水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

カインとアベル 第9話 感想 優が嫌なやつで嫌いになりそう?贈賄で逮捕で隆一復活?

2016年12月12日

12月12日放送の月9ドラマ「カインとアベル」第9話の感想を書いて行きたいと思います。

image

役員になった優の活躍が許せない隆一は、優と貴行の部屋に盗聴器を仕掛けるというやってはいけない行動をとってしまいましたね。

それがきっかけで、優に副社長を解任させられてしまいました。

梓との結婚式にも姿を現さず結婚式は中止、葉山の別荘に籠ってしまいましたね。

今回は優がますますダークサイドに落ちて悪い顔してますよ~。

もう誰も優を引き留められないのでしょうか!?

それでは感想まとめ行ってみましょう!!

スポンサーリンク

あらすじ 

高田総合地所の役員となった高田優(山田涼介)は兄でもある副社長・隆一(桐谷健太)の不正を暴いて会社から放逐。優の情熱は、ますます仕事へと傾斜していく。

 優には、仕事の他にもう一つ手に入れたいものがあった。それは、仕事を通じた信頼感から芽生えた隆一のフィアンセ・矢作梓(倉科カナ)への禁断の想い。役員室に梓を呼び出した優は、隆一との結婚式が中止になったことを理由に仕事を続けてほしいと頼む。しかし、梓はかたくなに退職すると言う。優には、なぜ梓が仕事を捨ててしまうのか?隆一にこだわるのか?が、理解できなかった。
 仕事も、そして梓をも失ったことにショックを受ける隆一は、別荘に身を隠していた。そこに、梓が訪ねて来るのだが…。

 一方、隆一が会社から抜けた穴は大きかった。抱えていたプロジェクトが多岐に渡っていたからだ。貴行(高嶋政伸)は頭を悩ませながらこれを役員たちに分配する。もちろん優にも仕事が割り振られたのだが、貴行が手元に残した古いファイルが気になる。貴行は、会長の高田たかだ宗一郎そういちろう(寺尾聰)が社長の時代から検討されていた巨大プロジェクトだが、リスクが大きすぎると封印され続けた案件だと話す。もちろん、隆一も検討はしたが断念していた。興味を示す優に、貴行は社長命令として、このプロジェクトに手を出すことを禁じる。
 仕事における禁断の果実。隆一すら成し得なかったというプロジェクトにひきつけられた優は、黒澤幸助(竹中直人)に、ある事を頼むのだが…。

番組公式サイトより引用

孤独な優

”私は隆一さんがいればそれで幸せなの”

”隆一が断念した仕事だぞ”

優は隆一と比べらることが不愉快、というか隆一より優れていることを証明するためにこの新宿の案件に着手するために黒沢に依頼します。

「ある政治家を紹介してもらいたいんです。民栄党の大田原です。無理ならいいです。」

「無理じゃないけど色々噂のある人物だぞ」

と黒沢に口利きをしてもらってアポをとってもらいましたが、どうも黒沢が裏で何かをしているようです。

高田を乗っ取るといったのは冗談ではないかも知れませんよ。

 

 

新宿の案件に優が手を出していることを知った貴行は優を呼び出し止めるよう言います。

しかし優は

「兄貴はもういないんですよ。俺は俺のやり方で」

と言いかけますが、

「これは社長命令だ。いますぐ中断しろ!いいな!」

と強い口調で貴行は命令しました。

 

会長の宗一郎も優を心配して

「全ての勝負に勝ち続けることは出来ないんだぞ。」

「身の丈に合わない経営は危険だ。」

「儲けはほどほどがいい。」

「仕事ってやつはな。魔力を持っている。勝つことは大事だがそれにこだわりすぎると本当に大切なものを見失ってしまう。」

「自分にとって大切なものはなにか?」

「いつもそばにいる人は誰か?」

 

ひかりを食事に誘おうと電話する優ですが、ひかりは友達と予定が入っていると断られてしまいます。

次に誘える人は誰も居ませんでした。

 

ヒロセに優が1人でいると、ひかりがやって来ました。

ひかりウソついてたんですね。

 

どうしてみんな俺にあやまるんですか?

俺が悪いんですか?

 

そう言って怒っていましたけど、ひかりが謝ったら一応許してくれました。

でもそのあと誘ったら断られて

ひかりにも避けられちゃいましたね。

だって感じ悪いからね~。

しかも怪しい政治家とコソコソあったりして大丈夫?

役員会議で新宿の開発を社長に進言するあたりからもう目がイっちゃってましたよね。

隆一が必死で乗り込んできたときも冷たくあしらって帰してしまいました。

しかも隆一に

「どの立場に俺に意見してる」

なんて言ってましたね。

もう仕事の魔力に取り込まれてしまったんでしょうか。

 

政治家への賄賂が検察にばれてしまい、本社ビルに家宅捜索が入り、優は贈収賄の重要参考人として連行されてしまいました。

おいおい優君なにしちゃってんだよお!

犯罪者じゃないですか!

スポンサーリンク

隆一と梓

別荘にこもる隆一を毎日尋ねる梓ですが隆一は出てきません。

しかしある日、梓が貴行から預かった結婚祝いの万年筆をドアにかけて帰ろうとしていると、隆一が梓を呼び止めます。

「どうして俺を責めない?」

「家族だから」

「結婚式、ずっと待ってようと思った。許されるなら何日でも何週間でも」

「俺でいいのか?副社長じゃないし、なにも持ってないぞ」

「隆一さんがいればそれでいい」

「梓、俺たちは俺たちのカタチで幸せになろう。結婚してください。」

「はい!」

梓を抱きしめる隆一。

はい、治った~。隆一が治りましたよ。

やっぱり愛ですよ。

第9話感想まとめ

これでこの2人は安泰と思っていたら!

次回の最終回の予告では、優が刑務所に入っていて出所するとき梓が迎えに来ていたような感じでしたね。

梓が結婚式をする?ようなシーンもありました。

あれ?梓?

隆一はどうした?

しかも隆一と優の不和の原因を作ったともいえる貴行は懲りずに、優に全ての責任を負わせて高田を救うようです。

確かに優が1人で先走ってやってしまったことは事実ですけど、この親父は息子をなんだと思ってるんでしょうか!?

もっと大切にしてあげないからこんなことになるんですよ!まったく。

残すは最終回のみです!

この兄弟はどうなるのか?

高田は倒産してしまうのか?

次週最終回が楽しみですね!!

スポンサーリンク

「カインとアベル」第9話の視聴率はこちらのまとめへどうぞ!

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ