水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

カルテット 第8話のネタバレ感想!真紀は誰?すずめと家森が切ない!

2017年3月8日

3月7日放送のドラマ「カルテット」第8話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

今回は別府のことを好きなすずめが、別府のために真紀を好きな別府と真紀をくっつけるために切ない奮闘をします。

そしていい感じになった真紀と別府を見て涙を流すすずめに片想いする家森

なんて切ないストーリーなんだ。

と、涙ながらに見てたら…

富山の刑事が真紀の元義理母・鏡子のところに来て、幹生と真紀の結婚写真を見せて、真紀を指さして

「この人は?」

と鏡子に聞きます。

「早乙女真紀さんです。」

と鏡子が答えると刑事は

「この人は早乙女真紀さんではありません」

は?

 

へ?

じゃあ誰??

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

わかさぎ釣りに行った真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)、司(松田龍平)の4人。初めは好調に釣れており気をよくしていたが、次第にまったく釣れなくなってため息をつきだす。嫌な雰囲気を変えるため、真紀は昨夜見た夢の話をするが、またもや諭高が持論を展開する。

真紀が離婚したことで、より一層4人での生活は和気藹々としたものに。そんなある日、すずめの司への想いを知る諭高は「真紀さんが離婚してピンチじゃない?」とふっかける。しかしすずめは「真紀と司をくっつけるために協力して欲しい」と諭高に頼み、真紀と司をデートさせようと試行錯誤して……。

全員、片思い完結!?
四角関係の行方は?
そんな中、“最後の嘘”が明らかに……。

番組公式サイトより引用

今日の名言

人の夢の感想はへぇ~

 

へぇ〜からは何も生まれませんよ

 

好きだって忘れるくらいいつも好き

 

君の好きはどこへ行くの?

 

片想いは一人で見る夢

 

行った旅行も思い出になるけど、行かなかった旅行も思い出になる

 

SAJの三段活用

  1. 好きです
  2. ありがとう
  3. 冗談です

結末が怖い

切ないラブストーリーと思って完全に油断してましたよ。

サスペンスって公式で言ってるくらいですからハラハラさせるつもりなんですよね!

しかも恋愛のハラハラドキドキじゃなくてもっと人間ドラマ的な。

嘘つきは誰?って煽ってたんで、構えて8話を見始めたらすぐ答えはわかって

なんだ嘘つきはすずめか

って間違えてた人多いんじゃない?

でもこの展開は読めるハズないですよね?

だって真紀が実は真紀じゃないなんて予想出来るハズないじゃないですか!

じゃあ誰なん?

怖い怖い

別府の気持ちに答えないのも真紀が真紀じゃないから?

でもストーカー別府はだいぶ前から真紀をつけ狙ってたんですよね?

ということは結構前から実は真紀じゃない真紀は、真紀になりすましてたってこと?

しかも刑事が追ってるってことは何か事件に関わってる可能性があるってことですよね。

誰なん?!

 

実は真紀じゃない真紀の過去になにがあったん?

スポンサーリンク

片想いは夢と同じ

すずめの片想いの相手は別府です。

でも別府は真紀に片想い。

すずめは真紀のことも好き。

自分が好きな人が好きな人と一緒になれるように、いろいろするすずめが切なすぎてもう涙ですよ。

真紀と別府に上げたコンサートのチケット。

夢のなかでは別府とすずめが一緒にコンサート行って、すずめの理想の行動を別府がとってるのがまた悲しい。

このとき聞いてた曲は真紀と別府が行ったコンサートのフランツリストの曲

愛の夢

でした。

今回のテーマはワカサギ釣りの時から一貫して

でしたね。

家森の買ってきたたこ焼きを食べたあと寝てしまったすずめはどんな夢を見たんだろう。

第8話の感想まとめ

 

今回はほんと切なかったですね。

これまでは真紀メインだったけど、すずめメインで進んでラストで裏切られた感じですよ。いい意味でね。

これから1週間が長いわ。

真紀誰なん?

なんで嘘ついて幹生と結婚したんやろ。

てかそんなこと可能なんかな?

続きが気になる!

でももう少しで終わってしまうのが悲しいです。

今までにない雰囲気のドラマで、好き嫌いが別れると思うけど、どハマりですよまったく!

終わらないで~。

ああ、みぞみぞする。

スポンサーリンク

 

 

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ