水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

小さな巨人 第5話完結編の感想!スッキリしない!小野田と中田が会っていたことは?

2017年5月14日

5月14日放送のドラマ「小さな巨人」第5話「芝署編完結!」のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

ついに芝署編が完結する今回、隆一(加藤晴彦)逮捕の証拠は三笠所長(春風亭昇太)が隠し持っていたUSBの破片でした。

隆一は逮捕されましたが、三笠所長は他の所轄へ異動しただけのスッキリしない結末。

まだまだ真相解明とはならなかったようです。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

香坂(長谷川博己)は、山田(岡田将生)とともに内通者を暴き出すために罠を張る。
そこに現れたのは、三笠署長(春風亭昇太)だった!
だが、100%となる確証がないため逮捕までには至らない。
すべての真相を暴こうとするが、小野田捜査一課長(香川照之)から「内通者が所轄のトップにいるのであれば、捜査情報が漏れる恐れもある。所轄は指示があるまで待機」と言い渡されてしまう。
そんな中、芝署では待機の間でもできることはあると渡部(安田顕)ら署員と資料に目を通す。
すると、自首してきたアリサ(佐々木希)が、隆一(加藤晴彦)から預かったUSBを警察に提出していたことを知る。
それは京子(富永沙織)のものであり、少し曲がっていて端も欠けていた。
京子が飛び降りたときに、衝撃でUSBが欠けたのではないかと仮説を立て現場に向かうが、破片は見つからない。さらに、鑑識の報告にもなかった。
だが長年、三笠の下で働いていた香坂は、鑑識が入る前に三笠が証拠を持ち去っている可能性がある、と捜査を始める。

番組公式サイトより引用

小野田が中田と会っていたのはなぜ?

中田親子に捜査情報を伝えていたのは三笠署長でしたが、小野田も何回か中田親子と会っていましたよね?

4話では香坂たちが隠れていることを察知した小野田が直前で接触を回避しましたが、明らかに中田社長と会食予定でしたね。

隆一の殺人事件に関しては三笠所長が関係してたので、この件とは全く関係なく中田社長と会っていたということでしょうか。

三笠署長の処分が非常に軽いものだったことを香坂と山田に伝えた小野田は、

三笠は警察幹部の天下りのあっせんをしていたため処分が軽かった

と言っていましたが、小野田も捜査一課長退任後のために警察外に繋がりをつくろうとしている?

三笠は香坂に「小野田を信用するな」的なアドバイスを送って去って行きました。

やはり小野田も三笠と同じ道をたどろうとしているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

スッキリしない!

第5話で完結編ということで、2部構成でのストーリーになっていますが、中田親子の事件が解決しただけで警察内部の黒い部分はさらに濃くなってしまいましたね。

まったくスッキリしませんでした。

まあ、隆一の取調室からマジックミラー越しに三笠を責め立てる香坂はかっこよかったですし、三笠の情けない顔もまあまあよかったのですが、殺人犯の証拠を隠蔽して見返りを要求していたにもかかわらず、まさかのお咎めなしとは!

ところで、マジックミラー越しの香坂は迫力があってよかったですけど、あれって長谷川博己さん側からは鏡ですよね。自分の顔見ながら演技してたと思うとちょっと面白いですよね。

三笠に証拠と突き付けて所轄の意地を見せつけた場面ですが、三笠があの場所にいるってどうやってわかったんだろう?とどうでもいい疑問がわいてしまいました(笑)

第5話感想まとめ

スッキリしないー!

三笠は捕まらないし、小物の隆一だけ逮捕されるし、香坂は次は豊洲署に異動になってしまうし。

豊洲移転問題とか出てくるんでしょうか?出ないでしょうね(笑)

第6話からの豊洲編にも新たな元捜査一課長が出てくるようです。

梅沢富男さん演じる富永、次の敵はこいつでしょうね。

さらに和田アキ子さんも登場するようです。

次々と大物芸能人が出てきますが、ストーリーの方も頼みますよ!

最終回ではスッキリさせて下さいよ!

スポンサーリンク

「小さな巨人」全話の感想まとめはこちらです!

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ