水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

相棒16 第6話 感想 大河内の元恋人は誰?連城必要あった?

2017年11月22日

11月22日放送のドラマ「相棒16」第6話「ジョーカー」のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

早見の妻・幹子の父親が脱税の黒幕で、その事実に絶望した幹子が自殺してしまったという残酷な真相でしたが、可もなく不可もなくといった感じのストーリーでしたね。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

早見(山田純大)という元捜査二課の刑事が、警視庁を訴えた裁判に注目が集まっていた。早見の妻・幹子(宮本裕子)が半年前に歩道橋から転落死した一件について、警察は自殺と断定して捜査を打ち切ったが、早見は殺人の可能性を主張。その後、知人に虚偽の目撃証言をさせた疑いで懲戒免職になった早見は、その処分は不当だとして損害賠償を請求していた。そんな早見の代理人は、以前、快楽殺人犯の弁護を担当し、特命係と禍根を残した弁護士の連城(松尾諭)だった。衣笠副総監(大杉漣)は、あくまで処分は妥当だったと印象付けるため、偽証した男の捜索を指示する。
右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、幹子が本当に自殺だったのか、警察の代表として裁判に出廷した大河内(神保悟志)と共同捜査を開始。通常ではありえない捜査方法だが、係争相手である早見と接触するという大胆な行動に出る。早見によると、幹子は何者からか脅迫を受けていたといい、当時彼女がかかわっていた大規模な経営戦略プロジェクトを通して、不都合な真実を知ってしまったため、事件に巻き込まれたのではないかという。その証言を受け、問題の企業を調べた右京と亘は、経理データ改ざんの痕跡を見つけ…。
元刑事の妻の死は自殺か、それとも殺人か?
警視庁を震撼させる異例の裁判の行方は、
特命係と大河内監察官の三人に委ねられた!!
ゲスト:山田純大 藤田宗久 松尾諭
脚本・監督
脚本:浜田秀哉
監督:兼﨑涼介

番組公式サイトより引用

連城は必要なかった!?

「相棒15」第16話に登場した弁護士の連城が再登場しましたね。

ちょっと変わった性格で、右京さんを評価している連城ですが、今回ははっきりって無駄遣いでしたね。

特に連城が必要な場面は無く、セリフもほとんどありませんでしたね。

「そう言えばこんな人がいたな」

と思いましたが、どんなキャラだったのか思い出せないまま終了してしまいました。

弁護士は別に誰でもよかったけど、登場人物の再登場が多い相棒ならではのキャスティングでしたね。

スポンサーリンク

幹子の父親はなぜ認めた?

今回、特命が新たに発見した証拠らしい証拠は、ゼロです。

代議士の秘書が119番通報したことで、幹子が階段から突き落としたことを知っていることは明らかですが、その場にいたという物証はゲソ梱(足跡)だけです。

それも誰のものかわからないゲソ梱でしたね。

さらに、幹子が自殺した直前に父親と合っていたことは確かですが、その場で2人が話した内容、家で2人が話した内容は全て右京さんの推論に過ぎないはずですよね。

しかし父親は一度も否定することも無く

「大義のためだ」

とか認めちゃってるし。

普通悪人ならしらばっくれるでしょ?

第6話の感想まとめ

大河内のラムネに気づいた嗅覚と、過去の恋人を想う気持ちを見抜いたことで冠城の鋭さが発揮されてましたね。

大河内と言えば、「相棒2」でゲイであることが発覚していますよね。

相手は警視庁刑務部の湊哲郎という男性。

既に亡くなっています。

同性愛は最近ではちょっと触れにくい話題なのか、あまり出てきませんけどね。

 

さあ、次回は右京さんのロンドン時代の相棒役で伊武雅刀さんが登場しますね。

昨日偶然「白い巨塔」を見ていて、伊武さんムカつくなあと思ってたので驚いています(笑)

一体どんな展開になるのか?

楽しみですね!

スポンサーリンク

 

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ