水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

嘘の戦争 第6話 大杉連が六車(むぐるま)?会長の発作は演技?死んだ?

2017年2月14日

2月14日放送のドラマ「嘘の戦争」第6話のネタバレ感想を書いて行きたいと思います。

いつの間にか このドラマ、毎週楽しみになってきました。

毎回 草彅剛さん扮する一ノ瀬浩一が標的を確実に復讐していくんだから たまらん!

そしてターゲットになる奴が またクズ。社会的に抹殺してくれるんだから ワクワクしてしまう。

ワクワクするといえば 草彅剛さんのターゲットを狙う表情、いい人でニコニコしてるイメージがあるから 振り幅ハンパない!

毎回 楽しみです。第5話では長女 楓(山本美月)の恋人として仁科家に入っていったところで終わりました。

でもその仁科隆(藤木直人)と興三(市村正親)は浩一を怪しがってるし、長男 晃(安田顕)が30年前の事件にからんでるしで第6話も 見逃せない展開になりそうです。

それに浩一を巡って、浩一に好意を持っているハルカ(水原希子さん)が楓と対立しそうだし、こちらの展開も気になりそう!

浩一と会長との食事会では、予想外に楓との婚約を許してくれました。

そして浩一と会長の2人だけで会長が生まれた村にやってきたときに心臓の発作で会長が倒れてしまいました。

一度は見捨てた浩一ですが、走って戻ってきて心臓マッサージを始めました。

生きてもっと苦しめ!

ちなみに心臓マッサージをするペースは「世界に一つだけの花」か「夜空ノムコウ」が良いらしいですよ!

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

9歳の時、一家心中に見せかけて家族を殺された浩一(草彅剛)は、やがて天才詐欺師となり、30年の時を経て当時の事件関係者に次々と復讐(ふくしゅう)を果たしてきた。最大の敵・興三(市村正親)に復讐を果たすため、浩一は結婚詐欺師のように正体を隠し、長女・楓(山本美月)とウソの交際。近々家族にあいさつをしたいからと楓をさとし、浩一はついに興三と直接会うチャンスを得る。

二科家に招かれた浩一は、さっそく興三と隆(藤木直人)から過去について詮索される。緊張感あふれる昼食会が開かれるが、話は意外な方向に進んでいき…。その頃、ハルカ(水原希子)は何者かに尾行される気配を感じ、二科家が本格的に動き出したことに焦りを覚える。

一方、隆は何者かが30年前の事件の復讐に動いていると推測し、事件の生き残りである“千葉陽一”を疑っていた。楓と交際して急速に二科家に近づいてきた浩一に対しても警戒を強め、隆は再び児童養護施設の守(大杉漣)を訪ねる。「千葉陽一さんについて確認したいことがある」――隆の再三の申し出に守は…?

番組公式サイトより引用

六車って三瓶守(大杉連)?

仁科隆が三瓶守の養護施設を訪れたときに千葉陽一について嘘をついたことを、浩一に

仁科家と関わるな

と言いましたよね?

仁科隆と、ではなく仁科家と。

三瓶守は仁科家と関わりがあったということですよね!

そこで、以前から気になるのが会長がたびたび口にする

六車(むぐるま)という人物です。

どうも実力行使で、汚い仕事をする専門の人物のようです。

ハルカを尾行したりもしてましたね。

この六車って一度も顔が映ってないですよね。

まさか!?

三瓶守が六車?

仁科家と関わるなというのは、浩一に手を出したくないという気持ちから、つい出てしまった言葉なのかも!

スポンサーリンク

会長が倒れたのは演技?

会長が浩一と2人きりで会う前、

2人きりのほうが本音を話す

と言ってました。

会長が倒れている間、浩一は

30年前の復讐だ

苦しめ

生きて苦しめ

など言っていました。

もし、会長が倒れたのが演技なら完全に浩一が千葉陽一だとばれてしまいますよね。

大丈夫なんでしょうか!?

第6話感想まとめ

会長に気に入られて楓と婚約したり、楓とハルカが浩一を取り合ったり、会長が倒れて死んだ?

急展開ですね。

千葉陽一であることがバレそうでバレなかったのもドキドキしました。

次回はどうなるのか?

続きが楽しみですね!

スポンサーリンク

 

「嘘の戦争」第6話の視聴率はこちらのまとめへどうぞ!

「嘘の戦争」全話の感想まとめはこちらです!

-テレビ
-