水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

櫻井有吉THE夜会 ゲスト岡田准一とのサシ飲みが泣ける神回!

2016年12月8日

12月8日放送の「櫻井・有吉THE夜会」のゲストはV6の岡田准一さんと鈴木亮平さんでした。yakai

今回は「木更津キャッツアイ」で共演したことがきっかけで魂でつながっているという岡田さんと櫻井さんのサシ飲みロケということで、かなーり深い内容でしたね。

これまで聞いたことなかった岡田さんと櫻井さんの本音が聞けました。

どんな内容だったのかをご紹介したいと思います。

スタジオで

木更津キャッツアイの共演から戦友として

バンビ ぶっさん

と呼び合う仲だと過去の番組で語っていた2人ですが、最近は共演しても

岡田さん。櫻井くん。

という呼び方。

そんな2人はビジネス仲良しなのでは?

というのが今回の企画のようです。

有吉さんが

「後輩の中で一番好きなのは櫻井君ですか?」

と聞くと

「そうですね。やっぱり櫻井君」

と答えた岡田さんですが、最近は

  • バンビぶっさんと呼び合っていない
  • お互いの家に一度も行ったことがない
  • 2人で食事に行ったことは一度もない
  • お互いの連絡先を知らない

ということです。

しかし連絡先はさすがに知ってたみたいですが、メールの内容は

「良いアミノ酸ないですか?」

という何かの隠語?という怪しいものだそう(笑)

櫻井さんは

「先輩忙しいから」

と岡田さんを先輩って呼び始めた(笑)

 

 

そして今回のロケの紹介が始まり

「ビジネスなの?私たち」

「その頃よりは愛情薄れてるの?」

「薄れてないですよ」

というやりとりでロケのVTRがスタートです。

スポンサーリンク

渋谷でロケ

まず櫻井さんが登場し岡田さんを待っている間、リラックスした様子の櫻井さんを見てスタッフが

「リラックスしてますね」

と言うと

「滝沢の時は緊張してたからね」

と櫻井さん。あの放送も見ましたけどほんとに緊張してましたもんね(笑)

 

そして岡田さん登場。いきなり

「俺たちは魂でつながってるんだ!」

と熱い思いを口にしてました。

ロケが渋谷ということで櫻井さんがいることでパニックにならないか心配する岡田さんが優しい。

いやいや岡田さんだけがいてもパニックになるよ。ぜったい。

 

「渋谷にいる人達なんてもうHey!Say!JUMPだよ」

という櫻井さん。

 

移動中のタクシー内での会話は

櫻井さんは大野智さんの事を”兄さん”って呼んでるんですって。

岡田さんは櫻井さんの宿敵?のタッキーと大野さんとほぼ同期で合宿所時代、仲がよかったそうです。

しかし、すぐにデビューした岡田さんは2人とは疎遠になってしまったのだとか。

 

渋谷に着きました。

実際居酒屋が軒を連ねるところに行っても微妙な反応でしたね(笑)

まあいきなり岡田さんと櫻井さんが現れたらびっくりしてしまいますよ。

 

2人が一緒に飲むのは木更津の打ち上げ以来なんですって。

そのあと木更津のメンバーやスタッフみんなでうち(岡田家)へ行った事があるんだけど櫻井だけだけ来れなかった」

と岡田さんが言うと

「誘われてない!」

という櫻井さん。

「誘ったって!」

というやり取りが面白かったです。

 

岡田さんの一番仲のイイ人は

生田斗真さん 山下智久さん 二宮和也さん 大野智さんなんですって。

松潤さんには「相談に乗って欲しい」と持ち掛けられたそうですが、自信がなかったので断ったそう(笑)

櫻井さんも

「彼のまっすぐさを受け止められない」

と言って2人で松潤さんをいじり出したところで、さすがに2人のまわりがざわつきだしてパニックになりそうだったので個室へ移動しました。

スポンサーリンク

本音トーク

2人っきりでの会話がこちらです。

櫻井「ずっと聞きたかったんですけど。木更津どういう位置付けなんですか?」

岡田「かけがえのない…木更津があって人生変わったから」

2人「もうバンビじゃねえな鹿だ(笑)」

櫻井「当時立場で明らかに違うのは岡田さんは主演だったから…視聴率とか気になった?」

岡田「自分じゃダメなのかな、と。たまにいるじゃん天才肌の人。森田とか」

アイドルとして劣等感

岡田「アイドルっていうものに対して自分としては難しいときもあった」

岡田「バラエティとか距離置くみたいなこともあった」

岡田「メンバーにたくさん迷惑かけた。口きかなかったメンバーとも。それを許してくれたメンバー」

 

岡田「10代のころって悩むじゃない。ある人に”俺はバラエティの司会に命かけてるから”って言われて自分で命かけてるものって考えたら芝居やりたいって。」

岡田「緒方拳さん 渡哲也さん 田村正和さんとか大御所さんに”続けなさい””向いてるよ”って言ってもらって、でも心無いこと言うスタッフとかいたよ」

岡田「ジャニーズで芝居をやるってどうなの」

櫻井「どの仕事してても、アウェーとまでいかないけど本職の人たちのなかに入る変な意識がある。誰よりも真剣にやらないと認めてもらえない」

 

 

岡田「自分で自分の事まだ認めてないからこれからかな。アイドルだろうが俳優だろうがそんなことは些細なことで、大事なことは作品。自分がどう思うかはくだらない事。単純に言うといい仕事したいよね

嵐のこと

岡田「キャスターはどういう経緯で?」

櫻井「25歳になる頃には嵐はもう無くなってるんじゃないかなって思っていて。自分が芸能界にいることも」

櫻井「この世界で生き残るには何かって考えて、バラエティで一緒にやってたアナウンサーの方が夕方報道やってるのを見て、そういうことやってるジャニーズいなかったから事務所に言いに行った21か22の時」

櫻井「たくさんの人を回すことは出来ないけどインタビューとかは好き」

岡田「メンバーには感謝してる。”メンバーに幸せでいて欲しい”と本気で思えるようになった。共に過ごしてきた時間を大事に出来る自分でいたい。」

「ステキな人達だけどね。」

 

 

なんなんこの神回は!?

感動ですよ。

泣けますよね。

録画してなかったのが悔やまれる!

スポンサーリンク

 

 

-テレビ


感想どうぞ(*´з`)

CAPTCHA