水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

タラレバ娘 第6話 感想 丸井と涼が自己中過ぎるけど面白い!

2017年2月23日

2月22日放送の水曜10時ドラマ「東京タラレバ娘」第6話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。


友達同士、三人三様の恋ドラマが始まってるのはいいが…

倫子(吉高由里子さん)は まぁよしとして…

小雪(大島優子さん)は不倫一直線!こりゃダメだ!

香(榮倉奈々さん)は なんだかまだセカンドの恋をズルズルと引きずってる感が否めない。

三人とも ハッピーエンドの恋とはいかないもんか?

アラサーなら こじらせた恋の一つや二つあって当たり前だとは思いつつ、なんだかね〜〜

なんやねん、どうやねん、とツッコミを入れたくなる今回 第6話では倫子と奥田(速水もこみちさん)、ラブラブかと思いきや なんだか親密になるにつれ ビミョーなズレが生じて…

小雪の相手 丸井(田中圭さん)と、香の相手 涼(平岡祐太さん)、話が進むにつれ だんだん腹が立ってきた!!

一体 どういうつもりで 振り回してるのよ!

というわけで、倫子と奥田のビミョーなズレとは どんなズレか?と、丸井と涼 自己中な二人の事について書いてみたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

倫子と奥田、ビミョーなズレとは?

水族館でデート、そこで告白されてスッカリ舞い上がってしまった倫子。
イケメンバーテンダー奥田と付き合う事になった。

倫子と奥田はラブラブな時間を過ごす。朝食の時、奥田は ずっと一緒に過ごせたらいい、と倫子に話す。倫子はプロポーズの様な言葉に 奥田との未来を想像し ドキドキする。

それを小雪と香、また涼と飲みに来ていたKEY(坂口健太郎さん)にのろける。小雪と香は素直に祝福するが、KEYは倫子を気にしているだけに皮肉交じりで祝福するのだった。

女が幸せになれない職業?、3B。
バーテンダー、バンドマン、美容師、か。
なるほど!

昔は3高って あったけどいつの時代も いろんな言い方があるんや、なるほど勉強になりましたわ。

しかし なんでイケメンバーテンダーがフリーだったのか ホンマに不思議。

なんか裏があるような感じがしてならない。
でも何かあっても朝食を作ってくれるカフェのようなメニューに、やっぱりいいわぁと思ってしまうのです。

とうとう結婚か?結婚が現実のものになろうというなか、倫子は奥田と一緒に過ごすうちに 違和感を覚えるようになっていた。

フランス語の映画。清潔感あふれる洗面所。
寝相の悪さ。朝からのジョギング。笑いのツボが違う。髪型を変えるようにやんわり言う。

倫子は倫子なりに努力をする。小雪も香も贅沢言ってはダメ、と言われてしまう。
女はいくつになっても彼色に染まるものなんです、と言える女がうらやましいと しみじみ思う倫子だった。

奥田は理想があった。ホームシアターを作って毎晩一本空ける事。しかし倫子が見たい「セックス&ザ、シティ」などは映画じゃないと断られ倫子はズレを意識せざるを得ない。

ホンマ、ADさんみたいに若いと柔軟に彼色にも染まれるんだろうけど、もう自分の生活スタイルも決まって 志向もわかってくると なかなか彼色には染まりにくいな。

何なら お前が私色に染まれよ!くらいになると思うわ。

後がないと思うと、趣味が合わないの…とか素直に言えないしね〜。

だいたい「セックス&ザ、シティ」これは今どき女子の必須じゃない?

たいがい見てるよ、カブれてしまってる女子も多いよ。

それと奥田さんの生活はもう意識高い系男子やん、独り身が長い女子にはついていけないかも!

意識高い系だから なかなか女子には堅苦しいのやわ、ちょっとくらい気が抜ける方が気楽やもん。

自分だけの物じゃないけど、しっくりくる男と、自分だけの物でもしっくりこない男。
どっちがいいのか わからなくなる倫子。

帰り道倫子はKEYに偶然出会った。そこで聞きたかったこと、結婚しても不幸とは?
どうやらKEYの相手は高校時代の先生だった。その先生が病気から逃げるための逃げ道として結婚したのだった。

好きになろうとして好きになるものじゃない。恋はおちるもの、今頃 やっと気づいた倫子だった。そして奥田に別れを切り出した。

そうです。好きになろうとして好きになるんじゃない、いつの間にか好きになってるものですよね〜?

そう考えたら倫子は 無理をしてたってことで もはや 奥田を好きじゃなかったのよ。

女心をくすぐる言葉に 優しい心遣い、錯覚しても仕方ない。

それから三人が究極の選択をしてるシーン、アラサー女子の恋愛がリアルに出てたよ。

私ならやっぱり 自分のものじゃないけどしっくりくる男、を選択するかなぁ。

居心地とか 楽しさとか 気にするわ。未来がないけど なんとかなるさ、と楽天的に考えるかなぁ。

その代わり、相手のパートナーにバレたら地獄やけどね。それで慰謝料とかとられて すったもんだした人を二人知ってます。

もう聞いてるだけで小説が一冊は書けるよ、くらいスゴかった。

そう考えたら 自分の物でもしっくりこない男を選んだ方がいいか?

うーん、そこで第三の選択肢、どちらも選ばない、新しい男を見つける!
これやね。

スポンサーリンク

 

丸井と涼、自己中過ぎる

倫子の幸せなのろけ話を聞いたあと、小雪は丸井と別れられなかった事をみんなに話す。
結婚は出来ない事実に目をつぶって不倫の道に進んでいた。

丸井と食事。同じものを好きだと嬉しいと丸井は小雪に言った。

ある日 丸井とデート。落語を見に行く事に。
ホント、クズ!と思いながら小雪は可愛いと惚れ直してしまうのだった。

丸井は一応 小雪との関係を辞めようとはしてるんだけど、小雪がアカンわ。

自分から不倫に飛び込んでるんやもんね。

そもそも妻子がいて実家に帰ってるとか これ幸いと恋愛しようとしてる 丸井の心がけがアカンやろ!

それに落語デートしたりお泊まりしたりとか 丸井も小雪を好きなんやろうけど、絶対に離婚はしようと思ってないはず。

結局 不倫が見つかったら奥さんに都合よく謝って 小雪とは別れよう、でおしまいにするんやろなぁ。

そんな奴は 小雪とじゃなくても他でも チョイチョイ つまみ食いをしてるねん。

恋愛体質って言うの? 好きになったんだから仕方ないよね?くらいの軽いノリやねんな。

いかにも誠実そうにしてるけど、もう不倫してる時点で誠実じゃないから。

不倫に走る気持ちはわかるけど ブレーキをかける努力はしたいもんです。

香は 東京オリンピックまでには子供を産みたい、と涼からの連絡には一切出なかった。
そこで思い切って結婚相談所に登録した。入会金30万円と高いが、先行投資だ。

年収は1000万円以上、初婚で30歳代となかなか理想が高い。

すると相談所からピッタリの相手が見つかったと連絡があった。早速 香はその相手と会う事にする。しかし、涼からの電話が入る。香は不毛な恋愛はしないと思い、断りを言う。

しかし、直前になって香は会わずに涼のもとに走る。そして会いたかった、とハグをした。

もう香さん 理想が高すぎよ!年収1000万円以上とか初婚とか30歳代とか あつかましいやろ。

香も意識高い系なん?その割に現実はチャラいバンドマン。

丸井も悪い奴やけど、どちらかというと私は涼の方が始末が悪いと思うよ。

彼女が帰ってくるとなったら香をサッサと追い出し、彼女が仕事で居なかったら 当たり前みたいに香に電話したりして 全く悪気がないのが 逆に始末悪いで。

会いたいとか好きだとか、平気で言うの全く信用が出来ないわ。

きっと彼女にも同じようにやってるの目に見える。香以外にも女が居そう。

この人こそ好きだから仕方ないじゃん?で済ましてしまいそう。

そのうち どこかの泣かせた女にブスッと殺されるかもね。でも そうなってもザマアミロやけど。

第6話の感想まとめ

ズルズルと別れられない小雪と香。感情があるから 厄介だね。相手にパートナーがいるから はい、さよなら!って出来てたら不倫とかはないけど 人間だもの。

倫子もなんとなく違和感があるの、親しくなれば 違う点が見つかるの当たり前だと思うけどな。

全く育った環境も性格も違うんだから そりゃ なんか合わへん、ってよくあるよね?

でもそれって相手も同じように感じてるんじゃないの?自分だけじゃないよ、きっと。

KEYがタラレバさん達は価値観が古い、結婚したら幸せになれるとは限らない。と言ってたけど、四苦八苦しても結婚は一回はしたいよね〜〜。

とりあえず一回は経験したい事の一つですよ

KEYの過去の事もわかって、単にドライな人ではなかったってことで、再び 奥田と別れた倫子と くっつくかな?

でも ここでまた早坂(鈴木亮平さん)が出てきたよ!次回予告で倫子とキスをしてたもんね。

早坂は元々、倫子が好きだったですよね。
倫子が奥田との結婚話を聞いて かなり動揺してたし、また好きだった気持ちが蘇ってきた感じがするもん。

これはKEYに行き着くまでに早坂とも付き合うとかの話もありそう。

小雪の不倫も親父さんが知ったようで、あいつはダメだ、みたいな事を言ってたからこちらも展開がありそう。

それぞれの恋愛模様が どうなるかが楽しみですね。

スポンサーリンク

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ