水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

民衆の敵 第5話 秘書望月のBL展開!犬崎と藤堂兄の関係は?

2017年11月20日

11月20日放送のドラマ「民衆の敵」第5話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

見逃してしまった方、過去のストーリーをおさらいしたい方はhulu(フールー)が便利ですよ!

 

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

佐藤智子(篠原涼子)は、犬崎和久(古田新太)に借りを作りながらも、岡本遼(千葉雄大)が提案した行き場のない子供たちを支援する子供食堂の創設を藤堂誠(高橋一生)ら、新人議員たちと協力して議決に持ち込んだ。
その後、智子は「ワーク・ライフ・バランス」という言葉を誠から教えられる。日本人は仕事を優先して休暇も取りにくい状況にあるということ。智子も平田和美(石田ゆり子)とそんな体験をしたばかり。駿平(鳥越壮真)たちの遠足に参加できなかったのだ。まず実践してみたらという誠に、智子はSNSに長期休暇を取ると書き込む。

そんな智子に男から電話が入る。男は手紙を読んでもらえたかとだけ言って電話を切った。智子はバッグから手紙を取り出す。手紙は市議会に汚職議員がいるという告発文だった。智子は小出未亜(前田敦子)や 園田龍太郎(斎藤司)に手紙の内容を聞いてみるが、2人ともそそくさと去ってしまう。
ランチを一緒にした和美にも、先ほどの出来事を聞く智子。和美は下手につついたら、智子たちにも火の粉が降りかかるので慎重に扱うように忠告。智子は和美に汚職の件を調べてほしいと頼む。
その夜、智子は落ち込んでいた。SNSでの長期休暇の書き込みが不評の嵐なのだ。公平(田中圭)は議員としてろくな活動もしていないのに当たり前、SNSへは市議として何をしたかを書いた方がいいと促す。すると、智子は汚職まみれの議員がいるとの告発を調べると書き込んで…。

番組公式サイトより引用

まさかのBL展開!終わったけど

川原田市長の私設秘書のモッチーこと望月が市長汚職の罪をかぶって自殺してしまいましたね。

ちょっとわかりにくかったですけど、今回の汚職ネタリークはモッチーの恋人のゆっくんが、汚職の証拠をモッチーからこっそり持ち出したことみたいですね。

ていうか、モッチーの恋人が男である必要性はなかったですよね。

なんとなく話題性のためにBL展開にもってっただけの薄っぺらい設定ですよね。

汚職の証拠をつかむために望月に近づいたのか、もともと恋人だったのかはわかりませんけど、汚職が発覚したあとパスポートを用意して

「遠くに行くんだ」

と言っていたことから、恐らく証拠をつかむために望月を利用しただけのようですね。

スポンサーリンク

犬崎と藤堂兄の関係は?

誠(高橋一生)に縁談を持ってきた兄は、あおば市の汚職事件の事を詳しく知っている風でしたね。

そして、誠は犬崎に聞いてみますが、犬崎は

お兄様は全て知っている

と意味深な発言。

全てって多分汚職のことだけじゃないですよね?

犬崎は議会を牛耳っているとはいえ、所詮市議なわけですから国政に関わる藤堂兄と対等ではないはずです。

ということは、藤堂兄の意向で智子を市長に担ぎ出そうとしてるのでしょうか。

何のために?

ていうか、誠自身も絶対まだ何か隠していますよね。

最終的には智子対誠という構図になるのか?

第5話の感想まとめ

ちょっと政治ネタが多いので、興味ない人には全く面白くないストーリーかも知れませんね。

私も政治に全く興味が無いわけではないけど、ちょっと途中よそ見したりスマホいじったりしながら見てるくらいなんで飽きつつあるのかも。

あおば市の解散、総選挙の流れなんかはこの間の実際の国政の再現のような雰囲気も出してますけど、もともと解散が決まる前からこのストーリーだったんでしょうから、たまたまなのか?

そんなこと考えながら見てました。

次回は誠と莉子がデートする見たいなので、そこは楽しみな感じですね。

誠が藤堂だと気づいている莉子がどういう風に振る舞うのか?

気になりますね!

スポンサーリンク

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ