水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

ドクターX5 第8話 ネタバレ感想まとめ!米倉涼子がかっこいい!

2017年11月30日

11月30日放送のドラマ「ドクターX5」第8話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

相変わらず未知子(米倉涼子さん)のオペの手際の良さは気持ちがいい〜〜!さすがシリーズも長いと 手さばきはお手の物って感じ。

周りの医者達は未知子を見習えっちゅーの。
3タカシも蛭間院長(西田敏行さん)も忖度ばっかりで やってられへんわ。

ただここでゆとり世代の新米医者、西山(永山絢斗さん)がオペの執刀を立候補!
未知子にも難しいオペらしいよ?なのに大丈夫なの?ホンマに出来る?なんで?

前から気になってたこと、晶さん(岸部一徳さん)が内神田会長(草刈正雄さん)を見るときに知り合いを見るような目で見ていたのよ。

やっぱり知り合い?知ってるよね、確かに。
どういう知り合いなのか?

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

元大臣秘書官・八雲拓哉(林家正蔵)が記者会見を開き、ある大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠ぺいしてきた事実を告発した。なんでも八雲は先日、根治手術が不可能な肝外発育型肝細胞がんであると診断され、死を覚悟。ならば正義を貫いてこの世を去ろう、と立ち上がったという。

 その八雲が後日、彼を広告塔に仕立て上げようと目論む病院長・蛭間重勝(西田敏行)の手引きで、「東帝大学病院」に入院してくる。八雲のオペは最高レベルの技術が不可欠であり、大門未知子(米倉涼子)以外には考えられない状況…。ところが、ここで不測の事態が起こる。何を思ったか、ゆとり世代の新米外科医・西山直之(永山絢斗)が執刀医に立候補したのだ! だが、今回のオペは未知子をもってしても、実際に切ってみないと判断がつかない部分があり、術中の臨機応変な対応が必要とされる。それゆえに、未知子も医局の面々も西山には無理だと判断。執刀医は未知子に決定する。

 しかし、ここで思わぬ壁が立ちはだかる。なんと、八雲が告発した人物らは日本医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)の友人だったのだ…! 内神田に釘を刺された蛭間は、執刀医を外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)に変更するよう命令。さらに、未知子は病院を解雇されてしまう!

 当然のごとく、納得のいかない未知子。そんな彼女に、西山は“これまで口にすることのなかった思い”をぶつけ、信じられない行動に出る!

番組公式サイトより引用

新米外科医、西山の意図は?

エレベーターで鉢合わせした西山は日本医師倶楽部会長、内神田をジッと見つめていた。

八雲元秘書官(林家正蔵さん)のオペを未知子が担当。西山は立候補したが速攻に却下されてしまった。ところが蛭間院長からは未知子にオペをさせるな、と3タカシに忠告した。

海老名副外科部長(遠藤憲一さん)がオペをすることになり、未知子は抗議する。
すると蛭間院長は未知子を解雇した。

勝手に辞めさせたり、いくらフリーランスやからって簡単に解雇し過ぎやろ!

また3タカシが蛭間院長にヘコヘコしてるのが今回もしっかり見れて 苦笑いや。

なんでこの人達は こんなに必死にヘコヘコしてるんやろ、なんか情けない。

一応 この人達もそれなりにスキルはあるんやろ? やっぱり権力がほしいのかしらね?

特に海老名副部長のおどおど感が メチャメチャ情けなくて イヤやわ。

西山は未知子に術式を説明、そして自分がオペをする、と断言する。一方、八雲元秘書官のオペを未知子にやらせろという告発文が届いた。

騒動のなか、西山が勝手に八雲のオペを始めてしまった。未知子は助手に入った。
ところが西山はオペの途中で 出来なくなってしまう。未知子は西山に代わって執刀しだした。

無事にオペは終了。しかし未知子は西山を責める。すると西山は未知子に思いがけない告白をした。

なに?西山は内神田の息子だったの〜?
内神田が外科医だったとき、看護師だった母親と付き合って出来た子供だったのね。

未知子のオペを見て未知子のようになりたい、という欲求が出てきたのか、なるほど。

だから難易度の高いオペがしたかったなんて 自分のスキルがまだまだやっていうのに 無謀やなぁ。

オペを失敗したら患者に次はないって未知子は言ったけど、ホンマにそれ!
医者は失敗出来ないのよ、それを西山はわかってなかった。

患者のためと言いながら自分のためやったってことやん? 患者を一番に考えないとアカンわなぁ。

ちょっと見直したのは、最後のシーンで内神田と西山が食事をするんやけど、内神田は西山が医者になってくれて ホンマ嬉しそうやったのに対して 西山は地位とか権力とかクソくらえ!と言って出ていくわけ。

みんな内神田には媚びへつらってるのに、真っ向から反対の事を言ったのが やるなぁって感じ。

父親が会長なら 自分もそれに甘えても不思議はないよ。そうする人も多いやん。

けど母親の苦労も知ってるし未知子に憧れがあるから、ブレてないよ西山さん。

忖度してる医者の中で、芯のある医者がまた一人誕生! いい医者になること間違いなし!

スポンサーリンク

晶さんと内神田は友達

晶さんは八雲元大臣秘書官のオペ代を内神田に請求しに行った。そこで、高額請求をされて渋る内神田に晶さんは息子にオペをさせて、未知子に助手につけることを蛭間院長に命令した事を指摘されてしまう。

晶さん、内神田を”ウッチー”って言ったよ?
ウッチーって、あんたまた えらい親近感が湧くやん。

この呼び名はかなり親しい間がらと見た!
じゃあ、晶さんのことは何て言ってたんやろ?

アキラだから、”アーちゃん””アッキー”?
苗字は神原だから そのまま”かんばら”?”ジンちゃん”?”アキラ”かも?

晶さんほどユーモアはなさそうだから せいぜい”アキラ”じゃないか?

それに 昔ほど若くないって晶さんは言ってたから昔からの知り合い。晶さんは昔は外科医だったのよね。

内神田も外科医。年齢も同じくらいだから同期くらいかな? 同じ病院で働いていたのは間違いないよ。

晶さんは医師免許を剥奪されて医者を辞めたわけだけど、内神田はその理由は知ってるやろなぁ。

同じ外科医でも、求めるものがお互い違ってきたから片方は日本医師倶楽部会長の地位に登りつめ、片方は医師免許を剥奪され 名医紹介所を開いてる。

きっと元々は仲も良かったんやろなぁ。
だって、晶さんは内神田を見るときに懐かしそうに見つめてるもん。

憎んでいたら もっとキツい顔で見るはず。
晶さんにはそんな感じは全く献じられないからね。

未知子を潰すため内神田は晶さんとこを潰す作戦に出るみたいだけど、きっと晶さんがそうはさせないようにするのよ。

晶さんって 病院や医者に精通してるから 内神田の秘密も掴んでるかもしれへんよ?
晶さん、かなりやり手やもん。

第8話の感想まとめ

難しいオペのカンファレンスに 未知子の見解を聞いて他の医者達が 一斉にオペ方法を書き出して笑えた。

やっと未知子のスキルを勉強する気になったかぁ、遅いわ 遅過ぎるやろ。まぁ、何も聞いてないよりはマシやけどな!

けど未知子にオペをさせないとか 蛭間院長、相変わらず わかってない。結局未知子がオペをして助けることになるのになぁ。

未知子がオペ出来なくなって解雇させられたとき、謎の怪文書が出回る。
内部情報をよく知ってる者の仕業かな?と思ったら エーッ?

海老名先生やったの?なんちゅーことをするのよ。告発文なんて勇気がいるわー。

それをシラっとする海老名先生。出来ないオペが自分に回ってきたもんだから必死の作戦がコレ?

バレて自己逃避するとこなんか小心者やねんなぁ、それでも地位はほしいわけね?
けど未知子に協力するとこもあったり、なんか憎めないのよね〜。

第8話は西山が内神田の息子だったこともわかったり、晶さんが内神田と知り合いだったり 発見がいくつもあったなぁ。

もうすぐ終わりに近づき、内神田が未知子を潰すために仕掛けてきそうだけど、未知子は我が道を行く、人だから嫌がらせにも動じないやろね。

いや、動じないでほしい。そこでへこたれてたら未知子じゃないもん。米倉涼子さんには前向きな姿勢が良く似合うから未知子は最後までカッコよくいてほしいわぁ。

スポンサーリンク

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ