水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

ドクターX5 第4話感想まとめ!人工知能がオペをする?

2017年11月2日

11月2日放送のドラマ「ドクターX5」第4話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

まさかの「日本医師倶楽部」の内神田会長(草刈正雄さん)の娘がオペをするなんて!
そのうえ、森本(田中圭さん)と婚約してるなんて、やるやん森本!

これは絶対に失敗はできません。
森本が主でオペをするけど、ここでも未知子(米倉涼子さん)が急遽 オペに参加をした。

でも森本はインオペに。未知子もそれに従った。内神田会長の娘やで?これはアリなん?

内神田は東帝大学病院をサラブレッドの集まりにしようとなんかを企んでるし。それを未知子に秘密にしてるけど、何を企んでる?
蛭間院長(西田敏行さん)も共謀してるし。

それと次回の予告では内神田の企みで人工知能がでてきて未知子と対決する?
いくら人工知能でも未知子には勝てないでしょ?

第4話ではこの二つを書いてみたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

 「東帝大学病院」の外科医・森本光(田中圭)は婚活パーティーに参加。そこで出会った女性と婚約する仲にまで発展する。その女性が後日、勤務中の森本を訪ね、大人気の結婚式場を予約できたと報告。ところが幸せ気分も束の間、森本の前で突然倒れてしまう! その場に居合わせたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、すぐ処置に当たるが、女性は重篤な肝臓がんを患っていると判明。「東帝大学病院」で手術することになったものの、自己再生できるギリギリの量の肝臓しか残せない状態で…!

 まもなく術前カンファレンスが行われるが、女性の名前を見た外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)は思わず固まる。女性の名は内神田四織(仲里依紗)――あの「東帝大学病院」の院長・蛭間重勝(西田敏行)でさえも頭の上がらない「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)と同じ、めずらしい姓だったのだ! もしや…と思った海老名はおずおずと四織に確認。すると、四織は内神田の前妻の娘であることを告白する。

 報告を受けた蛭間は、当然のごとく大慌て。自らの保身も含めて万全を期し、海老名と猪又孝(陣内孝則)、鳥井高(段田安則)の外科副部長3人によるオペを指示する。だが、四織は「森本先生以外の手術は絶対に受けない」と断言。四織の命を救いたいものの、自分の腕に自信がない森本は、未知子を助手に指名する。ところが、未知子は何度頼まれても「いたしません」の一点張り。しかも、やがて行われた手術の最中に、誰もが目と耳を疑う事態が発生し…!?

番組公式サイトより引用

内神田の仕組んだ企みとは?

いつものように、内神田は蛭間院長と食事をしながら秘密の話をしていた。
東帝大学病院にはサラブレッドしかいらない。

だからジャジャ馬は邪魔だ、とばかりに未知子の存在を排除しようとする内神田。
内神田の言葉に蛭間は うなずいて聞いていた。

 

内神田のプライベートがちょっとわかった。
バツ2で、今の妻は3回目みたいやん?

えらいモテモテやなぁ。ってか、草刈正雄さんやし モテるのわかるけど。

仕事では鬼のように厳しいけど、女関係はそうではないみたいやね。

案外 メチャメチャ優しかったりして?
イヤきっと優しいんやわ。優しいに決まってる、だって草刈正雄さんやで?

仕事では厳しく、プライベートでは優しくとメリハリが効いてるんじゃない?そこがモテる理由よ。

その内神田は毎回 蛭間相手に企みを話してるけど、何を企んでるのか?
どうやら 人工知能を搭載して大学病院の名前を上げようとしてるみたいね。

ということは、人工知能を活用して患者の診察もしようとしてるんやろなぁ。

その結果を見て医者はオペの内容を検討するのかな? そのうち 人工知能がオペもしだすようになるやろなぁ。

内神田は大学病院をもっと有名にしようとしてるをやろうけど、たしかに話題にはなるよ。

でも、人工知能も機械だし 間違える事もでてくるのでは? それに、話題にはなってもスキルはアップしないでしょ?

だって診察も何もかも人工知能に任せれば人間は要らないってことやん。
そのうち、人工知能が病院を運営するようになるわけよ。

問診って患者と医者の信頼関係を築く上では大事なことやと思うのに、それも人工知能が行うとなったら 医者はいらんってこと。

内神田は そこらへんは考えてるのかしら?
見た目は良いアイデアかもしれないけど、医者からは反感を買うだけやと思うけどな。

まぁ、そんな事でビビる内神田じゃないけどね。

スポンサーリンク

人工知能は未知子には勝てない?

内神田の企み通り、東帝大学病院に人工知能が取り入れられるが、機械に診断を任せるのは無理があると、難色を示す医者もいた。

人工知能での症例を出すために未知子にオペを任せようとするが未知子はオペをしない、と言う。

 

人工知能って自分で考えて答えを出す事が出来るんよね?確か?

いくつか診察とかしたら もう医者よりも正確だったりして。いろいろ考えられる病気から一番可能性が高いものを選ぶわけやから、症例さえインプットしとけばバッチリ。

ただ、医者はサービス業やもん。
そんなコンピュータばかりに頼ってたら患者との信頼関係がこわれてしまうやん?

それでも人工知能は話題作りやと思うし、
疲れないから 病院に取り入れるのも気持ちはわかるよ。

でも、それでいいわけないって。
だって、未知子みたいに患者の様子、言ったこと、データー、全てのことから病名を絞り出して行くんやから、やっぱり人間同士の問診は必要やん。

データーだけの人工知能には限界があると思うよ! それに、機械だから壊れたら違う病名を言う可能性もあるわけやん?

壊れても気がつかないかもしれないしね。
機械に頼ってたらスキルは上がらないから。

オペの細かい部分って、絶対に人工知能には出来ないから。

人間同士の信頼関係、これは人工知能には無理。未知子も患者との信頼関係はもう一つやけどね。

でも、”わたし、失敗しないので”。
この言葉は患者の信頼を一発で掴み取る言葉やと思うけどなぁ。

人工知能にも言わせてみれば?
“わたし、失敗しないので”。

第4話の感想まとめ

内神田の娘だと思っていた四織(仲里依紗さん)が結婚詐欺? 内神田って苗字はたまたま偶然一緒やっただけって?

また上手いこと、それを利用したなぁ。
結婚詐欺だったなんて、全く予想が出来なかったわ。

私はてっきりお腹に赤ちゃんがいるもんだと思っていたのになぁ。

残念な事に森本は結婚出来なかったね。
最後のシーンではショックで倒れてしまってたやん。

そりゃ、将来は日本医師倶楽部の会長のイスが手に入るかも?と期待もあったやろうから、真っ逆さまに転落やん。

そりゃ、気絶もしますって!
それに、みんな騙されて ホンマに権力に弱いのがみえみえで 情けないわぁ。

森本は、もともと地方の総合病院の跡取り息子なんやから、家を継いだらよいだけやん。

ただ、オペの技術は全くやからなぁ。
残念なイケメンが ここに一人いますよ。

それに、原守(鈴木浩介さん)とのコンビは いつのまにか お笑い方面にいってるようで、これはこれで楽しいもんだ。

第4話でも原先生と いい感じの掛け合いで楽しく見させてもらいましたよ。

これも、鈴木浩介さんがいい味を出してるから田中圭さんもやりやすかったりして。

相変わらず未知子には名前を覚えてもらえず、”きんちゃん”と呼ばれてボヤいてたけど、いつのまにか”きんちゃん”で反応してしまってるもんね。

何のドラマに出ていても鈴木浩介さんはいい味を出してるから、もっと鈴木浩介さんをプッシュしてほしいわ。

第5話は鈴木浩介さんの面白いシーンにも注目していきたいですよね。

スポンサーリンク

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ