水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

コウノドリ2第8話の感想 四宮もサクラもペルソナ辞める?シーズン3は新キャスト?

2017年12月1日

12月1日放送のドラマ「コウノドリ2」第8話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

このドラマ、ホンマに毎回泣ける!
見たいけど 気合いを入れて見ないとメンタルをやられてしまうくらい のドラマですよ。

出産でおめでとー、でいいのに 何でこんなに色んな事があり過ぎてしまうんやろ。
普通の出産が こんなに奇跡的な事って思わされるドラマ、今までなかったわぁ。

働いているお医者さんらにも色んなドラマもあるし。前回は助産師、小松さん(吉田羊さん)。下屋(松岡茉優さん)や白川(坂口健太郎さん)、もちろんサクラ(綾野剛さん)にもね。

第8話では四宮先生(星野源さん)のプライベートがわかってくるんですよね。けど、四宮先生がペルソナ総合医療センターを辞めてしまう? サクラと二人三脚できたのに?

そのサクラも何やら考えてるみたいだし、もしかしたらサクラも旅立っちゃう?

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

ペルソナで、吸引分娩での出産を控えている風間真帆(芦名 星)。サクラ(綾野剛)や小松(吉田羊)と共に、新生児科医として白川(坂口健太郎)が寄り添っていた。
最近、新生児科医として経験が増えてきている白川は、同期の下屋(松岡茉優)に、全ての赤ちゃんを救うためにも、医者としてもっと上を目指すべきだと熱く語る。
しかし、そんな白川の最近の様子を見て今橋(大森南朋)は、自信がつき始めたことで周りが見えなくなってしまわないかと心配をしていた。
そんな矢先に、白川に重大な出来事が起こる。

番組公式サイトより引用

四宮先生、新たな旅立ちをする?

四宮はサクラに大学での研究をするかどうかを相談する。すると四宮の妹、夏美(相楽 樹さん)から電話が入り父親(塩見三省さん)が倒れたとの知らせを受けた。

慌てて四宮は石川に帰省した。帰ると父親は外来診察をしていた。父親はステージ4の肺がんだった。四宮は仕事を辞めて治療に専念してほしいと言うが、父親は子供が産めない街にしない、と頑固に言う。

頑固な父親を説得出来ず、四宮はペルソナに帰った。しかし、再び夏美から父親が搬送された、との連絡が入る。

四宮先生がサクラに相談するのにピアノバーを訪れたよ!サクラも知ってたのか、と言ってたからバレてたんやん。

いや、バレるやろ!バレてない方がおかしいって! サクラも わかってないと思っていたのが逆にヘン。

実際は星野源さんの方がピアノは弾けるんだろうけど、弾けない程が違和感やった。

第8話は四宮先生には妹がいる事、石川の能登出身だということがわかったね。
今まで家が産婦人科だって事くらいしか わからなかったもん。

父親は街で唯一の産婦人科医でバリバリやってる人で、なかなか決意が固くて頑固者や、四宮も頑固やし父親似やね。

その父親の病状が肺がんでステージ4だなんて、もう助からへんのとちがうのか?

自分の病気も たぶんステージ4なら十分 自覚症状もでてるはず。それでも 妊婦さんの治療を優先するなんて医者のかがみやわ。

けど四宮も言ってたように父親が居なくなれば治療も出来なくなるんやから、まずは身体を治さないとアカンと思うで。

しかしステージ4は ドクターX、大門未知子でないと助からへんくらい重病やん。

きっと、死んでしまうんやろな。
それで父親の意思を継いで四宮は石川に帰って父親の後を継ぐと思う。

白川がペルソナを辞めて人手不足な事に悩みはするんだろうけど、そこはきっとサクラが背中を押してあげるような気がするなぁ。

どこに居てもサクラと四宮はお互いを尊重して友情は変わらないんやから、サクラは四宮に笑って送り出してあげるんじゃない?

スポンサーリンク

サクラも新たな決意をする?

下屋は救命救急でスキルを磨きまた産科に戻ろうとしている。
白川は更に先をみようと小児消化器科に変更してスキルを磨こうとしている。

そして四宮も新たな旅立ちをしようとしている。サクラはピアノを弾きながら、それぞれの旅立ちをピアノで祝福する。

考えながら自分もこの先の自分の進むべき路を考え始めていた。

ムムム?ベイビィでピアノを弾きながらサクラは何を考えてる? みんなに感化されてるのかもしれないよ。

だって、みんな前向きになってるもん。
決して今の現状に甘んじてるんじゃなくて、更に先を考えてるやん?

そこで、思い出すのが第1話で登場した佐々木蔵之介さん演じる恩師、荻島の存在よ。

荻島は離島で産婦人科はもとより総合医を営んでる人やったよね?

そこで、単に出産させて終わりじゃなくてその後の生活も診ているわけ。サクラはそんな荻島の考えや医療を目の前で見て 考え込んでいたよね?

サクラも出産させて終わりじゃなくて その後の育児にも関わっていきたい想いを持っているから、まさに荻島のやってることはサクラの理想やと思うわけ。

ここで、サクラの周りが 前向きに旅立っていけば、サクラも感化されるのは仕方がないことやと思うわ。

だから最後は 荻島の離島で荻島について一緒に医療をするんじゃないかなぁと思うわけです。

一緒じゃなくても、過疎地でもいいわけ。医療が十分受けられない場所ならどこでもね。

その人の一生をみる地域医療の方に進んでいく、と思うんやけどなぁ。

第8話の感想まとめ

新生児仮死状態の赤ちゃんの治療をするのに白川先生、この病院で一番経験がある、とかなに?ちょっとした自慢か?

白川先生、意識高い系になってるから 自信がみなぎってるんやろか? 部長の今橋(大森南朋さん)も メチャメチャ心配してるやん。

サクラもそんな時期があったなんて、意外!
誰でも そんな時期があるのかぁ。

そんな白川先生に医療ミスだと。見立て違いだったみたいよ。色々な可能性がある事を考えたら良かったのに、実力を過信し過ぎたなんて!

けど手遅れにならなくて良かったわぁ。
赤ちゃんを搬送した病院に新井先生が居たのには驚き!

“鉄仮面”再び。けど、今の新井先生は 失敗も乗り越えて 温かくなってる感じがした。
白川先生にひざカックンしたのにはビビったけどな。

で、白川先生は新生児消化器科っていう科へ行こうと決めるわけ。めげてないなぁ、この人は。

上を目指すんじゃなくて先をみるのか。
なんだか同じような気もするんですけど、やっぱり最後には日本一の小児科医になる、と下屋に言ってたから 先も上も同じやろ。

ということは?新井先生が出てきたとこを見るとまた復活して新井先生がペルソナに舞い戻るってことね。

終盤に入ってきて出入りが慌ただしくなってきたなぁ。ホンマに皆さん、それぞれ新たな旅立ちをするわけか。

まぁ、キャストは代わってもコウノドリはシリーズ化してほしいドラマ、第1位ですからね!

スポンサーリンク

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ