水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

火村英生の推理 第2話 感想まとめ!窪田正孝が存在感増してきた!視聴率は?

2016年1月25日

1月24日放送のドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」第2話の感想を書いて行きたいと思います。ゲスト出演者は佐野岳さん(鎧武)と吉沢亮さん(メテオ)のライダー2人でしたね。そして今回の注目は有栖(アリス)役の窪田正孝さんが結構目立っていたことですね。

気になる視聴率は発表され次第追記しますよ!

【追記】第2話視聴率は9.9%でした!1けたになってしまいましたね。

それでは感想まとめいってみましょう!!

スポンサーリンク

窪田ファンの声は

前回はあまり存在が無く、ただの怪しい関西弁を喋る推理小説作家でしたが、今回は謎解きにも参加して犯人を追い詰めるシーンもありましたね。

主人公の斎藤工さん演じる火村英生と有栖と2人探偵役がいる必要があるのか?と感じていたんですけど、火村には何か闇の部分があるみたいな描写が割と頻繁にあり、有栖はそれを心配しているようですね。

お互い相手を「うちの○○」と第三者の前で呼んだり、同じ部屋に2人で寝たりしてちょっと他人は入り込めない世界を作っているあたり、BL的な要素で見ている視聴者も多いかもしれませんね(笑)

BL的と言えば、吉沢亮さん演じる犯人の幡多は鍋島(生瀬勝久)と火村に初めて会ったときに聞かれてもないのにそっち系の話題を提供してくれていました。確かに吉沢さんそれっぽいですもんね!?

スポンサーリンク

シャングリラ十字軍必要?

事件とは関係なく第1話から登場するシャングリラ十字軍の話題ですが、必要ない気がします。推理ものドラマとして普通に面白いので、もっと推理シーンを増やしてほしいと思いましたね。

今後のストーリーでつながって来るんでしょうけど、なんか無理やり登場させている感がハンパないですよね?1話での街宣デモの様子もそうですし、今回のシャングリラを脱退した女とそれを追いかける男なんか、過去にいざこざがあってストーカー疑惑まで出ているのに、短時間で解決して元さやに戻りましたよね。そんなサイドストーリー必要あったの?って感じがしました。

とにかく推理ものとして、とても面白いので次回も楽しみなドラマの1つですね。

スポンサーリンク

 

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ