水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

母になる 第8話 感想 電話に出た女の子は誰?

2017年5月31日

5月31日放送のドラマ「母になる」第8話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

結衣(沢尻エリカさん)と麻子(小池栄子さん)の対決も面白かったですよね。

目が釘づけになって やっぱり号泣!
第7話の対決は結衣の勝利だったわぁ。

で最後に出てきた愛美(大塚寧々さん)が育児放棄をしているみたい。

亡くなった友達の母親の姿に木野(中島裕翔さん)は 憤りを感じて…と木野が第8話ではメインみたいよ。

ちゃんと愛美と子供を救えるのかな?
それとここにきて広に恋バナ 勃発!

幼なじみの繭(藤沢遥さん)から告白されるけど、広には他に気になってる女子がいるようで…

そんな感じの女子なんか居た?全く 誰かわからないですけど?

第8話ではこの二つについて書いてみたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

結衣(沢尻エリカ)の元に、自分と広(道枝駿佑)のことが記事になるかもしれないと麻子(小池栄子)から電話がくる。もし2年前の事件を広が知ってしまっても、今は嘘をついてほしいとお願いされて困惑する結衣。

そんな中、麻子は愛美(大塚寧々)が柏崎オートに取材目当てで近づこうとしていると知り、あとをつけて行く。しかし、その先で見たのは、育児放棄状態で部屋に放置されている愛美の息子、リュウ(間中斗環)の姿だった。

木野(中島裕翔)は、今は亡き親友の母の行動にショックをうけ、愛美を問い詰める。ところが全く悪びれない様子に木野は…。

一方、2年前の事件を広に話すべきか迷う結衣と陽一(藤木直人)は、昔、広が麻子とよく行ったというお好み焼き屋を訪れ、自分達の知らない広の話を聞く。そこには未来への大切なヒントが隠されていた。
同じ頃、広は繭(藤澤遥)から好きだと告白される。しかし心の中には別の女の子の存在が…。

番組公式サイトより引用

亡き幼なじみの母親に木野は…

柏崎オートに実は取材をしようと目論んでいた愛美。その愛美の愛車からは子供の服やゴミが詰め込まれていた事を陽一(藤木直人さん)や結衣は気にしていた。その状況を木野にも知られてしまった。

フリーライターと喫茶店で話す愛美。
麻子はひょんなことから愛美が取材目的だと知り、後をつける。
すると愛美のアパートで見たものは育児放棄でほっとかれている愛美の息子、リュウ(間中斗環さん)の姿だった。

麻子は木野に連絡して一緒に部屋に入る。亡くなった友達の母親がそんな事をしていることにショックを隠せない木野だった。

木野は愛美に育児放棄している事を問い詰める。父親は子供に無関心。初めは本当の母親が育児放棄して出て行ったらしい。
自分は自分なりに精一杯している、と正当化する愛美に木野は同じ事をまた繰り返している、と責める。

本当の母親が帰ってくる事を待ってる、本当の母親にはかなわない、そう言う愛美に木野はどんな母親でも嫌いにはなれない、と言う。

木野は最低な母親がいる、と言えばよかった。そうすればかんちゃんは助かったかも。
ずっと後悔してる、泣きながら愛美を責めた。

汚い部屋で一人 留守番をしているリュウが 哀れやった。

それなのに愛美は全く育児放棄してる事も平気みたいで信じられへん。自分なりにやってるとか言ってるけど、全くしてないやん。

自分なりにとか自分が一番やんか、ムカつく!いくら旦那の連れ子とは言っても子供は子供や、責任持てよ、アホか!

木野が最低な母親、って言ってたのホンマに最低な母親やと思うわ。

ホンマの自分の子供を死なせてるなら 学習しろよ、今度はちゃんと育てようとか考えないのか?

母性が初めからないのかなぁ、大塚寧々さん 好きやけど、この役にハマってて なんかムカつくわぁ。

リュウは施設で保護する事になった。愛美は木野にかんちゃんの時の子育てしている時の事を話す。離婚してもちゃんと子育てしてた事、一つ崩れたら 全部が崩れていったこと。

ひどい母親だと愛美は木野に言うと、木野は自分をダメだと思うことから始まる、母親はやり直しがきく、と愛美を励ました。

木野はさすが児童福祉司、ちゃんとリュウを保護した、よかった〜。

愛美には最低の母親だと言ってたけど、やっぱり友達のお母さんだもんね、きつく接することもなく ちゃんと話を聞いてあげて 木野を演じてる中島くん 大人な感じ?

きっと平成産まれだからまだ20歳代なんやろうけど、しっかりしてるわ。

端整な顔立ちだから 余計に落ち着いてる感じがピッタリよ。

セリフとはいえ、友達のお母さんにも ちゃんとやり直しがきく、とかちゃんとしてる。

こんな風に言われたら 歳下なのに頼りたくなっちゃうもんね。

すっかり大人な演技で 児童福祉司になりきってるとこ、これから中島くんはまだまだ伸びしろがあるよ、って親になった気分。

スポンサーリンク

広の気になる女の子とは?

広は自分のばあば、里恵(風吹ジュンさん)を見ていて、昔 麻子と行ったお好み焼き屋さんの”ヨシさん”というおばあちゃんを気にしていた。

結衣と陽一はお好み焼きを食べに行く。店主に広の事を聞くと思い出して留守だと言った。

目上の人にはちゃんとする、ケチャップが隠し味、算数を教わった事など。

広が気にしていたのはまさかのヨシさん??
嘘やろ?単なる お世話になったおばあちゃんやんな?

ここまでで女の子の影は全く見えてこない!
どちらかといえば、広はまだまだ恋には縁がなさそうな雰囲気じゃない?

不幸な生い立ちで恋どころの騒ぎじゃなかったしなぁ。だれやろ?

もしかして麻子か?女の子と見せかけて やっぱり麻子が恋しかったりして?

可能性はないことはないなぁ、麻子と 裏で繋がってても納得するもん。

ただ、麻子は広が柏崎家に来てからの事は全く知らないみたいだから、裏で繋がっている事はないか?

幼なじみの繭は広が柏崎家に戻り、明るく元気な広の姿にいつしか惹かれていた。

文具屋さんで繭は広と出会う。しかし、すぐに追い払われてしまう。繭は思い切って広に好きだと告白する。

言われても広は全く気にしないで、ありがとうね、とサラッとかわす。その態度にガッカリしてしまう繭はトボトボ帰っていった。

いきなりの告白、一体どうした?
繭ちゃん 告白しようと考えてたわけじゃないやろうけど、広が追い払って邪魔にしたから勢いやったんやろなぁ。

けど撃沈やん、それも驚くこともなく 全く気になってない感じで お礼を言うだけ。

そのお礼も全然 気持ちはこもってないし。
それよりも 誰かを待ってるの丸わかりやん。

繭ちゃんのせっかくの告白も 無駄やったわけや、残念。

っていうか、そのタイミングじゃないわ、繭ちゃん 踏んだり蹴ったり。

それにしても広が繭を邪魔にしてまで待ってる女の子は誰なんやろ?

広は携帯電話を一生懸命 操作していた。写メを撮ろうとするが陽一に呼ばれてしまった。
麻子の事を話すが、あっさり受け入れられ すぐに部屋に戻り、また携帯電話をいじりだした。

広が学校に来ていない。担任からの電話で結衣は驚く。側にいた麻子も連絡を取ってみるし結衣も連絡をとる。折り返し かかってきた電話からは女子中学生の声でだれですか?と。

そこにジュースを買って戻ってきた広。
広はキョトンとした顔で見つめていた。

おっと、ギャルやん、ものすごいギャルじゃないけど 電話でだれ?と不躾にもの言うくらいのギャルやん!

広さん、結局あなたもギャルが好きなんやね ちょっとガッカリしたわ。

普通の繭ちゃんみたいな可愛い子を好きになってほしかったわぁ。

それも制服着てたから違う学校の生徒かな?
学校をサボって広にジュースを買いに行かせて。

もう広が尻にひかれてるのは間違いないな。
きっと気がキツイんやろなぁ。

自分の子供がギャルと付き合ったら 絶対に阻止するわ。

結衣と麻子がアタフタしてるのは これは笑えた。子供の恋愛は二人とも初めての経験やもんね。

変なとこで 親近感が湧いてるみたい。これはギャルに振り回される予感がする!

第8話のまとめ

木野の友達も亡くなってしまった時にも愛美は家に居なかったんだよね。

もっと早くに見つけていれば助かっていたかもしれない、と後悔しているように見えたのに、また育児放棄をしているとは…

だいたい 根本的にこの愛美は育児には向いてないわ、ってか結婚が向いてないと思うわ。

そのくせ男にはだらしがないから、すぐに 男と一緒になってしまって子供ができて、とまぁ悪循環なわけで。

自覚もないから、結局また同じことの繰り返し。麻痺してるのか全く罪悪感もないし。

こんな女、一番タチが悪いし大嫌いやわー!
子育てしないで自分の子供じゃないとか言うくらいなら離婚しろ!

愛美も旦那もリュウの本当の母親もみんなクズやわ。

広が気になってる女子はギャルやったわけだけど、二人の母親は 広の恋愛に二人ともが頭を抱えるの、もうなんだかんだで けっこう気が合ってるんじゃないの?

相手のギャルが歳上らしい、とそれだけでガックリしてるんやもん。

これは年頃の子供を持てばよくある、アルアルネタなんやけどね。

今まではハードな話だったけど、第9話からは 麻子と結衣が 反発し合いながらお互いに広の母親で成長する的な話になるかも。

広の彼女で出てくるギャルにも注目してみたいですよ。

スポンサーリンク

-テレビ
-