水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

相棒15 第9話 感想 面白くていい話で泣けた

2016年12月7日

話12月7日放送のドラマ「相棒15」第9話「あとぴん~角田課長の告白」のネタバレあらすじと感想を書いて行きたいと思います。

aibou15

今回は暇課長こと角田の同級生・光田(テンモン)が事件の被害者でした。

そして、容疑者として逮捕されたのは角田の先輩・仁藤。

その2人と関係の深い人物が角田の所属していた写真部の顧問・小林(あとぴん)でした。

右京さんは角田の

「なんでテンモンは死んだんだ?」

という疑問を解くために動き出しました。

それでは感想まとめ行ってみましょう!!

スポンサーリンク

あらすじ

組対五課長・角田の中学時代の同級生が殺害される事件が発生
34年前の写真が過去と現在の因縁をあぶり出す!

産廃場で光田(樋渡真司)という男性の撲殺死体が発見された。光田は組対五課長・角田(山西惇)の中学時代の同級生で、20年前に家族のもとから姿を消して以来、ずっと消息が分からなかったらしい。角田によると、光田の妻は当時の恩師・小林(柴田次郎)の娘で、病床に伏してこん睡状態の恩師のために、一刻も早く情報がほしいという。角田の思いを汲んで捜査に乗り出した右京(水谷豊)は、産廃場の近所の住民から、光田が現場監督の仁藤(相島一之)という男から暴力を受け、金をせびり取られていたという情報を得る。いっぽう、角田から除け者扱いされていた亘(反町隆史)は独自の調査で、光田と仁藤の繋がりを掴む。34年前、光田は近所の工場火災の写真で賞を取ったのだが、その火事は保険金目当ての自演放火で、仁藤は放火犯として逮捕された工場主の息子だという。結果として光田の写真が、仁藤の家族を破滅させるきっかけを作ったのだった。その後、角田が仁藤に、「あとぴん」というあだ名で呼ばれていた恩師の小林がこん睡状態にあると告げると、仁藤はあっさり光田殺しを自供する。しかし、右京は、真犯人は別にいると感じていた。

角田の同級生は、なぜ、誰に殺されたのか?
犯行を自供した男の真意とは…!?
角田を翻弄する時を超えた難解な事件に、特命係が立ち上がる!!

ゲスト:相島一之

脚本・監督

脚本:宮村優子
監督:橋本一

番組公式サイトより引用

てんもんが家を飛び出した理由

写真部顧問の小林が撮った写真は全てピントが後ろにずれているから

あとぴん(後ピン)

光田は夜空の星が好きだったから

テンモン(天文)

 

昔の子供って些細な仕草や特徴をあだ名にしてましたよね。

最近の子はあまり変なあだ名を聞きませんが、これも時代の流れでしょうか。

まあ、本名が奇抜な子が増えたのであだ名が必要なくなってきたのかも(笑)

 

テンモンが写真コンクール大賞を撮った火事の写真はフィルムを巻き取る途中でシャッターを押して作った合成写真でした。

燃える家と住人は一枚の写真に写る距離にいなかったにも関わらず、よりセンセーショナルな印象を狙って燃える家と呆然と見上げる人物を合成したんですね。

 

テンモンが不正をしてまで大賞を狙ったのは、賞品の赤道儀がどうしても欲しかったためでした。

赤道儀って何かわからなかったので調べてみたら、カメラと三脚の間に付けるアダプターのようなものらしいですね。

星の写真を上手く撮るにはこれが必要なんだそうです。

 

しかし、顧問のあとぴんに不正がバレて大賞と賞品を返上するよう言われ、従いました。

その後、テンモンはあとぴんの娘の窓夏(まどか)と結婚します。

 

過去の不正のせいであとぴんに見張られているような気になって良心の呵責に耐え切れず衝突することがあり、その現場を娘に目撃され全てを投げ出して逃げ出しました。

 

かわいそうな人ですよね。

せっかく生き直そうと、今まで絶っていた写真を撮ることを再開した矢先に死んでしまうなんて。

スポンサーリンク

角田がかっこいい

あとぴんが病に倒れて余命いくばくもないことや、娘が結婚することをテンモンに知らせたのは角田でした。

同窓会で窓夏から借り受けたテンモンのフィルムを見て、コンクールの写真が合成だったことを知った角田は全てを悟りますが、窓夏や娘には知らせるべきではないと考え、テンモンの心の重荷を解いてやり自ら家族に会いにたいと言いだすまで家族にはテンモンと連絡をとっていることを黙っていた。

と右京さんが角田に言うと

角「買いかぶり過ぎた。俺にそんな頭があるかよ」

右「ついそんな深読みをしてしまうんですよ。僕の悪い癖」

角「あんたも相当ピントがずれてるな」

角「あとぴんと同じだ。」

角「あの先生も相当深読みして写真を撮ったら後ろにピントが合って。」

角「教室の真ん中で光ってる連中じゃない。俺たちみたいに教室の奥で固まってるダメな奴ばかりに目をかけて、迷ったり悩んでばかり。」

角「ダセェ先生だった」

右「あなたもあとぴんが好きだったんですね」

第9話感想まとめ

窓夏が犯人で、仁藤がかばって犯行を自供したんだと思ったら、真犯人は周辺住民の喫茶店マスターでしたね。

たしかに、カメラを構えるポーズをしたとき違和感を感じたんですが、まさか犯人だとは思いませんでしたね。

実は不法投棄の手助けをしていた、なんてわかるはずもないですけどね。

角田と再会し、生き直しをしようとカメラを手にしたばっかりに、たまたま現場に居合わせたテンモンは不幸としか言えませんが、その後の右京さんと角田のやりとりがすごく良かったです。

ちょっと泣けて涙出ましたよ。

でもよくよく考えると、

「テンモンはなんで死んだんだ?」

という問いの答えの1つに

角田があとぴんの余命や娘の結婚をテンモンに知らせたから

とも言えますよね。

直接の死因や犯人は単なる不幸な偶然でしたが、その場に居合わせたのは銀塩カメラを手に入れたからで、なぜ手に入れたかというとあとぴんに写真を見せたいと思ったから。

なぜ見せたいと思ったかと言えば、角田がテンモンを探し出してあとぴんのことを伝えたから。

って思ってしまいました。

 

すごくいい話で泣けたんですけど、冷静になって考えてみるとちょっと無理やり感が見えた気がしました。

でも面白かったです。

次回はいよいよ元日スペシャル!!

美彌子(仲間由紀恵)が1話以来久しぶりに登場するので、楽しみです!

早く来い来いお正月!

スポンサーリンク

「相棒15」第9話の視聴率はこちらの2016秋ドラマ視聴率まとめへどうぞ!

「相棒15」第1話から第8話までの感想まとめはこちらのページです!

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ