水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

コウノドリ2 第9話 感想 倉橋先生はメタル女!不育症がつらくて泣ける

2017年12月9日

12月8日放送のドラマ「コウノドリ2」のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

物語が進むうちに今まで あまり知られてなかった四宮先生(星野源さん)のプライベートが わかってきたりして なんだか新鮮だわぁ。

石川の能登出身、父親が地域の産婦人科含め総合医療をやっていて、妹もいるのね〜。
ところが 肺がんのステージ4で倒れてしまったやないの!

でも父親がまだまだオマエには負けない、と言っていたし四宮先生もその言葉に安心した感じがするなぁ。

それよりもクールビューティな倉橋先生(松本若菜さん)が昔からヘビメタ好き? 性格もなかなか強そうやもんね。どんな感じだったんやろ?

また予告で出生前検査の妊婦さん役で りょうさんが出てましたよね?
出生前検査って賛否あるんですよ、重い題材だ!

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

過去2回流産をしている妊婦の篠原沙月がサクラ(綾野 剛)の元を訪れた。
不安そうに診察を受ける沙月。診断の結果、今回もエコーに映った胎児に心拍はなかった…。
3回目となった流産に不育症を自ら疑う沙月。現代医学でも、まだまだわからないことが多いこの病にサクラはどう向き合うのか。

一方、父・晃志郎(塩見三省)が再び倒れたと聞いた四宮(星野 源)。石川県能登に帰省した矢先、晃志郎が診察をしていた妊婦に早剥の疑いが。
一刻を争う事態の中、自らが執刀するしかないと言う晃志郎を見かねた四宮が、父に代わり緊急カイザーをする。

番組公式サイトより引用

倉橋先生は”メタル女”

看護師たちが彼氏の事で悩んでくよくよしてる時、「そんなオトコとは別れたらいい」とスパッと言い捨てた倉橋先生。

その言葉を聞いて看護師たちは 倉橋は昔から男前だったのかを興味津々に聞く。
するとそこに帰ってきた四宮が”倉橋は昔からメタル女だったから”と言った。

倉橋は昔からベビーメタルが好きで 当直実習の時もバリバリのヘビメタ姿だったのだ。

いつもクールビューティな倉橋先生。バツイチでつい最近 出産をしたお医者さん。
稼がないと!とかなり肩にチカラが入ってるのよ、これが。

サクラ(綾野剛さん)と四宮先生が まだ新米医者だったときに研修医だった倉橋先生ですが、若い時の倉橋先生の姿が!

バリバリのヘビメタ野郎やんか?
髪型はもちろん ロン毛。
首にはトゲトゲの首輪(?)。
靴も もちろん 上げ底!

寝てないんかい、くらいの目の下にはクマが… それで当直医研修に来る?

その晩に救急で来た患者さんは倉橋の姿にビビってまうやろ、これはビビること間違いないから。

研修やからと言って自分のポリシーを曲げてないわぁ。やっぱりヘビメタ好きやな。

サクラと四宮がその姿を見て、言葉が出なかったのもわかるわぁ。私なら 泣いて怒るけどな。

昔だから二人ともなんとなく 役作りを若くしてるのだけど、特にサクラが まだ若いわぁって感じだった。

パーカーに白衣やで? 新人の医者に有りがちな感じじゃないか??

それに髪型も前髪を下ろしてたり まだ新米なんやで、と言うのを何気に出してたのはさすが綾野剛さん!

自分に言い聞かせるように、倉橋のヘビメタ姿を見て、”いいと思う”と二人共言ってたけど、顔は全くいいとは思ってないねん。

そんな倉橋先生、結婚も出産も経験して丸くなったのかしら?少なくともヘビメタのコスプレはしてないなぁ。

けど、性格は? やっぱり攻めていってる男前やわ。顔は可愛いのに性格が男前。
このギャップに萌える男子は多いかもしれんな。

バリバリ仕事をするけど、やりすぎて倒れないようにしないとね。まぁ、いらん心配ですが。

スポンサーリンク

出生前検査は賛成?反対?

最近はこのシステムが導入されてきたんですよね?

私の時には こんな事考えもしなかったのに時代は変わったんやなぁ。

どうやら 色々な検査方法があるみたいです。
妊娠初期から胎児ドック(胎児スクリーニング検査)、血清マーカー検査、染色体検査、羊水検査などなど。

もちろん、胎児の遺伝子異常や、染色体異常、奇形などが調べられるわけです。

はじめ知った時には目からウロコでビックリしたのを覚えてるわー!
画期的よね、これって。

だって産まれる前から 異常とかがわかるんやで? すごいことやん?

私は単純にそう思ったけど、まてよ?
これって妊娠してから検査をするんやろ?

もし、検査結果で異常が見つかったらどうするの?産まないで堕ろす?産む?

逆に言えば五体満足だったら安心するの?
えーーー!
悩むよ、これは。

きれいごとを言えば、もし何らかの異常があった時には その為の準備を進める。
例えば その子の症状を勉強をして 産まれてから対処出来るようにするのよ。

けどな、そこまでいくまでに気持ちはついていけるかぁ? 誰だって何もないと思いたいやん?

それなのに 異常が見つかったら それでも良かった、楽しみやと言えるか?

落ち込んでしまうのが普通やん。
下手したら胎児を堕してしまう人もいるやろなぁ。

それって道徳的にやってもよいのか?
いくら胎児でも命は命やろ?
勝手に殺していいはずないわ。

でもこれもきれいごとかもしれない。
そういう意味で 次の回は どんな風に着地点を見つけるのかが楽しみです。

第9話の感想まとめ

今回は”不育症”の妊産婦さんのお話でしたが、初めて聞いた、不育症!

不妊じゃないんや、流産でもない、死産でもない、お腹の中の赤ちゃんが生きてない状態。

どうやら原因がわからない症状みたいで、これはお母さんにとったら モヤモヤしてしまうやっかいやわ。

原因がわかれば 気をつけることも出来るのに それが出来ないわけでしょう?

お母さんは どうしても自分を責めるんよね。
ストレスを溜めたから、とか仕事を無理したから、とかね。

こればかりは時間が経てば忘れることはないのよ。何をしていても どこにいても忘れることはない。それが母親!

落ち込む妊婦さんに次は大丈夫、とサクラは強く言ってあげたのが 産科の医者が言うわけだから確かに力強いわな。

で、ちゃんと次の妊娠時には胎児の心拍は大丈夫で、またこれで号泣してもたぁ。

ホンマにこのドラマをみたら 親子の大切さを見に染みて感じてしまうわ。
学校の教材でも十分に使えると思うわ、文科省 検討してみてほしいわ。

下屋(松岡茉優さん)も救命救急で搬送されてきた妊婦さんの緊急カイザーをして お母さんも赤ちゃんも助けたね。

いつもと違って まぁ、テキパキとこなす こなす! 周りの救命医も目を見張ってるやん。

救命で使い物になるかをサクラに聞くんやけど、打たれ強くて図々しい、それによく食べる、とか サクラが言うから褒めてるんやけど、普通に聞いたらディスってるよね?

みんな 親しいから そんな事言っても笑ってられるけど、本人が聞いたらへこむな、これ。

そんな下屋先生、産科の時よりも化粧がシャープになってる。やっぱり救命救急でバリバリ仕事をするイメージやから?

私は個人的には今のシャープな感じの松岡茉優さん、好きやわぁ。

出産だけでも色んな話があって どれもココロがドーンとしてしまうけど、いい話ばかり。
もうすぐ終わりなのがホンマに残念なドラマや〜!

スポンサーリンク

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ