水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

スペシャリスト 第7話 感想まとめ 病院の七不思議 は何?8話からの最終章が気になる!

2016年2月25日

2月25日放送のドラマ「スペシャリスト」第7話の感想を書いて行きたいと思います。

舞台はドラマ「無痛」の撮影でも使用されていた場所と一緒でしたね。初めは病院の七不思議という軽いノリで次々と病院の問題点を”治療”していく宅間(草なぎ剛)ですが、7つ目が噂と怪文書と食い違っているところから、徐々に事件の全貌が明らかになっていくのが面白かったですね!

それでは感想まとめ行ってみましょう!!

スポンサーリンク

あらすじ

「玄豊会病院に恐ろしいものが撒かれる」という怪文書が送られ、宅間善人(草なぎ剛)、我妻真里亜(夏菜)、野方希望(和田正人)の3人が玄豊会病院にやってくる。怪文書はすでに7通も送られているものの、“撒かれる”日時も、具体的な金銭等の要求もなく、捜査一課は総合事犯対応係(仮称)に捜査を任せた形だった。
 同じ頃、松原唯子(芦名星)と堀川耕平(平岡祐太)は、梶村隼男(黒岩司)という男性が撲殺された現場に臨場。物盗りではなく、怨恨の線も薄いことから、何らかのトラブルか事件に巻き込まれた可能性を探るが、宅間は玄豊会病院の怪文書と梶村の撲殺事件が繋がっていると言い出す。なんと梶村は、玄豊会病院の最新セキュリティシステムの開発者だったのだ!

 玄豊会病院では、事務長の山本茂文(袴田吉彦)と外科部長の高沢憲一(池田政典)が宅間たちの応対をしていた。これまで送られてきた6通の怪文書と、7通目の内容があまりに違うもので、しかも不吉な文面だったため、山本は徹底的に調べてほしいと依頼。だが高沢は「わざわざ警察の手を煩わせることでもない」と、捜査介入に難色を示す。
 宅間はこれまでの6通の怪文書はブラフで、今回こそ本当に何かが撒かれるのではないかと推測。その言葉に、高沢もしぶしぶ院内の捜査を認めるのだった。
 院内捜査を始めた宅間たちは、案内ボランティアの女性・馬場小百合(小柳友貴美)たちと出会い、そこで“玄豊会病院の七不思議”について耳にする。その内容が、6通目までの怪文書と一致したことから、宅間は看護師の鳥塚蕗子(逢沢りな)に案内役を頼み、院内の“検査”を開始。すると、七不思議に見せたさまざまな犯罪が明るみになり…!?

脚本:戸田山雅司
監督:細川光信

番組公式サイトより引用

玄豊会病院の七不思議

  • 整形外科でリハビリをすると金運が落ちる
  • 眼科には目玉の神様がいて常に見張っている
  • 産婦人科には臨月の妊婦の霊がいる
  • 泌尿器科ではトイレのヤギコさんが紙を食べる
  • 消化器内科では月末に亡くなった患者が翌月生き返る
  • 小児科では夜中にいないはずの子供が泣く
  • 玄豊会病院にはカルテのない患者がいる

これらは病院内の不正が噂として広まっていったんですね。怪文書を送ったのは看護師の鳥塚蕗子(逢沢りな)でしたが、鳥塚は不正を明らかにしようという目的だったようです。

7つ目の「玄豊会病院に恐ろしいものが撒かれる」は真犯人だった事務長の山本茂文(袴田吉彦)が送ったものでした。

スポンサーリンク

展開が早く見ていて飽きない

ドラマ「スペシャリスト」は毎回、展開が早くてあっという間に1時間が過ぎてしまいますね。序盤はコミカルなところが多くて安心して見て居られますが、犯人がほぼ絞られてきたところからラスト10分の意外な結末まで気が抜けないですよね。

我妻(夏菜)と野方(和田正人)を相棒に捜査しつつ、姉小路(南果歩)や松原(芦名星)、堀川(平岡祐太)が後半合流してきて、犯人を追い詰める!

そして犯人確保は決まって松原と堀川のコンビと、時代劇のようにいつものパターンと言えばそれまでなんですが、緩急がはっきりしているので、飽きないですよね。

さあ次回第8話からはいよいよ最終章となるようです。これまで、ほとんど明らかになっていない「我々」の存在が徐々に暴かれるのかもしれません。

宅間の元妻・美也子(紺野まひる)も久々に登場するようです。「我々」と美也子がどう関係してくるのか、少し嫌な予感がするのですが、まさか美也子が狙われる展開になるのでしょうか?

最終章、楽しみですね!

スポンサーリンク

-テレビ
-