水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

ドクターX 最終回 感想まとめ 感動で面白かった!ピコ太郎が心筋梗塞?

2016年12月22日

12月22日放送のドラマ「ドクターX」第11話・最終回のネタバレあらすじと感想を書いて行きたいと思います。

前回の第10話では中国の財閥王の妻入院したきました、しかも東帝大学病院から優秀な医師を引き抜くためでもありました。

そのメンバーの中には世界の北野や城之内先生の名前も!

しかし、城之内先生は体調が悪そう。

オペの途中で苦しそうにして未知子の指示を聞き逃してしまいます。

「もう私のオペにつかないで」

と未知子は城之内先生に言いますが、それは病気の事を話してくれないことが寂しかったからです。

出て行った城之内先生を慌てて追いかけますが、苦しそうに倒れてしまいました。

 

そして、今回はついに最終回!!

城之内先生は助かるのか?

未知子はどうやって助けるのか?

それでは感想まとめ行ってみましょう!!

スポンサーリンク

あらすじ

 局所進行膵がんであることを誰にも打ち明けず、気丈に振る舞っていたフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)が、ついに倒れてしまった! 同志の博美を何とかしてこの手で救いたい――その一心で、大門未知子(米倉涼子)は執刀医になることを申し出る。ところが、未知子の腕をもってしても、博美のがんは完全切除が不可能な状態…。そのことを重々自覚している博美は、未知子の申し出を断った上で、愛する娘・舞(藤井杏奈)に病気がバレないよう協力してほしいと頼む。

 一方、上海で新病院設立計画を進めている中国の財閥王・王超(矢野浩二)は、スーパードクターの北野亨(滝藤賢一)や博美をはじめ、「東帝大学病院」から優秀な医師を引き抜こうと画策。そんな王の紹介で、ある病気を患った次期大統領候補レオナルド・スコップ(チャールズ・グラバー)と、妊娠中の妻ダイアナ(ジェニー・スキッドモア)が「東帝大」に極秘入院する。北野が担当するレオナルドの手術に、まるで興味を示さない未知子。ところが術式を聞いた途端、なぜか乗り気に! 第三助手として手術に参加するが、そこで何を考えているのか、“とんでもない行動”に出て…!?

 その直後、未知子は再び博美に、執刀させてほしいと申し出る。「私、失敗しないので」――その言葉に背中を押された博美は、すべてを未知子に託すことに。背水の陣の覚悟で、手術を始める未知子。だが、そんな彼女の手が突如、止まってしまい…!?

番組公式サイトより引用

未知子の作戦

城之内先生のオペのために、前もってIREナイフという何千万円以上もする機器を借りて(盗んで)来た未知子は、さらに手術室を無断で仕様して城之内先生のオペを行いました。

しかし、腫瘍は切除しきれず、オペは終了。

 

その事を城之内先生に伝えたあと、院内を散歩しているとき、

「神様って意地悪だよね。シングルマザーにこんな仕打ちするなんて」

「私にはあとどれくらい時間が残ってるのかな」

と城之内先生が言うと、

「余命なんてね、医者が責任逃れするための言い訳なの」

「会っておきたい男とかいないの?」

と未知子が聞くと

「いない。病気の事わかってから、舞にお金残さなきゃ。とか考える」

「でも、ほんとは生きていたい」

「舞がプリマになったら一緒に泣きたかった」

「麻雀で三倍満もしてみたかった」

「もっとオペがしたかった。逃げ出したくなることもあるけど、患者さんのバイタルの音聞いてると自分も生きてるって…」

「大門さんなら解るでしょ?そんなオペ大門さんともっとしたかったな」

未知子は上を向いて必死で涙をこらえます。

 

このシーンほんと泣きそうでした。

 

医局に戻った未知子は、なんとか他の策は無いかと考えに考え悩みますが、一向に答えは出てきませんでした。

そんな未知子を心配する加治先生は

「失敗じゃないけど、自分にはどうしようもなかったという経験は医者なら誰もが経験している」

 加治先生優しい。

失敗じゃないけどって言ってあげる優しさに惚れたわ。

 

名医紹介所で晶のおごりで焼肉を食べる未知子と城之内先生と舞。

城之内先生は全く食べない。

「舞、大事な話があるの」

と病気の事を話そうとしますが

「彼氏が出来た?再婚する?」

と目を輝かせて聞く舞に戸惑う城之内先生。

 

いきなり未知子は病院行こうと城之内先生を連れ出して検査をします。

「ダウンステージよ!」

と検査結果を見た未知子は興奮した様子で城之内先生に話します。

ダウンステージってなに?って調べてみたら、

”化学療法などでがんの病期(ステージ)を下げること”

だそうです。

未知子はダウンステージングした理由を

「IREナイフで可能な限り切除したから癌細胞が死滅したの」

と言ってましたね。

ここまで計算してIREナイフを借りて(盗んで)きたんでしょうか!?

すご過ぎます!!

 

そして、城之内先生の2回目のオペが始まります。

助手には加治先生と原先生。

 

 

手術が始まると、舞と晶は協会に聖歌隊の「きよしこの夜」を聞きに来ていました。

晶は舞に

お母さんはすい臓がんという病気でかなり悪い。でも大丈夫、大門未知子がついてるから」

と率直に事実を告げ、励まします。

「ママを助けて!」

と祈る舞。

「大丈夫、舞。絶対あきらめないから」

と未知子。

「神様、大門未知子にお力をお貸しください」

と晶。

「私、失敗しないので」

と未知子

聖歌隊の歌がまた泣ける。

 

順調に進んでいるとき、急に大量出血で慌てていると北野先生が登場!

今回も未知子に的確なアドバイスを送り止血に成功し、手術は無事成功しました!!

よかった!!

メリークリスマス!

と言って手術室をあとにした未知子は嬉しさのあまり泣きそうでしたね。

スポンサーリンク

エピローグ

 

上海の病院が開院し、北野や他の引き抜かれた医師たちが、希望に満ち溢れるなか登場した病院長は、なんと久保東子!!

北野は信じられない!と落胆してました。

一方、東帝大学病院は医局員が大量に流出してしまったため、蛭間院長の新年のあいさつはがらんとした空間で寂しい感じ。

そこへ理事がやってきて、蛭間院長は知床の第16分院へ異動となってしまいます(笑)

そこへ晶がメロン二つもって未知子と城之内先生の3か月間の請求書を持って来ます。

「契約終了バンザーイ!」

と言って晶はスキップでいつものようにロビーを駆け抜けます。

しばらくこの姿も見納めですね。

 

城之内先生は病室で舞に

「奇跡って神様じゃなくって人間が起こすものなのかも知れないわね」

と言い舞と2人笑顔になります。

よかったね~。

死ななくてよかった。

でも神様に祈ってくれた舞に「神様じゃなくて人間が奇跡を起こす」って言っちゃうのはどうなの?とちょっと思ってしまって感動が薄れる…(笑)

母「ロンドンにいい男いるかな?」

舞「マイケル(10)」

 

未知子は契約終了後いろんなところに行ったようです。

未知子の姿が見えないので晶が

「未知子、どこへ行ったのかしら」

と言っています。

アメリカ国旗が意味ありげに映し出されていたので、まさか次回のシーズン5はアメリカが舞台か?

なんて思ってたら、実は二階で寝ていた未知子が降りてきます。

そこへ宅配便。

配達員は今年PPAPで話題の

ピコ太郎

受け取りのサインをするとき

「アイハブアペン~」

と始めるので、まさかやってしまうのか!?

と期待していると

「あ゛あ゛~」

と言って倒れ込むピコ太郎。

未知子の診断は心筋梗塞!(笑)

古坂大魔王さん心筋梗塞!

果たして助かったのかどうか…

最終回感想まとめ

ああ、終わってしまった~。

今期の見ていたドラマが全部終わってしまった~。

「ドクターX」、やっぱり安定の面白さでしたね。

ストーリーも面白いし小ネタも多くて面白い。

言うことなしですよ。

今回の城之内先生の病気で、未知子が泣く泣く(笑)

実際泣いてないんだけど、ウルウルしてる未知子が良かったです。

どうせ最後は助かるとは思っていましたけど、ダウンステージで手術が可能になったことがわかったときは本当に嬉しかったですね。

城之内先生が助かる!!死なない!って(笑)

このコンビは永久に不滅ですよ。

ちょっとマンネリ化が心配されますが、続編のシーズン5を楽しみに待ちたいですね!!

しばらくは未知子ロスに浸りたいと思います。

スポンサーリンク

 
 
 

 

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ