水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

相棒16 第1話の感想まとめ!緊張感がハンパなくて面白い!田臥はどうなる?

2017年10月18日

10月18日放送のドラマ「相棒16」第1話「検察捜査」のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

ついに始まりましたね!相棒シーズン16!

今回も反町隆史演じる冠城亘が相棒です。

第1話では歴代の妻を殺害した容疑がかけられている平井の捜査をきっかけに、右京さんを失脚させたい法務省の日下部が部下の田臥を使ってあれこれ仕掛けてきます。

毎度のことですが初回なのでほとんどストーリー的には進んでいませんが感じたことを書いて行きたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

自身の妻を相次いで殺害した連続殺人事件の容疑者である大富豪の平井(中村俊介)が、弁護士の慶子(中村ゆり)を通じて警視庁を告訴した。自分は無実で、右京(水谷豊)や亘(反町隆史)らの脅迫によって自供を迫られたというのだ。特命係に敵意を抱いている法務事務次官の日下部(榎木孝明)は、旧知の検察官・田臥(田辺誠一)に、東京地検で告訴状を受理するよう指示。狙いは、脅迫罪の立件ではなく、「特命係を違法捜査で立件する」というものだった。密命を受けた田臥は、特命係を訪れると共に、美彌子(仲間由紀恵)や幸子(鈴木杏樹)にまで事情を聞き、ジリジリと包囲網を狭めていく。いっぽう、その状況を知った副総監の衣笠(大杉漣)は、かねてから敵視している峯秋(石坂浩二)を、特命係もろとも葬り去ろうと謀略を巡らせていた。
特命係を潰すために動き出した権力者たち
組織内で孤立無援となった右京と亘は
包囲網をくぐり抜け、連続殺人事件の真相を解明できるのか!?

ゲスト:田辺誠一 中村俊介 中村ゆり 芦名星
脚本・監督

脚本:輿水泰弘
監督:橋本一

番組公式サイトより引用

特命が違法捜査で立件される?

捜査権が無いのに捜査をしている特命係の2人を陥れるために田臥は指揮権を執って再捜査を捜査一課に命じました。

そこに右京さんたちがしゃしゃり出てきたら、立件するという思惑のようですが果たしてそう上手くいくのか。

なんせ相手は右京さんですもんね。

甲斐峯秋の鶴の一声で捜査権を得るのか?

伊丹、芹沢を利用するのか。

一体どんな手を使って捜査を続けるのか?

楽しみで仕方ありませんよね。

スポンサーリンク

組織内のいざこざがメイン?

法務省からの疑惑を利用して甲斐を消そうとする副総監の衣笠。

特命の指揮権を甲斐に任せて、特命が立件された責任を甲斐にかぶせるつもり満々です。

甲斐はもちろんそんなことはお見通しで、終始笑顔で火花を散らす2人が不気味でしたよね。

でもここ最近この手の警察内部のゴタゴタが多い気がしてちょっと食傷気味です。

前からだと言われればそれまでですけどね(笑)

大杉連さんが出てきてからちょっとくどい気がします。

第1話の感想まとめ

やっぱり相棒面白いですよね!

右京さんと冠城の信頼関係も確立された感ありますし、これまでの積み重ねでいろんな登場人物を使えるという強みがあると思います。

しかし、今回初めて”刑事ドラマ”として「相棒」を見た視聴者はおそらく全く展開が理解できないですよね?

これも毎度の事かもしれませんが(笑)

次回第2話でどうやら平井の事件は決着が付きそうですが、

田臥がどうなるのか?

今後も淳レギュラーとして定着するのか?

そんなことが気になります。

スポンサーリンク

 

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ