水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

砂の塔 最終回 感想まとめ 犯人は生方航平!その理由や動機が泣ける!弓子がかわいそう

2016年12月16日

12月16日放送のドラマ「砂の塔」第10話最終回のネタバレあらすじと感想を書いて行きたいと思います。

もう やっと最終回でハーメルン事件の犯人が判明するかー、待ったわ、長かった(泣)

当初から犯人は隣人、弓子(松嶋菜々子さん)かと思わせといて、む、む?息子の和樹(佐野勇斗さん)が犯人なの??と思いきや実は実は二人共犯人ではなかったわけで…

犯人じゃなかったけど、和樹は弓子の息子だった、そして仲間からイジメられていた、とか弓子の壮絶な過去が明らかになって実は殺人を犯していた、とか これはこれでエーッ?の連続だったのだけどね。

夫、健一(田中直樹さん)の裏の仕事に弓子と結婚していた事、タワマンマンションでのママボスたちのヒエラルキーなどなど。

ヒヤヒヤ、ドキドキには事欠かなかったドラマだったわー!

んじゃ〜犯人は誰なの?とうとう今回で分かると。”衝撃のラスト”とかあると、やっぱり犯人はあの人?

気になる犯人と、これも最後にはどうなるのよー、と思うのが弓子は最後まで和樹に母親である事を告げずに去って行ってしまうのか?じゃない?

 

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

母親たちを震えあがらせた完全犯罪…幼児連続誘拐事件、通称ハーメルン事件が、ついに決着!はたして犯人は誰だったのか?何が目的だったのか?そして、誘拐された子供たちの行方は…?
黄色いカーネーションに込められたメッセージとは?
子供のあつかいに長けているという推理は?
未成年である可能性は?
すべての謎が解き放たれた時——その真実にあなたは涙する!!
「ハーメルンの犯人を見た」と亜紀に言い残し、突如姿を消した和樹。健一は、和樹を手放さざるを得なくなった弓子が強硬手段に出て、連れ去ったのではと焦る。そんな矢先…彼らが住むマンションで、黄色いカーネーションが発見された!さらわれたのは和樹なのか、それとも別の子ども—?住民たちに緊張が走る中、生方は犯人らしき人物と遭遇!揉み合う中、生方を襲う刃がきらめいた!
一方、犯人の手掛かりを掴んだ刑事・荒又と津久井は山梨県へ急行!しかし辿りついたのは誰も住んでいない廃村だった。
何故こんな場所に犯人が——?いぶかる彼らを森の中から狙う、怪しい目線…
あらたなる謎に振り回される刑事達はそこで、悲劇と愛に満ちた衝撃の事実を目撃する!
いよいよ明かされる衝撃の結末…
誰も予想できなかった連続誘拐事件の真相とは…?

番組公式サイトより引用

フードをかぶった男は誰?

第9話から登場した黒いフードをかぶった人物が、阿相俊介を誘拐したことは明らかでしたが、この人物が誰なのかがふめいでしたね。

和樹と連絡が取れなくなった

と慌てる亜紀と健一を見たそらが航平に電話をかけたときに、航平はタワマンの前に居て

そこで黒いフードをかぶった男を見て追いかけた航平はナイフで切りつけられて腕をケガします。

 

それにしても航平は誰にケガをさせられたのよ?

自作自演じゃないよね、黒のフードの男がいるんやもん。実は生方は共犯関係にあって、カムフラージュしてる?

このフードの男、ホンマに誰?生方犯人説が怪しくなってきた、かも!

その時は誰かわかりませんでしたが、その後の健一の調べで

フードの男は阿相武文だったことがわかりました。

自分の子供をハーメルンに誘拐されたと思わせて寛子から金を巻き上げるつもりだったんです。

しかも俊介はとなりのタワマンに住まわせてる愛人宅にいました。

 

金の事しか頭にないヒドイ男ですよね。

その事が明らかになったことで、寛子はこれまでの見栄を捨て俊介とやり直す決意をしました。

その時飾ってあったクリスマスツリーを倒して卓上コンロに当たってガス漏れ、消し忘れたロウソクの火に引火して爆発してしまいました。

この演出はちょっと無理やりな感じでしたけど、閉じ込めてあった和樹を助けるために戻ってきた航平と亜紀が鉢合わせするためには外せないきっかけだったんですね。

 

阿相の狂言誘拐だとわかるまでは、やっぱり真犯人は航平じゃなかったの?って思いましたが、俊介誘拐自体がミスリードさせるためのストーリーでしたね。

だまされるとこでしたよ!

 

亜紀と健一が警察に行って子供が居なくなったって言ってるのに、取り合ってくれないとかある?警察、アホやな。

和樹がお騒がせしたから、取り合ってくれないんやろけど、そんな対応してるから何かあった時に警察の対応が問題になるねん!

警察、ホンマ 犯人も捕まえられへんくせに 態度だけはえらそうにして、ムカつくな!

けど、荒又さん 地道な捜査のおかげで 何とか犯人にたどり着いた感じやね。ミヤセレイコ?ってだれ?

ワゴン車に乗っているとこ、映ったけどダレ?この人?やったわ。一回も出てきてないから知らんわな、確かに。

まだ若そうやけど認知症なん?こんな人が犯人?やっぱりもう一人犯人が居るんやな。この人だけでは子供をさらうのは無理っぽいもんねー。

しかし、まぁ、寛子の旦那、クズやな、自分の子供をさらって愛人と暮らしてるなんて。

それに、ハーメルン事件を模倣して寛子からお金を巻き上げようとか、ホンマ カスやしクズやな。

やっぱり夫婦は似た者同士や。

もしかしたら このドラマの一番のクズはこの旦那かもしれんね。

スポンサーリンク

ハーメルン事件の真相が泣ける

阿相に切られた腕を診療所で治療してもらうときに背中にやけどのあとがあった航平。

古い傷あとでしたがそのことに触れられたくない感じでしたね。

恐らく子供のころに母親に虐待された跡のようです。

 

ハーメルン事件の犯人が吹いていた口笛が認知症治療のための音楽だと突き止めた荒又刑事たちは山梨県へ行きます。

そこは廃村になった場所でした。

一軒一軒しらみつぶしに当たる荒又たちは誰かが暮らしている痕跡のある家を発見します。

そこにはハーメルン事件で誘拐された子供たちが暮らしていました。

子供たちは自らこの場所にいることを選んだのです。

 

1人目の誘拐は航平の、認知症の母親によるものでした。

誘拐というよりは、悲しんでいる子供を連れて帰ってあげた。

という感じだったようです。

 

航平は母親の誘拐をかばうために自らが、ハーメルン事件の犯人となり第2第3の誘拐を行っていたのです。

 

航平に連れていかれた子は、恐らく先に連れていった子たちに誘われたのかも知れません。

母親に虐待されていた子供たちばかりなので自主的について行ったのです。

 

タワマンの爆発を見て慌てて和樹を助けに来た航平は同じく助けに来た亜紀と鉢合わせになります。

亜紀「もしかして犯人なの?」

航平「そうだよ。おれがハーメルン事件の、犯人。全員おれがさらった。」

亜紀「何でそんなことしたの?」

航平「愚かな母親を罰するため。亜紀さんもよくわかってるだろ?世の中くずな母親ばかり。おれの母親もそうだった」

「信じられない?これが証拠」

母親に虐待されたやけどの跡を見せます。

「子供の命なんてなんともおもってねえ毒親はゴロゴロいる。そういう母親には罰を与えないと」

 

亜紀「誰かをかばってるの?」

そこへ消防隊員がやってきて航平は逃げます。

逃げる途中母親に電話して、

「どこでもいいからとにかく逃げて!捕まっても全部俺が勝手にやったって言うんだよ!いい?母さん!」

捕まった航平は

「全部俺がやったんだ」

と言い続けます。

荒又刑事は

「もう全部終わったんだ。本当の自分に戻っていいんだ。」

連行される途中、

「母は母で大変だったんです。父を本当に愛していたのにゴミみたいに捨てられて。かわいそうな人なんです」

亜紀に

「なんで子供たちを?」

と聞かれた航平は

 

あの子たちが昔の俺に見えたから

愛して欲しいのに愛してもらえない

逃げたいのに逃げ出せない

同じに見えたから

助けてやりたかった

それと母親たちに気づいてほしかった

子供が目の前からいなくなったらどんな思いをするか

 

荒又は航平の母親が同じ話ばかりして困ってる、

「うちの子は寝相が悪くてすぐに毛布を剥いでしまう。だから掛けなおしてあげないといけないから大変なんだ」

と、航平が子供の頃使っていた毛布を絶対に手放そうとしないことを伝えます。

 

ゆがんでいても、矛盾していても、それも愛だったんだな

 

航平は泣きながら

「あの人も、寒がりなんでよろしくお願いします。よろしくお願いします!」

と荒又に深々と頭を下げます。

 

や、や、やっぱりねー!航平が犯人やったんや!もう、ホンマに犯人やと思ってたんよ、だって生方しか子供らと自然に遊んでても違和感がないからね。

ただ、航平にも悲しい過去があって、虐待されていてお母さんが認知症のため、わからずに一人目の子供をさらってしまったとか 単に子供らの母親が憎いとかじゃないんやね。

その根底には自分の母親への愛があったんやね。もう航平が罪を犯した事を話すシーン、泣けてきてたまらんかった。航平が犯人なんやけど可哀想に思えたわ。

最後まで母親の事を思って、寒がりなんでよろしくお願いします、と言うとこなんか、もう涙が止まらなかった。

認知症でわからへん母親なんやけど、まだそんな母親にでも愛されたい思いが溢れてて、航平の刑を軽くしてあげてほしいわ、荒又さん、よろしくお願いします!もうそう言いたい!

亜紀は荒又の歪んでても矛盾してても愛なんだ、という言葉を聞いて弓子の事を思い出したんやろね、私も弓子の事を思いましたよ。

荒又さんのこの言葉、深いわ。

弓子がかわいそう

和樹がいなくなったことを知り戻ってきた弓子は自分の部屋の防犯カメラをハッキングした映像を見返して、真犯人と和樹が監禁されている場所を突き止めます。

しかし、爆発と火事のためエレベーターが動かなかったため、亜紀に電話します。

「和樹を助けて!」

という弓子に亜紀は

今度は私が和樹を助けますから!

大丈夫です

私、母親ですから

と言います。

 

そして、和樹が無事に救出されたのを遠くから見ていた弓子に亜紀が気づき

 

 

「さっきはありがとうございました。」

「どこに行くんですか?」

「安心してもう二度と現れないから。あの子の事、和樹の事…」

「はい。幸せにします。必ず。」

亜紀は慌てて和樹を呼びに行きます。

和樹は

「僕の母の事…」

と言うと

「雪が降ってたそうよ。あなたのお母さんがあなたを産んだ日」

「病院の窓から一本の立派なが見えたんですって」

「大きな枝で、のびのびしてたくましくって。寒さで震えている人を、温かくませてくれるような」

「それで君の名を和樹にしたんだって」

 

「母に伝えてくれませんか。僕は今、すごく幸せだから。僕を生んでくれてありがとうございましたって」

 

「わかった伝えるわ」

と言って去って行く弓子。

 

もうここも号泣してしまった。

弓子の最後の後ろ姿が悲しく見えてまた号泣。

松嶋菜々子さんって怖いだけじゃなく、こんな子供を想う母親の役もできるのね…

もう、最後もきれいだったし、やっぱり好きな女優さんだわ。

最終回の感想まとめ

和樹は気づいてましたよね。

弓子が本当の母親だって。

その気持ちに気づいていながら、本当の事を言わなかった弓子がすごいと思います。

もう二度と我が子と会えないのに、これからの和樹のためを思ってなにも言わなかったんだと思いました。

 

亜紀は今では弓子を尊敬しているようです。

 

我が子への愛が母を強くする

 

正しい母親、それは逃げない母親です。

 

高野家は幸せになりましたけど、弓子がかわいそうで…

でも弓子は和樹が幸せならそれで満足なのかも知れませんね。

 

そして、航平もかわいそうです。

虐待された過去があっても母を愛し続けている息子。

同じ目にあっている子供たちを救うために自ら犯行に手を染めたんですね。

もちろん誘拐は許されることではないですが、

航平に誘拐された子供たちはこれから母親にしっかりと愛されていく

と思いたいです。

そうじゃないと航平のしたことが無駄になってしまいますから。

 

初めはタワマンルールで、ママボスのイジメがあり、弓子が和樹の母親だったり、ハーメルン事件の犯人が航平だったり もうサスペンスてんこ盛りでどの回も、うかうかしてられないくらい見てしまってたドラマでした。

菅野美穂さんがその中で母親として強くなっていくんだけど、このドラマを見たら

正しい母親=逃げない母親っていう言葉が当てはまるドラマだったなぁとつくづく思いましたね。

最後の菅野美穂さんのナレーション、ものすごく納得してしまいました。

しかし、実際にこんな事があったら私の場合は精神を病んでしまう事間違いない!

ってか、誰でも病んでしまうやろ。そして、ローンも気になりつつも引っ越すわ。狭くても毎日平和が一番よ。

精神を病むドラマだったけど、見ていて面白かったのは間違いない!犯人も航平だったのは予想通りだったから ものすごく驚きはなかったけどね。

ただ、いつもこのドラマを見たあとは 平和に見える人でも 何を考えてるかわからんまではいかないけど、安易に信用とかはしたらアカンな。と思うね。

犯人がわかった今は、イケメンも要注意や!

そういう意味で勉強になりましたね。

「砂の塔」最終回の視聴率はこちらのまとめへどうぞ!

「砂の塔」の全話感想まとめはこちらです!

スポンサーリンク

-テレビ
-


  1.   より:

    このドラマで最悪なのは、寛子の旦那と
    息子を守って人殺しした弓子を捨ててあっさり亜紀と再婚した上に
    それを隠してた罪の意識も無いココリコ田中の男2人なのでは?

    父親二人の男の罪は何も断罪されず(特にココリコ)
    母親母親と母親の責任だけ追及しているのに違和感を覚える

感想どうぞ(*´з`)

CAPTCHA