水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

IQ246 華麗なる事件簿 第8話 感想 小ネタは?瞳は何を思い出した?マリア-Tの薬は

2016年12月4日

12月4日放送のドラマ「IQ246 華麗なる事件簿」第8話のネタバレあらすじ内容と感想などを書いて行きたいと思います。

img_0251

第7話でついに”マリア-T”が監察医の森本明美(中谷美紀)だったことが明らかになりました。

沙羅躯(織田裕二)はマリア-Tの仕込んだガスの後遺症で車椅子に乗りながらの事件推理でしたね。

その事件の加害者に沙羅躯は生まれて初めての恋心を抱いたようでしたが、運命とは残酷なものですね。

そして今回第8話では、なんと沙羅躯が容疑者として、逮捕されてしまいました!!

沙羅躯を追い詰めるのは、「踊る大走査線」でも共演した稲垣吾郎さん演じる牛田寛人てす。

踊る〜では織田裕二さんが刑事で稲垣吾郎さんが犯人でしたが、今回は立場が逆転してましたね。

沙羅躯は無事釈放されるのか?

真犯人は誰なのか?

小ネタは?

それでは感想まとめ行ってみましょう!

スポンサーリンク

あらすじ

沙羅駆(織田裕二)の護衛係を務める奏子(土屋太鳳)のパソコンが何者かにハッキングされ、奏子が書き留めていた沙羅駆に関する調査報告書が世間に流出。“マリアT”が裏で操っていた一連の殺人事件を沙羅駆が解決していたことがマスコミに取り上げられ、沙羅駆の存在が一躍世間に知れ渡ってしまう。

そんな矢先、都内のとある一軒家で爆発が起こり爆発跡からその家の住人でフリーライターの九鬼(小島康志)という男が刺殺体で発見される。現場にあった凶器のナイフから沙羅駆の指紋が検出され、そのうえ周辺の目撃情報からも沙羅駆を見たとの証言が多数あがり、なんと沙羅駆が殺人容疑で警察に連行されてしまう。

茫然とする奏子や賢正(ディーン・フジオカ)をよそに、警察に拘留されても一人落ち着き払い飄々とした態度の沙羅駆。殺された九鬼はスキャンダルをネタに金を要求するいわゆる“ブラックジャーナリスト”で、実は沙羅駆についても告発記事を執筆し週刊誌に発表する予定だったことが判明。

それにより二人の繋がりも見つかり、警察では益々沙羅駆への容疑が深まっていく。

 

そんな中、奏子は沙羅駆の無実を主張し、真犯人を見つけ出そうとするが、捜査本部からは事件への関与を禁じられてしまう。

一方、捜査本部では捜査を指揮する警視庁捜査一課管理官・牛田寛人(稲垣吾郎)が、沙羅駆に対し九鬼殺しの容疑者としてだけではなく、これまでのマリアTが黒幕だった一連の殺人事件の真の首謀者ではないかという疑惑を向けていた。

実は牛田と沙羅駆は8年前、牛田が指揮を執っていたある事件から続く因縁があったのだ。

その事件で沙羅駆に苦い経験を味合わされた牛田は、沙羅駆の人並み外れた頭脳に関して身をもって知るがゆえに、沙羅駆であればその叡智を駆使して犯罪を操ることは可能だと考え、沙羅駆が犯罪者だと固執。沙羅駆は牛田から取調べを受けることになり、二人は運命の再会を果たす。

その頃、捜査への関与を禁じられていた奏子は独自に捜査を始めるが……。

番組公式サイトより引用

沙羅駆語録がすごい

今回は序盤に沙羅駆が連行され、以後の推理は

奏子と賢正が足を使い沙羅駆がその方法をもとに推理する

というパターンでしたね。

現場に行かない分、名言で奏子動かしていました。

 

奏子のパソコンがハッキングされこれまでの沙羅駆の活躍が世間に知られてしまったときの一言。

天才が世に出るのは必然だ。

刑事の山田と今市が沙羅駆を連行しに来た時の一言。

これは面白い少しは退屈から逃れられそうだ。

奏子が沙羅駆に面会に来た時の一言。

おめでとう君はお役御免だな。

 

私が犯人であろうとなかろうと君の出る幕はない。

 

ここは子供悩み相談室じゃない。

 

と言いつつも奏子に言い聞かせます。

事実をいくら積み重ねても真実にはたどり着かない。

考えろ、頭を使え。事実を真実にするには推理が必要だ。

推理こそが真実にたどり着く唯一の道だ。

見るのと監察するのは大きな違いだ。

頭のいい犯人は捕まりたがる。

 

奏子の活躍

動けない沙羅駆のかわりに奏子は現場百篇(げんばひゃっぺん)とつぶやきながらデカ魂を発揮していました。

点灯式を通ったのと、小さな爆発を起こしたのは目撃者を作るため。

と気付きます。

事件当日、犯人が目撃されたツリーの点灯式は、ドラマ「砂の塔」で亜紀が待っていた場所と同じ場所でしたね!

これもドラマ間コラボと言えるでしょう。

亜紀と健一とそらが出会い和樹と弓子が去って行った現場に殺人犯が歩いているとは思いませんでしたね!当たり前ですが(笑)

 

話が逸れてしまいましたが、ツリーのある現場に何度も足を運んだ奏子はいつもいる人物数人を見つけました。

その中の1人が、スリをする現場を目撃して現行犯逮捕し、事件当日の事を聞き出します。

 

そのスリは沙羅駆に扮した犯人にもスリをしていて、右頬にほくろがあったことを覚えていました。

そして、犯人のコートについていた被害者の返り血がスリのダウンジャケットにもついていたことで、スリの言うことの信ぴょう性が証明されましたね。

奏子が機転を利かせて、沙羅駆のことが世に明らかになったことで現れた沙羅駆のファンサイトにツリー点灯式にいた人に写真を提供してもらえるように依頼します。

そして、集まった写真を沙羅駆に見せに行きました。

沙羅駆は犯人がPanini Unoというキッチンカーの影から出てきていないことに気付き、犯人が手に持っている青い皿を持っている私服の人物を発見します。

その人物はキッチンカーの店主(河合我聞)でした。

奏子が店主に問いただすと、8年前経営していたレストランの食材に産地偽装があったことをネタに九鬼に金をゆすり取られて、記事が公表されて店はつぶれ、妻が自殺してしまったと言いました。

それでも娘が残っているから再起をかけてキッチンカーで頑張っているところに再び九鬼が現れて金を要求したと言うことです。

そこへ、”13”ことマリアTからメールが来ます。

沙羅駆のコート、手袋、DNAを提供されて、指示通りに今回の殺人を行ったと言うことです。

青い皿はイヤープレートといい1945年のものは日本に3枚しかないうちの1枚で、レストランのオープン記念に妻がプレゼントしてくれたものだったのですが九鬼に取られていたから、九鬼の家から持ち帰ったんですね。

私たちの幸せの証だった…

スポンサーリンク

違和感は真実につながる

九鬼は低俗な記事を多く書いていた中で、1記事だけアンティークの記事を書いていたことが沙羅駆に引っかかっていました。

九鬼がアンティークに興味があったことが沙羅駆に違和感を気付かせるきっかけとなったんですね。

この真実に気づいた沙羅駆は

休みは終わりだ

と言います。

 

ところで、なぜマリアTは沙羅駆のコートや手袋、DNAを用意できたのでしょうか?

チャンスがあるとすれば監察医・森本朋美として働いているときか、宝石商を装って沙羅駆の妹・瞳を訪ねたときでしょうか?

そういえば、瞳は一瞬だけ宝石商が瞳の首元に手を伸ばしたシーンを思い出していましたよね?

そのあと、奏子に聞かれても「何もない」と言っていましたが、何を思い出したんでしょうか?

 

まさか、瞳もマリアT側の人間?

そんな訳ないですよね。

理由がないですから。

マリアTが飲んだ薬はなに?

賢丈が警視総監の棚田にマリアTの様子を尋ねたら

「食べて眠り座っているだけだ」

と答えていました。

ただ座りながら、爪で引っ掻き血をだして

血の口紅

として唇に塗っていましたね。

ちょっと怖いんですけど…。

牛田は沙羅駆にマリアTが操られていると考えているようで、マリアTのところに着て

 

奴に伝えたいことがあれば伝えてやってもいい

あなたは法門寺に操られていたんじゃないのか?

大ウソつきかそれとも聖女か

 

 

と言っていました。

牛田と言えば、沙羅駆に

 

キャンディをかみ砕く癖 ?

似合わない赤いネクタイ 「踊る~」の青島?

妻は出て行った 「不機嫌な果実」?

娘との関係は良好、イニシャル入りのカフスボタン ?

2匹の猫が癒し ?

 

 

と分析されていました。

これは多分何かの小ネタな感じですよね?

”私が愛した脳細胞”も何かのパロディ?

 

一方、牛田が沙羅駆に

マリアTはお前が作り上げた幻想だ!

と言うと

彼女は醜悪な犯罪者だ!

と沙羅駆は声に怒りを込めます。

 

沙羅駆は一体なぜここまでマリアTに憎しみを抱いているのでしょうか?

 

ラストシーンでマリアTは服に隠していた白い錠剤をのみ込み倒れます。

あの薬は毒薬?一体なに??

第8話感想まとめ

護衛係で名前を呼ばれた人はいない

と賢正に言われていた奏子。

 

沙羅駆が釈放されたときにすれ違った牛田に言った言葉が良かったですね。

 

私のまわりには信頼に足る人間がいた。

君には?

それが君と私の差だ。

 

奏子が聞いたらすごく調子に乗りそうな褒め言葉じゃないですか!

しかし、警察署を出た沙羅駆を迎えに来た奏子、賢正、賢丈を見て

沙羅駆なりに奏子に謝辞を表そうと

 

良い暇つぶしが出来た。どうして私が犯人じゃないと思った?

 

と奏子に質問します。

 

どうして考える必要があるんですか?

当たり前じゃないですか!

 

と答える奏子

 

不合理な判断だ

 

と鼻で笑いますが、これは沙羅駆の超絶わかりにくい感謝の気持ちを表したものだったんですね。

そのあと、

黙らないと置いて行くぞ!和藤奏子!

と初めて奏子の名前を沙羅駆が呼びました!!

 

ちょっと~いい感じになってきたや~ん。

なんて思ってたら、マリアTが謎の薬を飲んだ?

第9話の予告でマリアTが死んだ!って言ってましたよね。

え?なんで?

わかった!ロミオとジュリエットに出てきた

仮死状態になる薬だ!

24時間後に目を覚ますとかだった気がする。

たぶん。

次回、「死んだふりして大脱走!」乞うご期待(笑)

スポンサーリンク

「IQ246華麗なる事件簿」第8話の視聴率はこちらのまとめへどうぞ!

「IQ246華麗なる事件簿」これまでの感想まとめはこちらです!!

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ