水色のトランポリン

ドラマの感想などを中心にいろんなことを紹介してます。水色のトランポリンで検索してみて下さい。

相棒14第3話 右京新聞読むの早すぎ!感想まとめ!視聴率は?

2015年10月29日

10月28日放送の「相棒14」第3話を見ての感想を書いていきたいと思います。第2話で視聴率17.6%と高い値だったのですが、第3話は14.8%と15%を切ってしまいましたね。その内容はどうだったのか!?

それでは感想まとめいってみましょう!!

あらすじ

山中の別荘で服毒死とみられる女性の遺体が発見された。
 証拠品の返却のため、別荘の前を偶然車で通りかかった右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、さっそく現場検証に立ち会うことに。別荘の持ち主は、IT関連企業の社長・雨宮(葛山信吾)で、死亡した女性・美由紀(中島亜梨沙)と少し前まで交際していたという。右京が気になったのは、女性の手に残っていた観葉植物の葉と土、そして現場付近で見かけた“中村ケミカル工業”という会社名の入った不審な車だった。その後、美由紀が雨宮との交際について、ネットの掲示板に相談を持ち掛けていたことが判明。また、右京が現場で見かけた不審な車を運転していた中村ケミカル工業の社長・中村(近藤公園)が、親身に彼女の相談に乗っていたことが分かるのだが…!?

女性服毒死の裏に隠された意外な真実とは?
事件は二転三転の末、驚くべき結末を迎える!

番組公式サイトより引用

冒頭の右京(水谷豊)が運転するシーン、ハンドル揺らし過ぎでコント見たいでしたね(笑)

今回も冠城亘(反町隆史)の小ネタがいたるところにありましたが、反町さんのアドリブなんでしょうか?

遺体の前で十字を切っていたのでクリスチャンなんでしょうね。まさか遺体の前でふざけることはないでしょうからね。

そして、事件現場に中村(近藤公園)が現れUターンして去っていくシーンでほとんどの人が「あ、犯人わかった」と思ったんじゃないでしょうか(笑)もう少しひねってくれても…と思いましたね。

しかし、1話、2話、3話とストーリーの傾向が偏らないように脚本に気を使っているのがわかりますよね。

そして徐々に右京さんと冠城の息が合ってきているのがうれしくないですか?

ただの同居人と言いながら「花の里」に連れて行ってあげるあたりが、冠城を認めている証拠ですよね。

スポンサーリンク

右京さん新聞読むの早すぎ!!

特命係での一コマで、角田から新聞を奪い取った右京さんは一瞬のうちに1面読み終えて、何かがわかったように出て行きましたが

、あまりに早わざに笑ってしまいました。

「絶対読んでないだろ!」とテレビを見ながらツッコミ入れてたんですが、指輪をしているかどうかを写真でチェックしていただけだったんですね!

 

料亭「花の里」で右京さんが「いつもの」と幸子(鈴木杏樹)に頼み、冠城は白ワインを頼んだようです。

毎回ちょっとした対比あるのが面白いですよね。

次週第4話は1人の女性が失踪した事件の裏の巨悪を暴くストーリーのようですが、1話で完結出来るのでしょうか?次回からは複数話にまたがってのストーリーになる気がしますね。

第4話副題の「ファンタスマゴリ」の意味ですが、ウィキペディアによると「幻灯機を用いた幽霊ショー」のことらしいですよ。

ストーリーに幻灯機がどう絡むのか、何かの比喩なのか次週が気になりますね!

スポンサーリンク

 

 

-テレビ
-

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ