会いに来たということは、偽札が出回ってることを伝えに来たとか?

荒らされた家を見たあのねが悲しい

ハリカを信じて別に必要のない掃除のバイトをハリカに頼んだあのね。

玄関の鍵もハリカに渡しました。

あのねが仕事に出かけている間に、前回あのねが海で札を燃やしているところを目撃した持本(阿部サダヲ)と青羽(小林聡美)が

なにか怪しいことをしているのでは?

と疑い家の中を荒らしながら物色します。

そこへハリカが帰ってきてハリカは拉致されてしまいます。

そのあと、仕事が終わったあのねは開きっぱなしの玄関に驚き中に入ると、あたりは荒らされて大変な状況になっていました。

昨日ハリカに貸したパジャマもぐちゃぐちゃに捨てられていたのを拾い上げました。

絶対にハリカがやったんだと思ってるでしょうね。

違う!荒らしたのはハリカじゃない!

って伝えたいけど伝えられないもどかしさ。

でも多分あのねはハリカを恨んでない気がする。

簡単に人を信用してしまった自分のことを

「バカね私…」

と責めてそう。

決意して娘の職場に会いに行ったのに完全に無視され、帰ってきたら信じた人に裏切られた(本当は違うけど)なんて可哀想すぎるよね。

第2話の感想まとめ

何だか現実味が無くてよくわからないけど、面白い。

この感覚は「カルテット」と同じだ。

あのドラマも犯罪が関係してましたよね。

いったいどんなラストになるのか全く予想がつかないですね。

登場人物全員で偽札を作って彦星くんを助ける?

いや彦星くんは亡くなるかなあ。

拉致られたハリカがどうなるのかとか中世古は味方なのかとか、続きが気になって仕方ないですね!

スポンサーリンク

 

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ