水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

人は見た目が100パーセント 第1話の感想!ブルゾンちえみの演技力は上手い?下手?

2017年4月13日

4月13日放送のドラマ「人は見た目が100パーセント」第1話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

またまたコミック作品のドラマ化ですね?
女性コミック誌「BE・LOVE」で連載の大久保ヒロミさん原作のマンガみたいです。

「自分に自信がない」
「男性にモテたことがない」
「ガールズトークが得意ではない」などなど

ないないづくしのリケジョが主人公。
このリケジョに桐谷美玲さん。ん?

モテないわけがないでしょ!さすがの桐谷美玲さんならモテるって!

なんか違和感あるわぁ。そしてラブコメディって、どこまで桐谷美玲さんできるのか?

同じリケジョに、水川あさみさん。
うーん、彼女もモテるやろ?
でもコメディはいけるよ、かなりツッコミとかしてるのなんかで見たことがある。

そしてもう一人、ブルゾンちえみさん。
バリバリのお笑い芸人さん、今 旬な人ですもんねー。

コメディならバッチリなんじゃないの?
いろんな意味で どんなドラマになるか楽しみですが、今回 第1話はリケジョ三人の女子モドキが オシャレに四苦八苦するする様子と、

やっぱり注目はブルゾンちえみさんでしょ!
ブルゾンちえみさんが どんな演技をするかについて書いてみたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

城之内純(桐谷美玲)は、八王子製紙で製紙素材の分析をする研究員。理系女子=リケジョだった純は、子どもころからファッションやメイクに興味がなく、いつしか周りの女子から置いていかれてしまった、自分に自信がない地味な女性だ。

ある日、純や研究員仲間の前田満子(水川あさみ)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)らが所属する第3研究室が、大手化粧品メーカー・クレエラジャパンに吸収されることが発表される。クレエラ社は、丸の内にオフィスを構え、1階には榊圭一(成田凌)らイケメン美容師が揃った人気美容室もあるような、これまでの純の人生とはまったく無縁の、おしゃれな世界にある会社だった。クレエラ社は、純たちが研究しているセルロースナノファイバーの高い保湿効果に注目し、新しいファンデーションの開発に応用したいらしい。

顔合わせを兼ねたクレエラ社の新年会に出席した純たちは、その華やかさに圧倒される。おまけに純は、くじ引きでクレエラ社の人気化粧品が当たったものの、使い方すらわからずにステージ上で大恥をかいた挙句、逃げるようにステージを降りようとして階段を踏み外し、気を失ってしまう。クレエラ社統括マネージャーの松浦栄子(室井滋)とともに冷ややかな目でその姿を見ていた丸の内研究センター長の國木田修(鈴木浩介)は、そんな純に、「これからはもう少し身なりに気を遣った方がいいんじゃないですか?人は見た目が100パーセントなのですから」と言い放つ。

困り果てた純、満子、聖良は、いままで知らなかったビューティーについて学んでスキルアップを図ろうと決意し、さっそく流行のメイクについて研究を始める。苦労の末、なんとか“うさぎ顔メイク”を完成させた純たちは、同僚研究員の丸尾拓馬(町田啓太)、三沢基樹(堤下敦)の前に立つが…。

番組公式サイトより引用

女子モドキ、オシャレに四苦八苦!

製紙会社で素材の分析研究をしている研究員の城之内純(桐谷美玲さん)は幼い頃からファッションやメイクに興味がない女子力ゼロな女性。

同じ第3研究室の同僚、前田満子(水川あさみさん)、佐藤聖良(ブルゾンちえみさん)も似たようなものだ。

ある日、所属する第3研究室が大手化粧品会社クレエラジャパンに吸収されることになった。純らが研究しているセルロースナノファイバーの保湿性に注目されたからだ。

クレエラジャパンは丸の内に本社を構え一階にはイケメン美容師がいる人気美容室もあるらしい。

いきなりコメディ、顔が一回転。桐谷美玲さんの幼い頃の回想シーンでは上半身は桐谷美玲さん、下半身は子供と ヒェ〜となってしまいました。

もう怖いって。ドラマにあるまじき 画像に逆に笑えた。こんなんもアリなんや!

そばにいる二人がうまい具合に、ブルゾンちえみさんがボケ、水川あさみさんがツッコミの役どころで 掛け合いもバッチリ。

所々に入る”影の薄い人はうさぎメイクにしてもやっぱり影が薄い”とかの注意書きもいい感じじゃないですか?

新年会に出席した純らは華やかな世界に圧倒。くじ引きで化粧品が当たったが使い方がわからず、挙げ句に転倒して気を失う。

それを見ていたクレエラ社の研究センター長、國木田修(鈴木浩介さん)からは

これからは服装にも気をつけたら?人は見た目が100パーセントだから

と言われてしまう。

ショックを受けた純は流行メイクを研究、なんとか”うさぎ顔メイク”が完成。それを見た研究員の三沢基樹(堤下敦さん)と丸尾拓馬(町田啓太さん)は結膜炎が移る、と逃げ出した。

純は東には行きたくない!

と言い、そして会社を辞めると言い出した。

新年会のファッションが地味なスーツ。満子は時代遅れのボディコン、聖良は振り袖。

確かに履き違えてる。これはもう違う世界だわ。でもね、桐谷美玲さん、地味なスーツでも可愛いやんか!

メガネをかけてても地味なスーツでもべっぴんさんやないの〜〜。

べっぴんさんが溢れてると思うわ。うさぎメイクも桐谷美玲さんだけ可愛かった。

水川あさみさんは ちょっとひいた。ブルゾンちえみさんはスッピンだと言ってても、しっかりアイシャドウはしてた。

そこはやはり芸人を出したか?

いろんな会社を面接するが、合格はもらえない。偶然会った國木田はにも”見た目が悪いから合格できない”、と言うと國木田は”そう思っているから合格できないんです”と言って去っていく。

気を取り直して三人でメイクの研究。
ストールの巻き方研究。しかし、七難隠すどころか欠点の多さにガックリする三人。

落ち込む三人は初めて食事に出かけ、励まし合う。そこで帽子ならなんとかなると今度は帽子の研究をしだした。

そこに現れた國木田によって三人はストールと帽子使いを教わったが、そこにやってきた三沢と丸尾が褒めたにも関わらず褒められ慣れしていないからか 拒否してしまった。

第1関門突破した三人はいよいよ丸の内のクレエラ社に向かった。そこにはイケメン美容師榊圭一(成田凌さん)がいる美容室もあった。

國木田修役の鈴木浩介さんの三人との絡みが最高!ストールと帽子のコーディネートをしてあげるシーン、あれは細かいとこはアドリブに違いない!

鈴木浩介さんって とぼけた表情とか絶妙だもんね、ボソボソと言ったりするのも最高。

純が國木田に人は見た目が100パーセント、と言われた回想シーンでは土佐弁や関西弁の言い方を鈴木浩介さんがするんだけど、もう笑えた。

鈴木浩介さんの出てくるシーンは これはこれから見逃せなくなりそうです。

あと、桐谷美玲さんは やっぱり女子力ゼロの割に、元々が可愛いからか 何してもセリフを言っても可愛さが溢れてるわ。

よく見ていたら、水川あさみさんとブルゾンちえみさんがほとんどのギャグ的な部分を占めてて桐谷美玲さんもそれなりに頑張ってるんだけど、モテないことはないと どうしても思えてくる可愛さで、あれは女子力ゼロじゃないで、マジで。

スポンサーリンク

ブルゾンちえみさん、持ちネタと違い過ぎる

今や この人のネタは小学生でもマネをしてますよね?

withBを率いて”キャリアウーマン”ネタは めちゃめちゃ面白い。

ナイナイの”おもしろ荘”のコーナーに出ていた時に初めて見たけど、その時に ”ちょうどいい具合のブス”とか岡村隆史さんにイジられてたのがすごく印象に残ってるわ。

ネタも面白かったなぁと思ったら みるみるうちに売れちゃいましたネ。

昨年はRー1グランプリで決勝までいったにも関わらずネタをとばして涙ぐんでましたが、確かに緊張が見てる方にまで伝わってヒヤヒヤしました。

そしてドラマ出演ですよ、それもチョイ役じゃなく 中心ですもん、スゴイ!

しかし 桐谷美玲さん演じる城之内純が働いている研究室の同僚で、リケジョ。
また女子力ゼロなんて持ちネタと違いすぎませんか?

キャリアウーマンなんかのネタはまさしく意識高い系女子、女子力の塊みたいなもんなのにドラマの中ではボケ連発。

人造人間19号とか!

振り袖を着て、人間になるまでの女子モドキだと言ってみたりストールの巻き方も変。

ホントのブルゾンちえみさんはコシノジュンコさんや、海外セレブに憧れていて ネタもゴシップガールを意識してるのにねー。

ネパール人の彼氏もいたみたいで、海外大好き女子なのに、役柄の佐藤聖良は地味で女子力ゼロ。

化粧も薄いし。最初 誰かわからなかった(笑)

でも三人で食事に行くシーンでは、いつものブルゾンさんの言い方になってたわ。

”カンパーイ”、とか”食べましょうよ”、とかね。チラチラブルゾンちえみらしさが垣間見えた。

どうしてもギャグを担当になってしまうのは仕方ないけど、私は こんな感じのドラマならガンガン 持ちネタを入れてもOKな気がする。

あとは どこでwithBが出てきてくれるか?じゃない?

第1感想話のまとめ

リケジョがイケメンと出会って、また環境が変わってオシャレや恋に目覚めるんだけど、今まで してきてないぶん いやはや 苦笑い。

だいたい女子力って昨日や今日で身につくものじゃありませんよね?

日頃の積み重ねありきですよ。

ストールと帽子の小物使いは参考になりましたけど。

まぁ、女子力高い系女子も最初から女子力が高いわけじゃないですもんね。

あと いつも意見が分かれるのは
人は顔で決めるか?性格で決めるか?ですけど、私的にはやっぱ顔からでしょ!

だってね、性格はその人とお近づきにならないとわからないもん。

最初は顔じゃない? まぁ この意見には賛否両論ありますが、ちなみに私の周りは顔重視が多いです。

顔と言えば最後にイケメン成田凌さんが出ましたね、ニコッと笑顔がステキ。

無精ひげが妙に似合って これはいいぞ!
丸尾役の町田啓太さんもメガネ男子でステキなんだけど、新たに成田凌さんにもロックオンかも!

その成田凌さん演じる榊圭一に純は恋するんだろうけど、ズキュンとなるのわかるよ。

第2話からはキュンキュンくるシーンもあるといいな。

かなりギャグにも攻めた感があって 第1話は面白かった。次もどんなギャグを入れてくるのか楽しみです。

スポンサーリンク

-テレビ
-