水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

人は見た目が100パーセント 第3話 感想!女子力アップは潤いが大切?

2017年4月28日

4月27日放送のドラマ「人は見た目が100パーセント」第3話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

第2話で純(桐谷美玲さん)が、美容室ルーチェのイケメン美容師 榊圭一(成田凌さん)にドキュン!とキター!

成田凌さんの笑顔は決してタイプじゃなくてもドキュンとくるぐらいの勢いがあるやん。

もう、この笑顔でキター!という女子は多いんじゃないの?

純はそれまでに親戚の結婚式で統括マネージャー 松浦栄子(室井滋さん)に地味な格好をして目障り、とかセルロースナノファイバーだけが目的で 純らの研究員は仕方なく引き取ったとか散々言われ ドーンと落ち込んでいたはずなのに…

それを吹っ飛ばすほどの恋のチカラ、スゴイです。

でもこの恋、ライバルはかなり多そう。
”ステキ女子”の香澄(足立梨花さん)や美優(岡崎紗絵さん)は榊と仲がよさそうだし。

純の出番はなさそうな感じだけど、ステキ女子に食事に誘われて行くと、なんとそこには榊やイケメン美容師が!

この機会にお近づきになれるかな?
それに 仕事面でせっかく丸の内に異動になったのに、松浦の言葉でもう居場所がなくなるか? 危機回避できる手はあるか?

第3話ではこの二つについて書いていきたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

純(桐谷美玲)は、人気美容室『ルーチェ』の美容師・榊(成田凌)から髪をほめられた際に貧血を起こして倒れてしまう。それ以来、純は、動悸が止まらず、眠れなかったらしい。聖良(ブルゾンちえみ)と一緒に純の話を聞いていた満子(水川あさみ)は、榊に恋をしたのではないか、と指摘した。慌てて否定し、ボロボロの精神状態だったときに優しくされたから脳が錯覚しただけ、と返す純。そこに、國木田(鈴木浩介)がやってくる。國木田は、セルロースナノファイバーの研究は別の研究スタッフが引き継いだので今後純たちが新しいファンデーションの研究に携われることはない、と告げる。統括マネージャーの栄子(室井滋)は、研究データが欲しかっただけで、純たちのような冴えない人間が自分の領域に入ってくることを許さないだのという。続けて國木田は、何とか挽回して栄子に認めてもらわないと居場所を失うと忠告し、成長への近道は明確なビジョン――お手本になる人を探すことだとアドバイスする。

その夜、仕事を終えて帰路についた純は、庶務課の香澄(足立梨花)、美優(岡崎紗絵)に偶然出会い、食事に誘われる。男性4人との食事会があるが、友人が来られなくなってしまったのだという。半ば強引に店まで引っ張られてしまう純。しかもそこで待っていたのは、榊や岡部(中尾暢樹)、戸川(元木聖也)ら『ルーチェ』のイケメン美容師たちで…。

番組公式サイトより引用

〜〜純はイケメン榊とお近づきになれる?〜〜

髪を触られキレイな髪の毛、と榊に言われたことで純は貧血を起こし、夜も寝られないでいた。

次の日、職場では満子(水川あさみさん)と聖良(ブルゾンちえみさん)は純の話から恋をしたのだと言うと、純は陽性効果で脳が勘違いしてるだけだと激しく否定をした。

否定をしても榊が気になって仕方ない純。
帰り道、偶然ステキ女子、香澄と美優に出会うと 男性4人組と食事をする事になっているが、友達が来れないから、と強引に連れて行かれる。

オシャレなレストランで純は場違いだと落ち着かない。そこに榊と同僚 岡部和人(中尾暢樹さん)と戸川亮介(元木聖也さん)が居て驚く純だった。

いきなり冒頭シーン、榊の笑顔にハートを撃ち抜かれて貧血で倒れる。けど、ハートの撃ち抜かれがそのまま?

これって純の頭の中っていうか妄想だよね?
実際でもまだハートの形と出血があるの 怖いやろ!

走って帰る時も出血したまま、もうちょっと何とかしてほしいわ。

女子力もないまま食事会という名の合コンに参加させられ、なんでまた純を誘う?

もしかして 純は引き立て役か?世間でよくあるような合コンには自分より可愛い女子は誘わない、ってアレか?

それにしては香澄と美優は 全くそんな感じを出していないなぁ。

影では悪口言ってるとか?いやー、そんな感じもないですねぇ。

もしかしてライバル視もされてない、対象外なん?

そうだとしたら 逆に悲しいものがある…

榊に何の研究をしているのか動揺。そのうえ、皮膚の中は骨と筋肉だけだと平常心を保つ。

ステキ女子は ほとんど話を聞いてる。
合コンサシスセソだ。
さ…さすが。し…知らなかった。す…すごい。
せ…センスいい。そ…そうなんだ。

薄着でワザと上着を着せてもらう。
払うフリをしてサイフをだす。

なるほど、今回もステキ女子のモテテクニックですな?

聞き上手になるわけだ。そりゃ 話の中身は詳しく聞かなくても、話す方は喋りたいわけだから ウンウンと聞いてくれる人がいいよね?

適度に言葉を変えて相づち打ってたらバッチリだ。

それに、薄着で上着をかけてもらうとか、サイフをだすフリをするとか、もう完璧やな。

それも あくまでさりげなく、が基本。
ワザとらしいのは見破られる危険 アリだもんね、さりげなくがいいのよ。

でもね、活用したいけど今さらモテテクニックを披露する相手もおらんわ、クソ〜!

あと、純が榊と喋るとき ”骨と筋肉”と呪文のように唱えると、あらふしぎ、榊さんが人体模型に早変わり!!

これで歩いたりするの、気持ちわるっ!
この人体模型形式 ずっと純はしてるけど、その度に榊さんが人体模型に早変わりで 確かに人体模型だと魅力もクソもない。

緊張した時には この方法は有効かも?
人体模型でも、骨の模型でもいいかも。
あと、頭がハゲてるとかね。

色々なステキ女子のしている事を見て可愛いと感じた純。だから お手本はステキ女子にする事に決定。

まず オフショルダー。冬でもモテるらしい。
ところが 同僚からは肩が出てる、干すときには気をつけないと、と言われてしまう。

國木田はそんな三人を見てポイントは鎖骨だと言われる。

ステキ女子を真似したい、本当の理由はステキ女子になって榊と楽しく笑いあったりしたいからだ、と初めて気がつく純だった。

鎖骨体操、早速してみました。お風呂の中でリラックスしてするといいみたい。

でも鎖骨にまでファンデーション塗ったり、ハイライト塗ったり 毎日は無理!

普段からオフショルダーを着慣れてないと肩が気になってしゃーない、挙げ句にオフショルダーにしないで肩まで上げて着たりして。

きっとこうなるから オフショルダーは私には無理やわ。

そして 出ました、鈴木浩介さん劇場。
いつもオシャレ研究の時には必ず現れアドバイスをするけど、第3話も 特にブルゾンちえみさん中心にオフショルダーを力説するの笑えたわ。

ちょっとしたアドリブ最高!
もうこうなったら 桐谷美玲さん、水川あさみさん、ブルゾンちえみさんを笑わせるとこまで 徹底的にやってほしい。

ブルゾンちえみさんは芸人さんだからハードルは高いだろうけど、鈴木浩介さんなら出来る!

密かに楽しみにしてるのは私だけか?
イヤイヤ、きっと 三人と鈴木浩介さんのコーナー(?)気になってる人はいると思うよ。

あと、純はステキ女子が榊さんと何気に 喋ったりするのが 羨ましかったの、わかるけど 同じようにしても榊さんとしゃべれるかは わからないよね?

むしろ、無理をしないで純の良さを知ってもらう方がお近づきになるのは早いと思うけどね。

いつもステキ女子に囲まれてる榊さんがステキ女子を好きだとは限らないもんね。

やっぱり、人体模型形式をとるしかないか?

スポンサーリンク

職場がなくなる?挽回できる一手を探せ

純が榊の事で満子と聖良と盛り上がっていると、そこに研究センター長 國木田(鈴木浩介さん)がやってくる。

セルロースナノファイバーの研究は他の研究員に任せる事になった、だから新しいファンデーションに携われることはない、と告げられ純らは落ち込む。

担当を外されたのはファッションがいけてないからだ、とはっきり言われる。

そんな三人に國木田はなんとか挽回しないと居場所がなくなる。明確なビジョンを持つことだ、と助言をするが三人はこれといったアイデアもない。

すると、身近にお手本になる人を探す事だと言われる。困る三人は見本になる友達も居ない事に気付く。

松浦はオシャレじゃないから 純らを鬱陶しがってるの、なんだか統括マネージャーのくせに 上っ面で判断するって どうなん?

服装だけで判断しないで、仕事ぶりをみてあげたら?

きっと、セルロースナノファイバーを新しく担当した研究員よりも優れていると思うよ。

いくら 化粧品会社できらびやかな世界だからといって、外見で判断する人間が上にいるなら、この会社 大したことないわ。

いずれ、松浦は人事でギャフンという目にあうと思いたい。いや、ギャフンと誰かあわせてくれよ!

そうでなかったら純らはかわいそうや!

ある日松浦に出くわすが、露骨にいやな顔をされてしまう。どうにも困る三人はお手本になるステキ女子を研究しようとする。

そしてステキ女子が持ってた同じハンドバッグを見つけ、今度はブランドバックを研究し始めた。

ブランドバックを購入するとき、それは自分へのご褒美だと気付く。あとブランドバックを持つ人は中高生から持っているのだ、と気付き、落ち込む。

ステキ女子にブランドバックの良さを聞くと、ブランドバックを持っている自分が好きで見栄を張りたいのだ、とあっさり言われ 余計に落ち込む純だった。

ステキ女子の外見ばかりを研究してるわ、オフショルダーとかブランドバックとか 。

で、結局ブランドバックを持っているのは見栄をはるため、とかアッサリ言われてる。

外見の問題じゃないと思うのだけどな。
ステキ女子も 外見はバッチリだろうけど、中身は大したことはないと思うよ。

そんな人を真似したいか?
松浦だって、外見じゃなくて中身の美しさがないのを気付いてほしいんじゃないかな?

だって、この三人、外見だけじゃなくて中身もいじけて自信を持ってないもんね。

何かにつけ 私なんて…みたいな感じがプンプンでてるし。

内面に自信があると外見も美しくなるの 早く気がついて!

第3話の感想まとめ

仕事を一生懸命している三人から仕事を取り上げるの それはないわ。

勝手に研究して、っていうのは出来ないものなの?やっぱり研究にはお金がかかるから 勝手にはできないか。

それにしても 挽回できる一手がお手本になる人を見つける事なんて ちょっとアレ?という感じ。

一番 手っ取り早い方法かもしれないんだけどね。お粗末な方法で失笑。

榊さんとの恋も絡んで、上手く純達もステキ女子になれるといいんですけど。

実はもっと深いとこを松浦は考えてると思うんだけどな。

かつては研究員としてバリバリやっていた人なんだから、今の三人を見てたら うっとしいと感じるの仕方ないかも。

女性の会社だもん、もっと毎日輝こうよ!って思ってるんじゃないか?

イジイジしてるうちは松浦にも嫌われる、そんな感じがするなぁ。

第4話ではまたまたオシャレ研究、今度は潤い? 確かに潤いは大事よ。

お肌の潤い、髪の潤い、そして女子としての内面の潤い、潤いは女子の必需品だ!

最近 潤いが足りない私にはピッタリの話題かもしれない。ちゃんとチェックしなければ!

スポンサーリンク

「人は見た目が100パーセント」全話の感想まとめはこちらです!

-テレビ
-