水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

ドクターX5 第1話の感想!伊藤(野村周平)の態度が生意気!

2017年10月12日

10月12日放送のドラマ「ドクターX」シーズン5 第1話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

待ってました、大好きなドラマ!
”これは一匹オオカミの女医の話である”
このナレーションを聞いたらゾクゾクする。

”わたし、失敗しないので!”と言い切ってしまう大門未知子を演じる米倉涼子さん、もう女が惚れてしまうくらいカッコイイ!

なんであんなにカッコイイの?
周りのオトコが 霞んで見えてしまうわー。

「黒革の手帖」も「35歳の高校生」も良かったけど やっぱりこれですよ。

東帝大学病院を舞台に、今度はどんな風にブンブンやってくれるのかな?
早速 未知子の前にはミス・クリーンこと東帝大学病院初の女性院長、志村まどか(大地真央さん)が現れ、未知子を東帝大学病院で雇うことにする。

志村まどかが未知子を雇う目的は一体?
未知子にとって まどかは敵か味方か?

前シリーズで失脚した蛭間重勝(西田敏行さん)が なんだかチラチラ出てるんやけど、またなんか悪い事を企んでる?

相変わらずお金を湯水の様に使い 姑息にコソコソしてるんですけど、また復活しようとしてるんやろうなー。

ということで、初回はこの二つについて書いてみたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

絶景の露天風呂へ足を運んだフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、路線バスに乗車。ところが峠道を走行中、運転手の車田一久(松澤一之)が意識を失い、心肺停止状態に陥ってしまう。慌ててバスを停めた未知子は、車田を蘇生させようとするが、反応は皆無…。偶然通りかかった“謎の女”の助けを借り、医師がひとりで切り盛りする麓の病院へと運び込む。その医師とは、かつて未知子に憧れ、医局を飛び出した外科医・森本光(田中圭)だった! 未知子は森本を助手にして、スピーディーなオペで救命処置を行う。だが、ここは手術室もないような小さな病院で、根治させるためのオペは不可能…。未知子は、近いうちに再度オペをすると言い残し、病院を後にする。

 一方、「東帝大学病院」では初の女性院長・志村まどか(大地真央)が、クリーンな医局を取り戻すべく、大改革を推し進めていた。その「東帝大学病院」に、なぜか未知子が出現する! 実は、まどかこそは先日出会った“謎の女”…。彼女は最新設備の整った「東帝大学病院」でオペをするのが最善策だと判断して、車田を転院させ、未知子を「東帝大学病院」で雇うことまで決定する。

 まもなく、車田の術前カンファレンスの日がやって来た。だが、まどかは何を考えているのか、執刀医から未知子を除外。アメリカにいる心臓外科の世界的権威ジャイケル・マクソン教授(ブレイク・クロフォード)に、手術支援ロボットを遠隔操作して執刀するよう依頼した、と発表し…!

 その矢先、トンカツ店を訪れた未知子は、目の前で倒れた有名ジャーナリスト・一色辰雄(升毅)を「東帝大学病院」に搬送する。だが、これが“とんでもない事態”を招き寄せ…!?

番組公式サイトより引用

東帝大学病院院長、志村まどかは未知子の敵だった?

バスの運転手、車田が心肺停止で救命にあたる未知子は謎の女性の協力で 麓の病院に運ぶ。しかし、小さい病院で満足のいく手当てが出来ない。

未知子は近いうちに必ずオペをする、と言って病院を後にする。謎の女性はそんな未知子の姿を見ていた。

いきなり蛭子能収さん?それで愛人になって、とかある? こんなん プライベートじゃ絶対に言えないわ、セリフでも言えて良かったね〜。

で大地真央さん登場!黒のサングラスに赤のスポーツカーとは いかにもじゃない?

大地真央さんって このパターン多いよね?
人に媚びず、自力で上がってきた意識高い系って感じがプンプンしますやん。

かなり 優秀な医者だと見た。未知子と どっちが優秀なんやろ?患者の為の医療という点では未知子と同じやけど、まどかは 権力にホンマに惑わされない人物かが問題。
患者ファーストを実現とは 今どきやなぁ。

後日、東帝大学病院に謎の女性がいた。この病院初の女性院長、志村まどかだったのだ。
まどかは腐敗した大学病院を改革すべく院長としてやってきたのだ。

そして車田を転院させる。
未知子が東帝大学病院に現れた。まどかは未知子の処置を見て 雇うことにしたのだ。
ところが車田のオペに未知子は指名されず、代わりにアメリカの心臓外科の権威と言われる教授に執刀させることにした。

特技、手術。趣味、手術。
未知子の履歴を見て、”こういう医者が一番タチが悪い”とため息か。

媚びない、惑わされない、それにスキルは一流だから雇ったのと違うの?

媚びないけど、自分の言う事には従ってほしい?そりゃそうだよねー。

だって自分は院長やもん。病院改革にも賛成してもらわないとアカンやん?

遠隔オペから開胸手術になり、まどかが執刀するが、途中で未知子が腫瘍を取り切った。

後日、まどかと一色の略奪不倫のスキャンダルが週刊誌に載ってしまう。騒然とする病院内。まどかは未知子に励まされる。するとそこに一色の妻が現れ まどかに平手打ちをした。

まさかの不倫?今どき不倫は絶対に命取りになるパターンやん。

どこから情報が出た?
後任の院長に蛭間さんがなったという事は 出どころは蛭間サイドやな?

キス写真も病室の中から撮ったとしか思えないアングルやったしね。

まどかを失脚させるには 不倫は絶好の材料やもんな。

蛭間なら やりかねん。カネにもの言わして撮ったに違いないよね。

すごい執念。参りました。
不倫を暴かれたまどかは失脚したけど、最後で未知子とおしゃべりしてる姿は普通の女同士の会話やったなぁ。案外 未知子を敵だとは思っていなかったのかも。

スポンサーリンク

蛭間院長が未知子を雇った理由は

志村まどかが一色と不倫していたのが、週刊誌に載ってしまい スキャンダルが発覚。

まどかは失脚し東帝大学病院から去る事になった。その後釜には、前院長 蛭間重勝が返り咲く。そして、未知子は蛭間に雇われる事になった。

待ってましたとばかりに院長になったけど、全て仕組まれてるわ。

蛭間が院長になる為に、志村の事も調べてたんやろうなぁ。蛭間に都合がいいように出来すぎてるもん。

ワイロ大好き、権威大好き、ゴマスリしまくり、こんなオヤジがまた大学病院を悪くするのかと思ったら 医者も育たないわ。

西田敏行さんの合間 合間のアドリブは笑えるし、西田敏行さん自体は好きなんやけどなぁ。

で また秘書に若いキレイなおねーちゃんがついてたし、第二秘書はまさかのロボットってどういうこと?

嫁には相手にされないから ロボットに相手になってもらうのかも。

癒しアイテムには ちょっとね…

未知子と晶(岸部一徳さん)がエレベーターを待っていると中から日本医師倶楽部会長、内神田景信(草刈正雄さん)が現れた。

晶は内神田を見て、ハッと気がつき内神田も晶を知っている様な感じだ。
内神田は ドクターXは医療界のガンだと言い、蛭間も医者達に 大門を潰せ、とささやいたのだった。

草刈正雄さん、悪い役やん。
蛭間とグルになって、未知子をつぶす計画を立ててる。

だから未知子を雇ってつぶすわけや。
どうやって 潰す? オペをやたらとさせて失敗させる?過労死するまでとか?

けど、これはダメやと思うよ。未知子はオペがしたいんやもん。すればするだけスキルが上がるし、今まで過酷なオペもしてきてるから、この方法は無理やね。

一番 いいのは逆にオペをさせない。当然 何も仕事をさせないのがいいかも?

外来患者だけを見させるとか?
で、あとは他の医者が担当になるのよ。

潰すなら何もさせない。うん、これが一番 未知子にとったらこたえるやろうね。

初回の感想まとめ

初回からドロドロの医者の争いがあって、ドラマながら この病院は相変わらずやな、と思ってしまった。

こんな病院、かかりたくないわぁ。
幸い 受診する病院の医者は ホンマにまともで良かった。

蛭間院長が返り咲いて また悪い慣習になってしまうみたいやけど、今度は これにゆとり世代が加わって また ややこしい事になりそうじゃない?

ゆとり世代の若手医師は 御意!なんて言わないし 当然 院長回診もすっぽかし。

マイペースで 一見未知子と同じ様な感じだけど、根本的なとこが未知子と違うからね。

未知子は患者の為、と常に考えてる。
ゆとり世代は患者第一じゃなくて、自分が一番でしょ?

そのゆとり世代の若手医師、伊藤(野村周平さん)の態度がオレ様みたいで生意気やわー。

伊藤の母親も子離れが出来ていない感じだし、鼻持ちならないわ。

母親は病気みたいだけど、治療を拒否してるみたい。息子が主治医になっても治療を拒否とは なんでかなぁ?

親を親とも思わず、単なるオペの練習台くらいしか感じていないとか?

でも 口で言う割にはスキルが伴わないから親は分かっているから拒否してるのかも。

ホンマに未知子にガツンと言われて自分のスキルのなさを自覚しろって。

未知子がゆとり世代をやっつける、これを楽しみに来週も見ましょう!っと。

スポンサーリンク

-テレビ
-