水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

嘘の戦争 第7話 感想 六車は神保悟志だった!

2017年2月21日

2月21日放送のドラマ「嘘の戦争」第7話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

やっと興三(市村正親さん)に近づき 本格的に復讐を果たそうとした矢先…

なんてこった!興三 心臓発作で倒れるなんて

大どんでん返しや〜、こんな事ある??

浩一(草彅剛さん)の悔しがり様、もう 浩一の立場にしたらたまらんなぁ。

一度は放置して帰りかけるも 悔しさから たまらず心臓マッサージをして助けることに。

積年の恨みがあると やっぱりそうなるか。

そこでターゲットを長男 晃(安田顕さん)に切り替え 第7話では ジワジワ追い詰めていくことにしたみたいだけど、今回はどうやって社会的制裁を与えるのかな?

また 第5話くらいから謎の人物”六車”の名前がチラチラ出てきてるんだけど、どうやらこの”六車”なる人物、ニシナコーポレーションの汚い仕事をしてきた人物みたい。

興三も”六車”に話をつけてあるみたいだから、第7話では いよいよ登場するのかな?

一体 誰が”六車”? もうすでに登場してるのか?

第7話では晃を追い詰める罠と、”六車”とは誰なのか、について書いてみたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

30年前、一家心中に見せかけて殺された家族の復讐(ふくしゅう)を次々に果たした浩一(草彅剛)は、ついに、事件の首謀者である興三(市村正親)に近づくことに成功。興三の娘・楓(山本美月)との結婚も決まる。一方、またしても浩一の巧みなウソに翻弄(ほんろう)され、興三もまた「2人で話がしたい」と浩一を呼び出すが、思わぬ事態に…。そして隆(藤木直人)は浩一が30年前の事件で生き残った“千葉陽一”だと疑いつつも、確固たる証拠をつかめずにいた。
隆の事を気にしつつも、浩一は30年前のOL殺人事件に関わっていながら、これまで何の罰も受けずに生きてきた晃(安田顕)に狙いを定め、事業拡大のために工場を全面改修するよう勧める。そして晃が早速、隆に工事に必要な多額の費用を用立ててくれるよう頼むと、隆は意外にもそれをあっさり承諾するが、それには隆なりの考えがあり…?
上機嫌の晃に、浩一はそれとなく、興三や隆のまわりで怪しい動きを見せる六車という男について尋ねる。晃の話を聞いた浩一の脳裏には、ある疑惑が浮かんで…。

番組公式サイトより引用

浩一が晃を追い詰める罠とは?

興三が心臓発作で倒れ、急遽 ターゲットを晃にした浩一。

30年前の事件に何の贖罪もなく、のうのうと今まできた晃に浩一は、信頼されている事を利用して 事業拡大の為 工場を全面改築してみては?と提案する。

晃に 提案話をする浩一の顔がこわ〜!

裏の顔が全面に出てて 詐欺師ってこんな感じなんか?と思ってしまった。

恨みがこもってるとこんな表情になるのね、草彅くん、いい人を演じていてホンマはこっちの方が本当の草彅くんだったりして?

っていうくらい 迫真の演技。もう人間って怖いわぁ!

浩一の提案通り 晃は早速 社長の隆(藤木直人さん)に多額のお金を出してくれる様 頼みに行った。
晃の提案に 今までなら反対をする隆だが、今回はすんなり資金を提供してくれることに。

実は 隆には思惑があった。隆の罠だったのだ。全ての会話やパソコン履歴を保存しておく様に隆は指示した。

ところがパソコンをハッキングして二千万円を横取りするのを成功した。隆は騙し取られた事で晃を解雇した。晃と隆は会社の事について話し合った。

どうやら興三の代で粉飾決算をしていて危うい状況だったのだ。隆は晃にこの事を伝えた

昔からついてない、とグチる晃に浩一はあなたのチカラにはなれない、と立ち去ってしまう。そして地獄を味わえ、とつぶやく。

晃 ザマアミロ!けどたかが二千万円ぽっち、みたいな感じやん。アホか!

やっぱ、坊ちゃんやなぁ、苦労知らずもいいとこや。

まんまと二千万円ゲット!そして晃も辞めさせられた!でも今までの復讐に比べて ちょっと手ぬるいんじゃないの?

あんまりダメージを受けた様な感じがしないんですけど?

確かに坊ちゃんだから 会社を辞めさせられたのはそれなりのダメージだったかもしれないけどねぇ、もっと社会的制裁を与えないとダメやろ、そう思うのは私だけか?

何者かに殴られているところに、ハルカ(水原希子さん)がギャバ嬢姿になって助ける。
泣き言を言う晃をハルカは慰めた。

一方 隆は二千万円は投資、浩一が詐欺をする証拠を掴む為だった。
ここからは一ノ瀬との騙し合いだ、と隆は決意をした様に言うのだった。

えー?これは隆の罠だったのー?騙すはずが逆に騙されてるやん。

全て 計算だったのか… 晃を辞めさせて、また解決したら会社に戻すって?

そしたら粉飾決算はどういうこと?
それも嘘なの?もし嘘なら隆も負けてないなぁ、浩一を騙すために芝居をうって なかなか やるなぁ。

それに晃が次に復讐のターゲットになって騙されると楓(山本美月さん)に言った通りになったし、もう確実に浩一が千葉陽一だと確信してるわ。

もう次回から騙し合いになるわけでしょ?

目が離せないよ〜!でも私は草彅剛さんの味方ですから。頑張れ、浩一!

謎の人物、”六車”とは?

晃に事業拡大を勧めた浩一は、隆から資金提供を受ける事が決まり すっかり上機嫌だ。

浩一は隆や興三の周りで怪しい動きをみせる”六車”の存在が気になっていた。そこで機嫌が良い晃に 何気なく”六車”の存在を聞く。

浩一にとって 姿が見えない”六車”の存在は脅威やろね。

ニシナコーポレーションの裏の仕事をしてきたとなれば これは注意しないといけないからなぁ、どんな人物か根掘り葉掘り聞きたいとこかな?

まぁ、私なら気になって気になって仕方ないから、何としても正体を掴むね。

それから先手を打つ計画を立てる。
先手必勝ですよ。

それにしても 罠にはめられるとは知らず、晃のノーテンキさ、どうよ?

その”六車”は晃の話では晃が学生の頃から働いていた人物らしい。ヤクザにも顔がきくらしい。
晃から”六車”なる人物の事を聞いた浩一はある疑惑が浮かぶ。

浩一は会社に盗聴器が仕込んである事を見越して逆に罠を仕掛け、”六車”から全てを聞き出そうとしていた。

パソコンから部屋を見張る浩一。するとまんまと”六車”が現れるが 浩一が見張っているカメラをジッと見つめて 見張っているのをわかっているかの様にニヤリと笑った。

サングラスをとったら六車が…
なんと神保悟志さんだった〜!

なかなかの渋い俳優さんな割に愛妻家でもある神保悟志さんだったなんて!

ハードボイルドタッチでも似合う俳優さんだから ヤクザにも顔がきく役なんてピッタリじゃありませんか!

実は相棒でもキャリアの警察官僚役もしてますよね。インテリでも殺し屋でもいける俳優さんだと思いますね。

でも浩一の罠を見透かした様にニヤリとするなんて これは一筋縄ではいかない相手だ!

それもそのはず、30年前から、いやもっと前から汚い仕事を引き受けてやっていたら 簡単にはいかないわ。

単に騙すか騙されるかよりもホント命を狙われてしまうとか ヤバいヤバい。

ハルカの言う通り 手を引いた方がいいかもよ

死んだら元も子もないんだから。

第7話の感想まとめ

隆が確信が持てないとはいえ、浩一が千葉陽一だと ずっと疑っているのが見ててドキドキしてしまうわー。

どうしよう!バレてしまうわ、と思ったら手に汗握ってチカラが入ってしまってる。

あと興三が意識を取り戻した時、浩一がそばに居たら 二人の間にあった事を思い出した!

すっかり聞いてるやん、浩一が千葉陽一だとわかったみたい!

ひえー、どうするのよ!でも言葉は出ないから もう時間の問題や、アカン、もう見てられへん!

それにしても命の危険があるわりには興三、顔色が良すぎ、病人なのに どういうことやねん!

あと、最後のシーンで とうとうハルカが好きだと告白したよ、涙ぐみながら告白してるのに浩一は六車に意識がいっちゃってるよ。

タイミング悪すぎやろ、気持ちが高まったから言ったのだろうけど、これは 無視されても仕方ない。

ハルカには再度 トライしてもらいたいもんです。

第8話では 浩一が六車に拳銃で撃たれるシーンがあったり、逆に隆に追い詰められてしまうシーンがあったりと 浩一の復讐は最後までできないのか?

イヤイヤ、ピンチだと思わせといて実はそれも計算のうちで…

っていうような展開を期待してますよ。

スポンサーリンク

 

「嘘の戦争」第7話の視聴率はこちらのまとめへどうぞ!

「嘘の戦争」全話の感想まとめはこちらです!

 

-テレビ
-