水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

母になる 第7話 感想 麻子と結衣の直接対決の結末は?

2017年5月25日

5月24日放送のドラマ「母になる」第7話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

柏崎オート、修羅場となるかもしれんねー。
麻子(小池栄子さん)を従業員として雇う事になったのだから。

麻子の過去も受け入れて雇う事にするんだから結衣(沢尻エリカさん)も度胸あるわぁ。

周りがヒヤヒヤするって!何より広(道枝駿佑さん)が複雑な気持ちになるやん。

二人の母親に気を使ってさー、そうでなくても人の顔色を伺ってきたのに 家に帰っても気を使って なんか板バサミやわ。

第7話では結衣と麻子が食事をするのだけど、円満にいく?それとも対決する?

この直接対決、怖くてゾクゾクするわー!
間に結衣のママ友、莉沙子(板谷由夏さん)が入るけど莉沙子もイヤやろなぁ。

何かあった時 うまく治めることは出来るのかなぁ?その莉沙子も実は自分の家庭で悩んでるのに…

その莉沙子が悩んでる事は母親か仕事か?

今回はその二つについて書いてみたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

麻子(小池栄子)と話し合うため、一緒に食事をする場を設けた結衣(沢尻エリカ)。 同じ母親としてわかりあいたいという結衣を木野(中島裕翔)は心配するが、陽一(藤木直人)と広(道枝駿佑)を釣りに送り出した後、麻子を家に迎える。
麻子は、里恵(風吹ジュン)から結衣達が今までどれだけ苦労をしたかを聞かされ、低姿勢で謝罪する。結衣も麻子の身に起こったことを考えると責める気持ちはないと、謝罪をうけいれる。しかしその場がうまくおさまるかと思ったその時、無意識に発した結衣の一言で、麻子の態度は豹変し、壮絶な戦いへ。

一方、二人の間に立ち会っていた莉沙子(板谷由夏)も、悩みを抱えていた。西原教授(浅野和之)から、自分が母の代わりをやるので母親業をやめていいと宣言されたのだ。思う存分仕事をしていいと言われ戸惑う莉沙子だったが…。
そんな中、広達と一緒に釣りに行った木野は、柏崎オートで意外な人物と運命的に再会する。

番組公式サイトより引用

結衣と麻子が直接対決!

麻子と二人で食事をしながら話をしようと陽一(藤木直人さん)と広を釣りに行くように勧める結衣。

木野(中島裕翔さん)は大丈夫か心配をするのだが、同じ母親として理解し合いたいのだ、広の為なら何だって出来る、と言われ 心配しつつも結衣のする事に同意する。

結衣は麻子とお互いの立場をしっかり確かめておきたいらしい。

父親との関係は最初からスムーズにいってる。麻子とは揉めたくない。だからこれからの関係を確かめておきたいのだ、と言う。

麻子は里恵(風吹ジュンさん)から広を失ってからの結衣が苦労して来たことを聞いていたので低姿勢で謝罪するし、結衣も麻子の身に起こったことを知っているから 責める気持ちはない、と謝罪を受け入れる。

こわ〜、ホンマこわい。なんやこのシーン、
言葉は柔らかく言ってるけど、結衣は自分が母親だと必死やな。

言葉の端々にでてるもん。自分が母親だし麻子は安心して手を引いて、って言ってるみたいやわ。

でも結衣がそう言うの分かる!

被害者家族が悪い事したみたいな扱いを受けるような事になってしまった結衣達はホンマにかわいそうや。

世間は どうしていても陰口を叩いて、それにも耐えているんやもん。それくらい言っても不思議じゃないわ。

こんなに世間からひどい仕打ちを受けても麻子に歩み寄るのなんて ホンマに出来ない事よ、私には無理!

なんとかその場が丸く収まるかと思いきや、何気なく結衣は”子供が出来なくて可哀想に”と言ってしまう。するとその言葉を聞いた麻子の態度が一変。

柏崎オートで仕事をしてもいいのか、確認して さっさと帰ろうとする。その態度に結衣も怒りをあらわにしてしまう。ちゃんとホントの事を話しましょう。と結衣は迫る。

なぜ柏崎オートで働きたいのか?広がいるからか。本音を言って!と結衣は問う。

私は甘やかしたり媚びたりしません。私の方が母親にふさわしいと思ってます。靴を脱いで揃えたり、掃除も洗濯もお好み焼きもちゃんとする。私がしつけたからだ、父親と上手くいってるのは私がしつけたから。

私が育てた日々があの子の笑顔を作ってる、と麻子は強く言う。一番嬉しかったことはあの子がいる事で、子供を産まないんですか?と言われなくなったこと。あの子を手に入れた事で初めて自由になれた、麻子は本音をぶちまけた。

結衣は幼稚園の頃の事を話す。胸がキュンとなる事、愛しい、だよ。一生懸命言うあの子は可愛かったでしょ?私が産んだの。

あなたは何もわかっていない。広を抱きしめてたとき、私はひどいバッシングを受けてた。私が思ってた事、広が生きてる事、それだけを願っていた。あの子を産んだ母親だから。涙ながらに言う結衣だった。

頭がクラクラしてきたわ、チカラが入って肩が凝ってしまったし。

この結衣と麻子が本音をぶつけ合うシーン、
怖いし泣けるしで ガン見しました、はい。

まずは麻子が本音で自分の方がふさわしいと言った。ちゃんとした子供に育てたからだと。その上で 甘やかしたり媚びたりしている結衣を非難してきた。

うーん、いきなり直球できたなぁ。
育ての母親が言う事やわね〜、ちゃんと育てた、ってことを。広は確かにちゃんとしてるもんね。

けど、次からがアレアレ?って感じたわ。
陽一と上手くやれてるのは 目上の人に対してちゃんとするようにしつけたからだって言ってたけど、それなら結衣だって目上やで?

広に父親が居たら陽一は父親とは見えないのと違う?結衣に対してとった行動みたいに。

麻子には旦那が居ないから 従って広には父親は居ないでしょ。だから 父親にはスーっと入れるのよ。

そして、一番嬉しかったのが 広がいるから子供を産めと言われなくなった事、ってオイ!

結局 自分かい!自分が一番やな、広の為じゃなかったってことやろ??

それに比べて結衣はただひらすら広が生きているかだけを祈ってた、自分の事よりも広を一番に考えてるねん。

これを聞いて もう結衣が勝った!と思ったね。麻子の負けやで、これは結衣には勝てんわ。

広が帰ってきて結衣の誕生日だということで、結衣が楽しみにしていた発表会のチュー太の大冒険のダンスを陽一、木野と一緒に披露した。

幼い頃を思い出し涙する結衣。麻子は広との思い出を思い出しながら帰っていった。

結局、麻子が柏崎オートで働く件はなくなった。

酔い潰れて結衣と陽一の家に泊まった木野。

するとお客がやって来た。車を見てもらった女性、”カンマキ”の名前を聞き木野は驚いてしまった。

かんちゃんのお母さんですよね?亡くなる前にジュースを奢って貰うはずだった。

と木野は話しかけた。そのカンマキという女性の子供は悪い友達とチキンレースをして亡くなってしまい、発見したのが木野だった。

再婚するの。一生懸命母親をしている、と三人目の子供の写メを見せてくれた。

二人を見送った結衣は陽一にカンマキの車のトランクの中を見せられる。

そこにはゴミや子供服がびっしりと入れられていた。

麻子が帰った後で広達が帰ってきてセーフ。

顔を合わしたら どうするねん、と思ったけど

広が動揺するような事は結衣はしないわね。

チュー太の大冒険を三人でダンスするのは ないやろ〜、と失笑やったけどね。

いくら小学生とはいえ、小6やで?
多感なお年頃やで?する?それも木野も一緒にするか?

ジャニーズとはいえないダンスの下手さ。
わざとか?わざとやろ?

その木野の秘密もわかっちゃいましたね。
同級生が奢ってくれたはずのジュース代やったんや、で、そのかんちゃんは亡くなってしまった。

仲がよかったんやろなぁ。あの110円の御守りはジュース代やったんや、木野が児童福祉司になったのは それが影響してるのかもね。

かんちゃんの母親は かんちゃんに対してネグレクトだったみたいだけど、トランクの中をみたら まともとは言えないよね?

まだネグレクトやってる可能性はあるなぁ。
木野が苦悩するのが目に見えるようやわ。

こんな事はドラマの中だけの話じゃないよね、アルアル話だから 気が滅入るわぁ。

スポンサーリンク

莉沙子は母親を辞める?

莉沙子はキャリアウーマンでヘアメイクをバリバリやってるけど、子育ては自分の時間が削られてしまってるのを悩んでいる。

子供を産んで母となっても、”良い母”ではない、という思いばかりが頭にあった。

ある日、夫の西原教授(浅野和之さん)から大学の授業を少なくして仕事を自宅でする事を決めた。君には母性がない。自分が母親業をするから、莉沙子には母親を辞めて思う存分 仕事をしてもよい、と言われる。

かねてよりの希望だったわけだが、いざ言われると 戸惑ってしまい、結衣に相談する。

結衣と麻子の間に入って緊張してしまう。
しかし、結衣と広が上手くいってる、と麻子に告げる。

莉沙子は帰ってから娘に広が居なくなっても母親だった、ずっと母親だった、と。
西原が母親になり、莉沙子が母親を辞めるのだと娘は言ったが、莉沙子は母親は辞めない、と娘に言った。

ちゃっかり娘のママ友と仲良くなってライン友達になってる西原さん、アクティブ!

以前から思ってたけど、この西原教授 けっこうお茶目、ってか子供みたいで無邪気。

娘とも仲がいいみたいだし、大学の先生だから世間にうといのかと思ったら大間違いやったわ。

この人なら母親がやれそうやな、ってか案外 娘にもうまいこと手伝わせてやっていきそうなんですけど?

ちゃんと莉沙子が母性がないことを見抜いてるし、サッサと自分が母親になると決めたのは よい旦那さんやん。

私なら大歓迎、といきたいとこだけど、莉沙子は最後で結衣が母親として広が居ない時でも生きてきたのに感化されて 母親は辞めないって宣言したし。

感化されて 簡単に言っちゃっていいのかなぁ、その時の感情だけで決めて後悔しそうなんですけど。

西原教授が言ってくれてるうちに仕事に打ち込んだ方がいいような気がする。

今どきなら反対夫婦は多くはないけど いるんだから気にせずにしたらいいのになぁ。

私なら子育てよりも仕事をする方がなんぼかいいわ、人間を育てるのってホンマに大変やもん。

第7話の感想まとめ

結衣も麻子も二人とも広の事を誰よりも思っているから、こればかりは譲れないよね。

どちらが母親とか決められないけど、私は ここは結衣に任せてほしいわぁ。

麻子の気持ちも分かるけど、そこは 産んだ母親に返すのが筋だと思うけどなぁ。

麻子も母親だと言いたいとこやろうけど、本音を聞いたら やっぱり結衣の方に一票入れるよね。

幸い柏崎オートも仕事しに来ないし、ホッとした〜。

それよりも木野の同級生のお母さん、カンマキが またネグレクトの疑いがありそうで この人も何かありそうだ!

今は大丈夫って木野に強調してたけど、結衣らにトランクの中を見られてるし。

修理にだすなら 整理しとこうよ。せめてトランクくらいは。

でもね、片付けられるような人ならネグレクトは しないだろうな。

あと、麻子にも不安要素が発生!
ジャーナリストが麻子に接触してきた。広にも接触してた同じ人やわ。

こいつ、麻子と広の事を調べて知ってる。
また一騒動ありそうや、せっかく新しい生活が始まるのにね〜。

あーあ、第8話も話題がてんこ盛りかな?

スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【先着特典】Just You and I (CD+DVD) (B2ポスター付き) [ 安室奈美恵 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/5/25時点)

 

「母になる」全話の感想まとめはこちらです!

 

-テレビ
-