水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

IQ246 華麗なる事件簿 第9話 感想 あの方って誰?賢正は暗殺者だった!

2016年12月11日

12月11日放送のドラマ「IQ246華麗なる事件簿」第9話の感想とネタバレあらすじを書いて行きたいと思い思います。

img_0251

前回第8話ではなんと沙羅駆が容疑者として連行されてしまったため奏子と賢正が沙羅駆に変わって事件を解決しましたね。

そして、晴れて容疑の晴れた沙羅駆を迎えに来た奏子に沙羅駆はわかりにく謝辞を述べました。

これまでの歴代護衛係は誰も名前で呼んでもらった事が無かったのに、沙羅駆は初めて

黙らないと置いて行くぞ。和藤奏子

とフルネームで奏子の名前を呼びました!

かなり奏子と沙羅駆の距離も近づいた?

まさか2人に恋愛感情が!?

いや、それはさすがにないか?

そんな沙羅駆たちの元に

マリアTが死んだ

という知らせが!!

一体どうなるんでしょうか?!

しか話も今回明らかになったのは賢正が過去に沙羅駆の命を狙う暗殺者だったという衝撃の事実!

御前様、あの方、とは一体?

それでは感想まとめ行ってみましょう!!

スポンサーリンク

あらすじ

奏子(土屋太鳳)の活躍により、殺人事件の容疑が晴れた沙羅駆(織田裕二)は無事に北鎌倉の屋敷に戻るが、戻った矢先、沙羅駆たちのもとに刑務所に拘留されているマリア・T(中谷美紀)が服毒自殺を謀り、搬送先の病院で息を引き取ったとの連絡が入る。

すると時を同じくして御前会議のメンバーの黒木(上杉祥三)が法門寺家に来訪。対面した沙羅駆は黒木から政財界のある要人が手術で極秘入院することになった為、秘密裡に警護の指揮を執って欲しいと要請される。賢丈(寺島進)は黒木の要請を引き受けるよう沙羅駆を促がすが、沙羅駆はマリア・Tの件を解くことが優先だと、黒木の申し出を即座に拒否する。

その後、沙羅駆は奏子と賢正(ディーン・フジオカ)を伴い、法医解剖室へマリア・Tの遺体を確認に訪れる。遺体と対面した沙羅駆はマリア・Tの遺体を一目見た途端、あることに気付く。そして、マリア・Tが自分たちを監視していると察した沙羅駆が解剖室の監視カメラに呼びかけると案の定、解剖室のパソコンにマリア・Tが姿を現し、「あなたの大切なものが、私の手の中にある」との意味深な言葉を残して消えてしまう。マリア・Tの挑発に憤る賢正。と、そんな賢正に賢丈が車にはねられ病院へ搬送されたとの連絡が入り、沙羅駆ら3人は病院へと急行する。沙羅駆たちが見守る中、賢丈の手術が始まるのだが、その矢先、病院内の電気が停電。沙羅駆は病院の電源が何者かによってハッキングされ、オペ中の賢丈の命はもちろん、病院の患者全員の命がマリア・Tに掌握されてしまったと悟る。

と、そんな沙羅駆に、警視総監の棚田(篠井英介)から沙羅駆が警護の指揮を依頼されていた要人つまり御前様(井上真樹夫)が入院する病院の電源がハッキングされてしまった為、沙羅駆に病院へ来て欲しいとの連絡が入る。
奇しくも御前様が入院した病院とは賢丈と同じ病院であった……。

番組公式サイトより引用

あの方ってどの方?

御前会議の黒木という人物が沙羅駆に”あの方”の警護を頼みに来た。

あいにく私は忙しい

と言って断る沙羅駆。

御前会議って?あの方って誰?

終盤にいきなりあやしいのをぶっこんできましたね。

マリアTの狙いはあの方なのでしょうか?

一体何のため?

 

黒木の依頼を断った沙羅駆たちはマリアTの遺体を見に行きます。

沙羅駆は素手でマリアTの遺体の顔を触り

「剥がしてください」

と一言。

顔には精巧なマスクが付けられていて、顔を剥がすとマリアTではなく別人でした。

「病院の霊安室にあった遺体と取り換えたんだろう」

 

「行き先ははわからないが会話は出来る」

とパソコンのカメラに向かい話しかける沙羅駆。

「死体の山に紛れ込みようやく逃げたようだがご機嫌はいかがかな。」

沙羅駆はマリアTの手口を

稚拙で卑怯だ

と挑発しますが、マリアTは

「あなたの大切なものは私の手にあるのよ」

と言います。

 

そこへ賢丈が車にはねられたという知らせが。

 

賢丈を心配する沙羅駆を見て、奏子は

「法門寺さんにとって賢丈さんや賢正さんは特別な存在なんですね。」

と賢正に話します。

「若様は口ではいろいろ言いますけど、奏子さまのことを護衛係以上に大切に思われていますよ。私が保証します。」

と言いながら過去の出来事を思い出します。

 

それは賢正が沙羅駆に銃を向けているシーンでした。

賢正は昔マリアTにあやつられ沙羅駆の命を狙っていた!

 

銃を突きつける賢正。

「私にはわかった。君は真理を見定められる人間であると。憶えていないか?あの時君が言った言葉。」

と賢正の記憶のなかの沙羅駆が語りかけています。

 

え?賢正もマリアTに指南されて沙羅駆を殺しにきた?

マリアTって人の殺意を感じてメールを送ってましたよね。

ということは賢正の過去に、なにか沙羅駆に対して殺意を抱くような出来事があったってこと?

 

 

その時、病院の電気が起きる。

不規則に点滅する電気はモールス信号になっていて、その意味は

HACKED

マリアTにハッキングされたと沙羅駆は気づきます。

そして、非常用電源に切り替わったことで

「これでネットからは切断された」

と沙羅駆は言いますが、依然として停電していることから内部での犯行と考えます。

 

警視庁にマリアTからメールが届き、

ハッキング解除の交換条件として日本銀行のデータベースにアクセスするパスワード

を要求してきました。

警視総監の棚田は”マリアTの目的は金だ”と沙羅駆に協力を頼みますが、

「目に見えるものが真実とは限らない」

「力を貸してくれませんか?」

「断る」

「もし断ったらどうなるか…警視総監の私がこれほど頼んでも」

「肩書きなど…」

と相手にしません。

奏子がなぜと問うと

私の大義のためにのみこの頭脳を使う。そしてマリアTを倒す

と言います。

そこへ賢正が現れ、

「それはすなわち殺してもいい。さっさと奴の息の根を止めておけばいくつもの命が救われたことでしょう。マリアTだけは命に代えても殺します。」

「ならん!」

「その命令はお受けできません。」

「ならんといったらならん!」

「聞けません。」

と沙羅駆と言い合いになってしまいました。賢正は思いつめた表情で

「父をお願いします。」

と言い残しどこかへ行ってしまいました。

奏子はこないだの2人に騙されたときのように

「ドッキリですって言ってください」

と沙羅駆に言いますが、沙羅駆は

「そう見えるかね。私に逆らうというなら仕方ない」

マリアTがモニタリングしている場所を探すと動き出しました。

 

院長に会いに行った沙羅駆に院長は

「私を助けてください」

と言います。

「病院の内部にハッキング犯がいるようです」

「主犯の狙いはあの方だが共犯であるハッキング犯が表に出ないあの方を狙うとは考えにくい」

「私の元執事とあの方以外の手術は犯人によってキャンセルされていた」

「情に厚い、人物命を大切にする。例えば医療ミスにより家族を奪われてしまった人物」

 

沙羅駆は院長も疑っているようですね。

あの方っていったい何者なんでしょうか!?

 

 

法門寺家に戻った沙羅駆は警察無線を傍受しています。

書斎に入らないようにしている奏子に

「入ってよし」

と許可する沙羅駆。

奏子は少し認めてもらえたことが嬉しそうでしたね。

 

傍受の内容は

総監命によってマリアTに射殺許可命令

が出されたと言うことでした。

信じられないという奏子に

権力が常に正しいことをするとは限らない

権力者こそみずからの保身のため暴走するものだ

と沙羅駆が言います。

 

そしてマリアTをおびき出すために、警視総監あてに沙羅駆がマリアTになりすました取引をするメールを送ります。

 

私の射殺命令を出したわね。

警察がそこまでするなんて意外だわ。

取引をしましょう。

森本明美として、警察から盗んだデータを返す。

その代わり、私の射殺許可命令を取り消して。

 

そして警視庁のサーバをダウンさせる沙羅駆。

そしてマリアTが送ったメールが沙羅駆に転送されるように仕組みました。

 

さっきのメールは偽物よ。

私は射殺許可命令なんか恐れない。

射殺したければすれば?

私は逃げも隠れもしないわ。

 

とマリアTがメールを送ってきました。

しかしマリアTの居場所はわかりませんでしたね。

一体なんの意味があったのだろうと思ったらそのすきに共犯者のパソコンをハッキングしていたんですね。

 

沙羅駆はマリアTについて

自分が殺されるとは考えても居ないんだろう。

むしろ殺されたいと望んでいる。

法門寺家の長男の2/3は暗殺残りは自殺だ。

と法門寺家の境遇も重ねながら言います。

 

奏子は感情をむき出しにして

自殺なんて一番してはならないことです。

残された人たちの悲しみを考えたらどんな苦しくたって自分で自分の命を絶つなんて。

と言いますが、

ラプラスは未来はすでに決まっているんだと、自ら命を絶った。

未来に対し明るい展望は持ちきれない。

IQ300と言われるマリアTにとってこの世界はどう映ってるのか。

 

間違ってる。間違ってる。間違ってる!

IQが高くても低くても正しいことは正しい。間違っていることは間違っている。

お父さんとお母さんからもらった命なんです。たった一つの命なんです。

自殺はもちろんだめだし、他人を殺したりするのも絶対ダメです!

 

君は正しいな とても正しい

さすがは私の護衛係だ

 

と肩をポンと叩いて去っていく沙羅駆は少し涙目でしたね。

スポンサーリンク

狙いは院長だった

院長につめよる御前のSPが

「例の件は白紙だ」

と、特別な補助金のことを言い去って行きました。

 

沙羅駆は”ミス”という言葉に反応して手が震える院長に気づきます。

 

「例のハッキング犯は医者になりすましている。医療ミスを起こし訴訟を起こされた腕のいい弁護士をやとってねじ伏せた。患者の遺族はどう思うか?」

「私を恨んで逆恨みした遺族がハッキング犯だと?」

 

というシーンをわざと演じハッキング犯に見せます。

 

 

「法門寺に尻尾をつかまれそうだ」

とメールする共犯者を見つけた沙羅駆は

「電気工事の靴、腕時計で本物の医者ではないと気づいた」

と言います。

沙羅駆は

「すぐにハッキングを解除してください」

モニターに映る賢丈を差して

彼は私の家族だ。あなたにとっての奥さんと同じような存在なんです。

ハッキングを解除する共犯者。

「ありがとう」

「大きな力の前で私のような庶民は無力だ。泣き寝入りするしかないんですか?」

と崩れる犯人に

「他人を巻き込むべきではなかった」

と沙羅駆が言います。

 

そこへ院長が現れますが、沙羅駆は

「患者より身の保身を考える」

ああ、醜い醜い醜い醜い。その思考。醜悪至極なり!

「今回の件であなたのしたことは公になる。あとは世間が判断するでしょう。」

と院長に言い捨てます。

スポンサーリンク

マリアTのアジトへ

「マリアTようやく君の居場所がわかったよ」

と携帯のカメラに話しかける沙羅駆に

「美味しい紅茶を用意して待ってるわ」

と答えるマリアT。

 

あれ?なんでアジトの場所がわかったんでしょうか?

いつの間に?

 

 

マリアTのもとを訪れる沙羅駆。

マリア「いらっしゃい。待ちくたびれたわ

沙羅駆「君の負けだ。病院は解放された。

マリア「パスワードを要求した理由わかる?お金なんて数字にすぎない。なのにこの世はお金のあるなしで優劣がついている。私はそれを無くしたいの。

マリア「この世界は声の大きなものに真実や大事なものがかき消されている。

マリア「弱者は強者に食い物にされ泣き寝入りするしかないのよ。

マリア「この世は不公平なことばかり。

マリア「それを是正するためには時には殺人も必要悪と言えるわ。

沙羅駆「君の言っていることは矛盾している。

沙羅駆「殺人を肯定すれば強いものがより力を持ち、弱いもの口をつぐむしかなくなる。

沙羅駆「それに君が犯罪を指南してきた人間は決して弱者ばかりではなかった

マリア「私はただ誰かを殺したいという想いに応えただけ。私が背中を押さなくても彼らは遅かれ早かれ殺人を犯していたハズよ。何が悪いの?

沙羅駆「私はそうは思わない。人間には思いとどまる理性と言うものがある。君が背中を押さなければ、崖っぷちで立ち止まってたかもしれない。

マリア「そもそもどうして人を殺しちゃいけないの?法律で決まってるなんて言わないでよ。法律なんて私やあなたよりIQの低い人間が決めた事よ。

沙羅駆「人は、何のために言葉を話すのか

マリア「え?

そこへ賢正と止めに来た奏子が入って来る。

賢正はマリアTに銃を向け撃つ。

 

沙羅駆「やめろ賢正!

と言いマリアTを押しのけ銃弾は沙羅駆の肩に!

賢正「なぜですか?やはりあなたはその女の事を…

沙羅駆「人は何のために言葉を話すのか。それはお互いを理解しコミュニケーションを図るため。獣のようにお互いを殺し合う必要などない!お前がしようとしていることはマリアTと同じだ。私はお前を人殺しにはしたくない。

マリアTに銃口を向け悩む賢正。

銃を捨て沙羅駆に駆け寄る。

沙羅駆「あの時のことを覚えているか?”剣というものは人を守る道具にも人を殺す道具にもなる。例え天才であっても使い方を誤れば意味がない”と言った事を

賢正「生意気なことを申しました。

沙羅駆「子供ながら真理をつくお前に感心した。だから再会したとき行き場を無くしたお前をわが家へ招いた。賢正、お前は私の唯一無二の執事だ。

 

賢正は初めから執事ではなくて沙羅駆を暗殺しにきたのに、沙羅駆はそれを許して執事にしたんですね!

 

君は正直で純粋な…

といいかけて気を失う沙羅駆に駆け寄りゆすりながら

法門寺さん!

と叫ぶ奏子。

沙羅駆は目を開け、

勝手に殺すな役立たず。君は正直で純粋な役立たずの護衛係だと言ったたんだ。だいたい出血している人間をゆするやつがあるか。ますます血が出るだろう。刑事の癖にそんなことも知らないのか。痛みで意識が遠のいただけだ。

安心する奏子たちですが、マリアTはいつのまにか姿を消していました

 

警視庁のサーバが復旧し警視総監の棚田は特殊部隊と連絡を取ります。

マリアTのアジトがわかった。法門寺沙羅駆も一緒にいる。マリアTと法門寺は裏でつながっていたんだ。」

法門寺沙羅駆の射殺許可命令を出す。

え?なんで?と思ったら

その命令を出したのはマリアTでした!

いつの間に?途中から?

棚田も電話を掛けていたんですよね?

棚田も悪人と思わせるミスリードだったんでしょうか。

 

奏子に山田から電話が入り、沙羅駆に射殺命令が出た事を伝えます。

沙羅駆はマリアTの仕業だと気づきます。

そこへ特殊部隊が!!

どうなる沙羅駆!?

第9話感想まとめ

最終章に突入ということで展開がめまぐるしいですね。

今回あらたに登場した人物の御前、あの方とはいったい何者なんでしょうか?

マリアTの狙いも御前なんですよね。

沙羅駆は主犯の狙いはあの方と言っていましたから。

あの方を殺すとどうなるのでしょうか。

マリアTが日本銀行のパスワードを要求していたことから財界の大物ではないか?と予想しています。

金の価値観を無くすことがマリアTの目的の1つのようですからね。

 

そして、賢丈の事故はもちろんマリアTの仕業だと思いますが、なんのために賢丈を事故に合わせたのでしょうか。

今回マリアTはあの方を狙って病院をハッキングしたんですよね。たまたま賢丈も同じ病院に搬送されましたが、あのタイミングで賢丈を狙った理由がいまいちわからないです。

そのあたりも次回の最終回で明らかになればいいなと思います。

 

さあ次回第10話はいよいよ最終回!沙羅駆とマリアTの直接対決になるようです!!

最終回予告ではマリアTが

和藤奏子を殺せば私の勝ちね。

と言っていました。

奏子が人質に取られるんでしょうか?

沙羅駆はマリアTとの戦いに勝利できるのか?

マリアTは逮捕されるのか?

それとも逃げきって続編につながるという可能性も十分ありますね。

早く最終回が見たい!

スポンサーリンク

 

「IQ246華麗なる事件簿」第9話の視聴率はこちらです!

「IQ246華麗なる事件簿」第1話から第8話までの感想まとめはこちらです!

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ