水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

クライシス 第7話 感想!大山がかっこいい!

2017年5月23日

5月23日放送のドラマ「クライシス」第7話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

毎回 ドラマを見終わった後はモヤッとするんですけど、第6話でもやっぱりモヤッとしてしまった。

ってか、潜入捜査してて 仲間に助けてもらえなかったから、そのままテロを起こしてしまったなんて 悲しすぎるやろ!

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

テロリスト集団・平成維新軍がテロを思わせる犯行予告を出し、鍛治(長塚京三)は警視総監の乾(嶋田久作)から特捜班をフル稼働させて阻止するように命じられる。しかし、平成維新軍の標的は不明で、手がかりもゼロとあって、稲見(小栗 旬)や田丸(西島秀俊)ら特捜班メンバーも今回はテロを未然に防ぐ手立てが思い浮かばない。

そんななか、ハッカーだった頃に平成維新軍の前身と思われる組織に所属していた大山(新木優子)は、犯行予告に記された一節が、以前、自分が仲間の一人に教えた言葉だと指摘。“坂本”と名乗るその人物の素性はおろか、性別すら知らないが、当時、偶然手に入れたメールアドレスを元に本人の居場所を特定できると言う。

大山が調べた情報によって、特捜班は坂本(今井悠貴)を拘束。一見ごく普通の高校生に見える坂本は、吉永(田中哲司)の取り調べに表情一つ変えず、無言を貫くが、大山が“岡田”を名乗っていたかつての相棒だと分かると、徐々に口を開き始める。そして、権力を持つ大人に深い憎悪を抱いていることが判明するも、平成維新軍によるテロ計画については決して口を割らない。さらに、大山は自宅から押収した坂本のパソコンから情報を抜き取ろうとするが、パスワード解析が一向に進まない。このままでは予告通りテロが起きてしまう――。一度は諦めかけそうになるも、稲見が発した“ある言葉”を受け、意を決して再びパソコンに向かった大山は…!?

番組公式サイトより引用

平成維新軍の正体は?目的とは?

平成維新軍がまた犯行声明の予告文を出した。しかし、標的や場所や時間など詳しい事は何も解らず、警備局長、鍛治(長塚京三さん)は特捜班に全力で探し出すように命じる。

特捜班メンバーは手掛かりを探し、未然に事件を防ぎたいと躍起になるが、よい手立てが浮かばないでいた。

冒頭シーンで 高校生達と私服の青年二人が、”この国のために”とこぶしを合わせてたから、このメンバーが平成維新軍ってことやね!

私服の青年には敬語を使ってたから、先輩か塾の先生ってとこか?

まだ みんな若いやんか、それにみんな頭が良さそう!

犯行声明文は刮目せよ、とか難しい言葉が出てきて やっぱり頭がキレる集まりには違いないわな。

大山が割り出した手掛かりを元に特捜班は一人の高校生、坂本(今井悠貴さん)を特定、拘束した。

坂本は吉永(田中哲司さん)の取り調べにも顔色ひとつ変えないで動じない。稲見は大山に話をさせようと提案。そこで大山も取り調べに加わった。坂本は大山がかつての相棒、”岡田”だとわかると初めて反応を見せ 徐々に話し始めた。

今井悠貴君や、子役から出てる子や!
今井君が小さい時 なんかのドラマでメッチャ泣くシーンがあったの 覚えてるわ。

ポロポロ涙が溢れてくるねん。それに鼻水がズーズー出て、それを見た私は スゴイな、この子役は!と衝撃的だった。

その今井君がもう高校生か…
早いもんや、大きくなるのは。

平成維新軍のメンバーとは やっぱり良い役で出てる。うん、なかなかいいぞー!

これで泣いてくれたら最高!

吉永に家庭の話を聞いたり自分の家庭の話をする坂本。一流大学に入って成功しなければ子供に影響する、格差社会なのだ、と。
権力を持つ大人に一石を投じなければならない、と強い憎しみを話すが、肝心の平成維新軍のテロについては口を割ろうとしなかった。

それどころか未成年だということを忘れないでください、と強調する。
これまでの例から政治家が対象かもとなるが、大山は最後に坂本と喋りパスワードを解読した。

決行日、平成維新軍メンバーはそれぞれの行動をとるが、寸前の所で次々と逮捕されてゆく。

最後の一人が稲見に確保された。おまえが自由になった時、あいつがひどい人間だったらまた狙えばいい、と犯人につぶやく。
坂本は再逮捕された。誰もがテロを起こせると笑う坂本だった。

坂本が逮捕されてる時に 山の中で拳銃を撃つ練習をしてるのがメンバーらしいけど、その中には女子も二人入ってるやん。

どこから拳銃を調達してきたん?
そんな簡単に調達できるもんなん?

ネットで購入なんだろうけど、もしかしたら 頭がいいから改造拳銃とか?

なかなかの腕前やし、けっこう練習をしてるみたいやわ。

それに 特捜班が捕まえるときも焦ることなく向かっていってるとこを見ると 格闘も練習してたんやろうなぁ。

でも最後の維新軍メンバーは 大学の同級生を撃とうとしてたけど、この同級生は政治家の息子で きっと勉強もしないでチャラチャラして遊びまくってるんやろな。

こんなの、公平と平等じゃないもんね。格差社会やわ。

他のメンバーも それぞれターゲットがいたんやろね、きっと。

でも冷静に考えたら 妙に正しい事を言っている風なんだけど、閣僚の子供を殺すとかひがんでるだけじゃないの?

もっと他にやり方はあったんじゃないかと思うんだけど…アホやな。

最後の今井君が笑うシーン、今井君の真骨頂
不気味で怖かった〜〜!

元ハッカー大山の活躍がカッコイイ

大山は手掛かりとなる事を探す。そして、犯行声明文に書かれてある文章の一部が昔、仲間に教えた言葉だと気付く。公平と平等、フランスの革命家の言葉だった。

その教えた相手”坂本”の素性も何も分からないが、偶然手に入れたメールアドレスからなんとか特定できるのではないかと調べだす。

メールアドレスから”坂本”を割り出した大山
特捜班は高校生、坂本を拘束し取り調べをするがテロ計画だけは絶対に言わない。

新木優子さん、可愛い顔をしてるけど表情一つ変えずに元ハッカーに徹してる。

そっち側の人間、とか外側を豪華にすれば内側もそのようになる、とか 同志の内容やん。

坂本を説得する大山さん、悪さをする時は一人でやる事に決めた、というのカッコイイ!

それは挑発だと言ってたけど、実は本音やったりして。この人もヘタしたらあっち側に舞い戻るかも?

冷静に話す今井君が大人になっちゃったー!

そこで大山は坂本のパソコンを入手、そこから手掛かりを探そうとするのだがパスワードが解読出来ずにいた。10桁の数字が何の数字か悩む大山。

あせる大山に稲見は”おまえの直感を信じる。奇跡を起こしてみろ”と言うと 大山はやる気を取り戻し解析に取り組む。

再度 坂本と話す大山。そして、何かを思いつく。坂本の一番思い入れがあるもの、銀行のシステムに侵入した日、そして坂本のSと岡田のOでパスワードは解除された。

結局 パスワードの番号を思い入れが深いものと相棒の頭文字とはなんか可愛いやん?

まぁ、誕生日とかじゃないのだけ マシやけどね。

昔の大山と組んでやってた頃が一番良かったなんて、何の楽しみもないんやなぁ。

部活もやってないし、友達も居なさそうで何もしてない、ってそりゃ毎日つまらんわ。

そしてヒマなんやね、ネットしか繋がりがないんやもん、自分の境遇を嘆いて社会のせいにして、社会のシステムを変える、とか言ってるの ヒマやからそんな事を考えるんやって!

もっと忙しい人は いちいちそんな事考える余裕もないって!

同志を募ってチマチマやってる事を考えたら大山さんは 一抜けで 抜けたの正解。

で、悪さをするなら一人で、っていうの大人やわ、坂本は自分だけの考えに固執し過ぎやねん、だからそこが大人さんとの分かれ目よ

今回の大山さんの活躍はホンマ よかったわ、
感情を出さないところが余計にカッコよかったって!

第7話の感想まとめ

今どきの高校生というか若者は何を考えてるんでしょうねぇ。ネットだと顔を知られずにいる分 大胆な事も平気でやれちゃう。

仲間が居るような居ないような希薄な関係で繋がってるから、簡単にバイバイもできちゃう。

で、狙う相手が官僚の子供か。
アホらしい、頭がいい割には幼いな。

よっぽど今までの方が平成維新軍らしいような気がするわ。

こんな事で警察も世間も振り回されてたのかと思ったら バカバカしいなぁ。

もっとモヤッとしたかったけど、第7話はモヤッとも全くしなかった。

ここまで平成維新軍がキレるテロ集団って事で期待が膨らみ過ぎたかも?

ただ、ゾワッとしたのは平成維新軍のした事がネットで拡散されて同調する書き込みが多かったこと。

実際にするかしないかは別として テロが簡単に出来ると勘違いする奴が出てくる可能性が高いのが問題やと思うわ。

これで平成維新軍は解決したし、あとは千種
の旦那が潜入している宗教団体の話があるわけで、第8話は そちらの話が主体になってるみたい。

相変わらず田丸と千種の関係は気になるとこだし、旦那が殴られててこれは潜入がバレてしまったのかもね。

ちゃんと旦那さんも助けてあげてよ、田丸さん!

スポンサーリンク

-テレビ
-