水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

嘘の戦争 第3話 感想 三輪を許した?甘い!

2017年1月25日

1月24日放送のドラマ「嘘の戦争」第3話の感想を書いて行きたいと思います。

今回は9歳のころ、何者かに一家を殺害された少年に嘘の証言を強要した刑事がターゲットでした。

どんな方法で復讐をするのか楽しみにしてたのに、まさかこんな結果になってしまうとは…

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

復讐(ふくしゅう)の鬼と化した浩一(草彅剛)は、30年前に父親を殺した五十嵐(甲本雅裕)と、うその証言をした見返りに二科家の顧問弁護士にまで上り詰めた六反田(飯田基祐)を次々にワナに陥れ、復讐を遂げていく。一方で晃(安田顕)や楓(山本美月)との距離を縮め、事件を指示していた興三(市村正親)に少しずつ近づいていた。
そんな浩一が次に狙うターゲットは、30年前に捜査を担当した刑事の三輪郁夫(六平直政)。三輪は、浩一の家族が意図的に殺されたことを知っていながら殺人を隠ぺいし、9歳だった陽一(後の浩一)に事件は父親による心中だったとうその証言を強要した人物だった。

「あいつだけはこの手で直接、破滅させたい」

――早速、浩一が三輪の身辺を調べると、思わぬ人物だった事が明らかになり……。

一方、晃を味方につけたことで楓との仲も急接近。浩一の作戦は万事順調だったが、ハルカ(水原希子)は、そんな浩一を複雑な思いで見つめていた。
そして30年前の事件の生き残りである千葉陽一と一ノ瀬浩一が同一人物だとはまだ気づいていない隆(藤木直人)は、浩一に対しての不信感を募らせていく…。

番組公式サイトより引用

まさか許すとは!

復讐の鬼と化したハズの浩一でしたが、今回のターゲットの三輪が心から過去の過ちを反省してその報いを素直に受け止めたことで、浩一は三輪を許したようです。

確かに三輪は盗撮疑惑や暴行疑惑でスキャンダルになってしまいましたが、有名人でもない三輪のスキャンダルなんて三日もすれば誰も覚えてないですよね。

隆の呼び出しを受けた浩一に

浩一に嘘をつかせたという過去の過ちに対して、浩一の正体を隆に明かさないという嘘で償った三輪ですが、こんなもの演技かもしれないですよね。

浩一が自分に復讐しようとしていることは明らかなんですから、浩一の正体を黙っていることで貸しを作ろうとしてもおかしくないです。

なんかちょっとガッカリですよね。

確かに三輪は1歳の娘を救うために、仁科興三の誘いに乗ってしまい捜査を妨害したという同情できる面はありますが、詐欺師になったきっかけを作った刑事をこんな簡単に許していいのでしょうか!?

もっと追い込んで追い込んで破滅させるんだと思ったら、浩一もちょっと三輪に同情した感じでしたね。

甘い!甘すぎる!

もっと冷酷非道な復讐を果たして欲しいです。

復讐のために楓の好意を利用するくらいなんですから、もっと出来るハズ!

第3話感想まとめ

とにかくガッカリです。

1話ごとに復讐を果たすスッキリストーリーだと思ってたら、中途半端な復讐で終わらせてしまったので残念ですね。

愛する父との約束を破って自分に嘘をつかせた刑事ですよ?

あー許せんわ。

なんでこんなに甘いんかな。

次回第4話は事の発端、仁科興三に30年前の事件もみ消しを依頼した代議士・四条綾子(ジュディオング)がターゲットです。

今回みたいなふがいない復讐では許しませんよ!!

スポンサーリンク

「嘘の戦争」第3話の視聴率はこちらのまとめへどうぞ!

「嘘の戦争」全話の感想まとめはこちら!

-テレビ