水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

タラレバ娘 2話 感想 キスから元サヤ?坂口健太郎の俺とやる?がヤバい!

2017年1月25日

1月25日放送のドラマ「東京タラレバ娘」第2話の感想を書いて行きたいと思います。

第1話で 感じた素朴な感想。主演の吉高由里子さんが今までになくチョッピリ大人な演技をしていたなぁって。

福田彩乃さんのモノマネが余りにも印象的で 吉高由里子さんって いつもあんな舌足らずで酔っ払っている、みたいな感じがあってですねー。

だから 普通やん?吉高由里子さん普通に演技してるやん、ってね。

アラサーで、あんな酔っ払ってるみたいじゃ逆におかしいよね?

と一人で納得したりして。

第2話では鎌田倫子(吉高由里子さん)の同級生、山川香(榮倉奈々さん)の元カレが出現。

どうやらバンドマンらしい、そしてその俳優が平岡祐太さんなんだと!

これは ときめくわ。絶対 カッコイイのわかってるもん。香、なんで別れたんなぁ?

そこらへんの理由もわかるかな。ということで、香とバンドマンが再会してどうなったか?と、倫子は第1話で売り出し中のモデル、KEY(坂口健太郎さん)と 出会ったけど KEYってぶっきらぼうだけど、一体どんな人なの?
と、この二つについて書いてみたいと思います。

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

早坂(鈴木亮平)がマミ(石川恋)と付き合い始めたショックを引きずり続ける倫子(吉高由里子)。 さらに、自分たちを「タラレバ女」と名付けた男・KEY (坂口健太郎)が今話題のモデルだということも判明し、衝撃を受ける。

ある日、早坂から新ドラマの主題歌を歌うバンドのライブに誘われた倫子は、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)と一緒に行くことに。 ライブに集まった若い女子たちの熱気に押され気味の3人。そんな中、香はギタリストに見覚えが……

それはなんと、元カレ・涼(平岡祐太)だった!!

運命的な再会に胸をときめかせる香。しかし、涼にはモデルの彼女がいることがわかり、香はどっぷり落ち込んでしまう。

一方、「恋がダメでも仕事だけは」と脚本執筆に精を出す倫子だったが、突然、新ドラマの仕事から降ろされてしまう。

代わりに脚本を担当することになったのは若い女性脚本家・笹崎まりか(筧美和子)。マミから「女を使って仕事を取ったのかも」と聞かされた倫子は、真相を確かめようと彼女を尾行するが……!

そして、街中で花束を手にしたKEYを見かけた小雪は、KEYの意外な一面を目撃する……!?

番組公式サイトより引用

香とバンドマンは再会から元サヤに?

今日も同級生三人組は回転寿司をつまみながらタラレバ話に盛り上がる。

ある日、倫子は早坂(鈴木亮平さん)から新ドラマの主題歌を歌うバンドのライブに誘われた。倫子はライブに香と小雪(大島優子さん)と見に出かけた。

若い子達のテンションについていけず、押され気味。そんな中、香はバンドのギターに見覚えがあった。

以前に付き合っていた元カレ、涼(平岡祐太さん)だった。

 

愛さえあればなんでも乗り越えられる。

あー、若い時にはありがちな言葉だわ。

経済的に乗り越えられなかったのは やっぱりねー。いつか、いつかが愛がある時には 未来の言葉なんだけどねー。

結局 別れたのは私的には正解だと思うよ。きっと、売れても 売れたらモテまくりで捨てられるのが定番じゃない?

売れてるミュージシャンでも何人もいたじゃない?誰とは言いませんが!

 

やっと会えた、とハグをする涼に”この再会は運命かも!”とときめく香だったが、肝心の涼にはモデルの彼女がいたのだ。

”またファンの人にハグしてたの?”と今カノはサラッと言った。

胸がときめいた分、ドッと落ち込んでしまった香。そして また三人で慰めあうのだった。

 

そこに、KEYが登場。”売れてなかったから別れたんでしょ?”と言われ 人の物になってから気付くこともある、とさらに落ち込んでしまった。

私達の時間はいつの間にか過ぎる。

時間は巻き戻せない、それぞれが現実に立ち返って感じるのだった。

なんかライブにも居酒屋にもKEYは三人の行くとこには こまめに現れるんだけど、三人とKEYはテリトリーが同じなのか?

そして わざわざ キツイ一言。

確かに当たってるんやけど、何もそこまでズバリと言わなくても…

売れなかったから別れるのは そんなにダメなんか?将来を考えて別れたのは 見捨てたってことなんか?

そりゃないよ、女はいつまでも若くはないんだよ、現実見て何が悪い!でも涼役の平岡祐太さん、少年ぽくっていい!

ウーン、惜しいな。付き合うの今ならOKなのになぁ。

香に涼から電話がかかってきた。会いたい、と言われ 行かない、と思わず答え 香は仕事に打ち込む。

仕事がひと段落、ふとまだ待ってるのか気になった香は待ち合わせ場所に行った。と そこには涼がまだ居て香を抱きしめた。

そして、涼の部屋に連れて行かれ東京タワーを見る。

そして、キスをしたー!

そして、一夜を過ごしてしまう。

やってもたなぁ。

マンションに行き東京タワーを二人で見つめ そしてそのまま…。

そこまではよい!次の日 部屋には彼女の持ち物が至る所にあって 同棲してるの丸わかり。

香が聞いたら あっさり同棲を認め、彼女は仕事で海外に行ってる、だと?

チョット待って、もしかしたら彼女が居ないから 思いきり羽を伸ばしたってこと?

浮気ですか? 悪気もなさそうにしてるとこみると これは しょっちゅうありそうやな。

香が手っ取り早く浮気できそうだったから 誘ったみたいな感じやね。

少年ぽくっていいと言ったけど、頭の中身も少年のままか?この先 香はどうするのかな?
大人の付き合いで割り切る?手っ取り早く言えばセフレになるか?

それとも略奪?ウーン、イメージじゃない!

スポンサーリンク

KEYって一体 何者?

仕事に頑張る、と倫子は新ドラマの脚本執筆に張り切るが 突然 執筆を降ろされてしまう。
どうやら新人の脚本家(筧美和子さん)が書く事になっているらしい。

いきなりの事で慌てる倫子にADのマミ(石川 恋さん)は”女を武器にして仕事をとったらしい”と告げる。

倫子は本当に”女を武器”に仕事をとったのか真相を確かめようと尾行を開始。ところがホテルで打ち合わせを和気あいあいとしていた。

アラサーが若い女にまけた。辛い、つら過ぎる。まして、脚本もキュンキュンする脚本で負けたとなったら、女じゃなくなった感じがするよ…

いやいや、充分 可愛いよ。ただ、男性は若い方が好きなんだもん、少々 顔がブサイクでも若い方が好きなんだもん、これは仕方ない。

って世間がこんな風潮だから アラサーの女性は(それ以上の年齢も) せっせとコラーゲンとったり、アラサーは人生の終わりだと感じて悩んだりするのよ。

まぁ、これを過ぎれば開き直りますけど。

公園で偶然倫子はKEYに遭遇する。モデルの仕事の途中らしく、相変わらず冷たい言葉を倫子に投げつける。

一方、街中で小雪はKEYを目撃する。KEYは花をかかえ、どこかに向かっていた。気になった小雪は後をつけたら お墓だった。

KEYは”ヨーコ”というお墓で手を合わせていた。

仕事がなくなり”呑べえ”で酔っ払う倫子。そこにKEYが現れる。ところが落ち込む倫子を見て、KEYは色々 質問してきた。

”女を怠けてたツケが仕事で回ってきた、やり直したい” 思わずグチる倫子だったがKEYは何も言わずに聞いていた。

酔っ払って寝てしまった倫子をKEYはおんぶして家まで送る。起き出してからもグチる倫子にKEYは ちゃんとしろよ、タラレバ女と言う。

そんな倫子にKEYは俺とやってみる?

と近づいてキスをし一夜を共にした。

こっちもやってもたー。

こちらは年下や。倫子のグチを聞いてる時に、そのグチがある女性と同じだというような事を言ってたけど、倫子と関係を持ったのは その女性とダブったから?

その女性は御墓参りをしてた”ヨーコ”という女性やね?KEYは ヨーコと付き合っていたんだろうけど、倫子と関係を持つとか 急展開じゃないですか!

お互い 大人だからそんなもんかもしれないけど、KEYは倫子を好きで関係を持ったんじゃないでしょ?

1話、2話だけじゃこのKEY、言うこと当たってるけど キツイよ。

優しい言葉は全く言ってるの聞いた事ないわ。

何気に心配りはあるけど、決して表面には出さないの、関西弁でいうと”いけず”やね。

坂口健太郎さん、こんなクールな役もやりこなしてしまって これはこれでいい感じ!

第2話の感想まとめ

第1話では倫子が早坂に勝手にときめき、勝手にフラれ、第2話では香が元カレ、涼にときめき 彼女がいた事で落ち込み…。

上手くいかないなぁ。

それも新しい出会いなら まだマシなんだけどねー。

別れた(または告白してきた)彼は すでに新しい出会いをして 楽しくやってるのに、まだタラレバ娘達は 前に進んでない。

タラレバ話で盛り上がりすぎたから、みんなに先を越された結果だね。まぁ、同じ境遇の人達とつるんでいるうちは脱皮できないわ。

それに、倫子は仕事でも新人に仕事を取られて散々やな。まして”女を武器に”とかアラサーにはできない事で取られるのはショックやもん。

色々辛すぎる… その上 香も倫子も関係を持ってしまって、本当に”次の一手がみつからない”とは。付き合うのか、一度の関係で終わるのか?

若かったら なりふり構わず付き合ってとか言えるけど、アラサーではね…ビミョ〜。

二人がややこしい状態の中、今度は小雪までも ”超絶タイプ”の彼が現れて 小雪だけでもこじらせないでほしいわ。

第3話では三人の男関係、どんな展開になるでしょうね、楽しみです。

スポンサーリンク

「東京タラレバ娘」第2話の視聴率はこちらのまとめへどうぞ!

「東京タラレバ娘」全話の感想まとめはこちらです!

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ